ガレージの設置価格はいくら?費用を抑えるポイントや注意点を解説

ガレージの設置価格はいくら?費用を抑えるポイントや注意点を解説 外回り

愛車や道具を風雨から守ってくれるガレージ。

いざガレージが欲しいと思っても「一体いくらくらいするの?」といった疑問を持つことでしょう。

この記事では、ガレージ価格の設置価格や費用を抑えるポイントや注意点を解説。

ガレージの価格は、台数によって異なります。

これからガレージの購入を考えている人は、ぜひ参考にしてください。

なお、ガレージの設置費用を抑えたい方は、火災保険の利用を検討するとよいでしょう。

火災保険の申請には、建築や保険の専門知識が必要なので、申請サポート業者への依頼をおすすめします。

ミエルモは年間5,000件という業界No.1の調査実績を持ち、平均給付額は100万円以上を誇る業界最大手の申請サポート業者です。
今すぐミエルモの公式サイトで無料調査を依頼すると、ガレージの設置に火災保険が利用できるかどうかがわかります。
ガレージの設置費用は100万円を超えることもあるので、火災保険を利用できれば費用負担を抑えられます。

受け取った給付金は自由に使えるので、ぜひ以下のボタンをタップして無料診断を受けてみましょう。

今すぐ給付金額を確認する

※賃貸・区分・保険未加入は対象外

ミエルモ バナー

ガレージの設置価格を台数別に解説

ガレージの設置価格を台数別に解説

ガレージの価格は、格納できる車の台数によって異なります。

ここでは、以下の3つに分けて解説します。

  • 1台用の既製品ガレージの設置価格
  • 2台用の既製品ガレージの設置価格
  • 3台用の既製品ガレージの設置価格

それぞれ見ていきましょう。

1台用の既製品ガレージの設置価格

車1台用のガレージを設置する場合の費用相場は、およそ90〜150万円です。

車1台用のガレージはサイズがコンパクトなので、スペースが限られた敷地にガレージを設置したい人に人気です。

価格が比較的リーズナブルなので、自分が所有している愛する車を大切に保管したい人がよく設置されています。

2台用の既製品ガレージの設置価格

車2台用のガレージを設置する場合の費用相場は、およそ150〜250万円です。

車2台用のガレージは夫婦どちらも車を所有している家庭が多いこともあり、広く普及しているサイズです。

また、ガレージは雨よけの役割も果たすので、倉庫スペースや物置と兼用して使う人もよくいます。

3台用の既製品ガレージの設置価格

3台用の既製品ガレージの設置価格

車3台用のガレージを設置する場合、およそ150〜350万円かかります。

3台用になると、横幅が7mを超えるため、広いスペースが必要です。

3台用ガレージは、郊外に住む人におすすめです。

車をたくさん所有している人や、会社や事務所で駐車スペース兼倉庫として設置する人は、3台用を選ぶ傾向にあります。

また、賃貸ガレージ等で利用する人や農機具と自動車を同時に収納する倉庫が欲しい人にもおすすめです。

ガレージの設置価格を抑える方法3選

ガレージの設置価格を抑える方法3選

ガレージはほしいものの、値段が高くて手が出ない人も多いことでしょう。

設置費用が100万円を超えることが多いため、少しでも費用を抑えたいと思う人も多いはずです。

ここでは、ガレージの設置価格を抑える以下3つのポイントを解説します。

  • 台数やオプションを減らす
  • 複数の業者から相見積もりを取得する
  • ガレージの素材を木材にする

それぞれ詳しく解説します。

①台数やオプションを減らす

1つ目のポイントは、車の台数やオプションを減らすことです。

前述の通り、車の台数が増えるほどガレージの設置価格は高くなります。

現状使っていない車は売ったり処分したりするなど、少ない収容台数で済ませられれば費用は抑えられます。

また、オプションも必要最低限のものだけ付けるようにしましょう。

ガレージを設置した後でも、オプションを付けることは可能です。

まずは最低限の装備で使ってみて、必要であればオプションを付けることがおすすめです。

②複数の業者から相見積もりを取得する

2つ目のポイントは複数の業者から相見積もりを取得することです。

相見積もりとは、複数の業者から見積もりを取り、内容を比較検討することを指します。

同じ条件でも業者によって見積もり価格に差が出るので、内容と価格のバランスをよく見ながら検討しましょう。

また、ガレージの設置に当たっては、建築確認申請が必要です。

業者によっては、ガレージ施工の手続きと一緒に確認申請も依頼できる場合があります。

ただし、確認申請の依頼には追加費用がかかります。

③ガレージの素材を木材にする

③ガレージの素材を木材にする

3つ目のポイントは、ガレージの素材を木材にすることです。

ガレージに使われる素材は、木と鉄骨、鉄筋コンクリートの3つがほとんどです。

その中でも木材は、設置価格を安く抑えることができます。

また、木材は加工がしやすいので、DIYでカスタマイズしたい人にもおすすめです。

しかし、木材は湿気や乾燥の影響を受けやすいため、定期的なメンテナンスが必要な点がデメリットです。

メンテナンスの手間はかかりますが、価格を抑えることを重視したいのであれば木材を選ぶと良いでしょう。

ガレージの設置費用を抑えたいなら「ミエルモ」に相談しよう

ガレージの設置に火災保険を利用できる可能性も

ガレージの設置費用を抑えたいなら、火災保険を活用するとよいでしょう。

火災保険を最大限に活用したい方は、申請サポート業者を利用しましょう。

申請サポート業者に相談すると、家の損傷箇所が火災保険の申請対象となるか、専門家が調査してくれます。

受け取った給付金は自由に使えるので、ガラスブロックの設置費用に充てることも可能です。

数ある業者の中でも、特におすすめなのが「ミエルモです。

ミエルモは年間5,000件という業界No.1の調査実績を持ち、平均給付額は100万円以上を誇る業界最大手の申請サポート業者です。
手数料も他社と比べて控えめで、対応が丁寧だったなどの良い口コミも多数寄せられています。
また、細部にわたるまでチェックできるスキルを持った調査員が在籍しており、ドローンを使用した調査は行いません。
調査と顧客対応を分業しているため、問い合わせから1営業日以内に連絡するというスピード感のある対応が可能です。

安心して利用できるので、ぜひ以下のボタンをタップして無料診断を受けてみましょう。

今すぐ給付金額を確認する

※賃貸・区分・保険未加入は対象外

ミエルモ バナー

ガレージの価格を左右するポイント3選

ガレージの価格を左右するポイント3選

ここでは、ガレージの価格を左右するポイントを解説します。

何が価格に影響を与えるかを理解することで、予算に合ったガレージを見つけやすくなります。

ガレージの価格を左右するポイントは、以下の3つです。

  • ガレージ工事の工程数
  • ガレージの種類や台数
  • ガレージに設置するオプションの有無

それぞれ詳しく解説します。

1.ガレージ工事の工程数

1つ目のポイントはガレージ工事の工程数です。

ガレージは設置工事が複雑なため、それに伴い工程数も多く施工費用も高くなります。

また、電動シャッターや整備機器用の電源確保などガレージ内で電力を使う場合は電気工事が必要です。

電気工事をする場合は、その分費用が高くなるので注意しましょう。

さらに、ガレージの設置工事は約4週間かかります。

この4週間の間、車を停めるための賃貸駐車場を確保しなければならないため、この分の費用も必要です。

2.ガレージの種類や台数

ガレージには独立式ガレージビルトインガレージの2種類があります。

独立式ガレージとは、住宅とは別に建てるガレージのことです。

比較的設置価格が安く、建設時期に左右されずに建てられることが特徴です。

一方、ビルトインガレージとは住宅と一体となったガレージを指します。

住宅の1階部分に駐車スペースを作るので、たとえ敷地が狭くてもガレージを設置できます。

ビルトインガレージは、住宅の中からそのまま行けることが特徴です。

ビルトインガレージには多種多様な選択肢があり、ある程度の自由度があるので、工夫次第で安く建てることも可能です。

ガレージの台数も価格を左右します。

ガレージは車を入れたい台数が多いほど、ガレージも大きなものを用意する必要があるため、価格も高くなります。

③ガレージに設置するオプションの有無

③ガレージに設置するオプションの有無

3つ目のポイントはガレージに設置するオプションを付けるかどうかです。

オプションは多いほど価格も高くなるので、求める機能と予算のバランスを見ることが重要です。

オプションには電動シャッターや換気扇などさまざまありますが、オプションの種類によっても価格が大幅に変わります。

ガレージ施工業者を選ぶ3つのポイント

ガレージ施工業者を選ぶ3つのポイント

ガレージの施工業者は、必ずしも優良な業者ばかりとは限りません。

業者との相性もあるでしょう。後悔しないためには、施工業者選びが重要です。

ガレージ施工業者を選ぶポイントは、以下の3つです。

  • 成功実績や得意分野をチェックする
  • 建設業許可登録業者か確認する
  • 施工後の保証やアフターフォローの有無を確認する

それぞれ詳しく解説します。

①施工実績や得意分野をチェックする

まずは、施工実績や得意分野をチェックしましょう。

今までにどのくらいのガレージを作ってきたのかがわかれば、多くの依頼がある優良な業者であると判断できます。

できる限り安心して依頼をするためには、実績豊富な施工業者を選びましょう。

また、自分が設置したいガレージの施工を業者が得意としているかも重要です。

業者によって、どのような施工を得意としているかは異なるものです。

満足のいく出来にするためには、自分が設置したいガレージの施工を得意としているところに依頼することがベストでしょう。

②建設業許可登録業者か確認する

2つ目のポイントは、建設業許可登録業者か確認することです。

建設業許可登録業者とは、一定以上の規模の建築工事や土木工事を行うときに必要となる、都道府県知事の許可のことです。

会社がこの資格を取るためには、専門の有資格者の在籍や経営に関する資料を提出する必要があります。

ガレージの施工自体は建設業許可登録業者の資格は必要ないですが、会社の技術力や信頼性を判断するひとつの基準になります。

③施工後の保証やアフターフォローの有無を確認

③施工後の保証やアフターフォローの有無を確認

施工後の保証やアフターフォローがあるかどうかを確認しましょう。

万が一施工後に不具合が見つかったとき、無償で修理をしてくれたり、問い合わせに対応してくれたりすると安心です。

保証やアフターフォローがない場合、不具合が見つかっても自分で修理しなければならないケースがあります。

保証やアフターフォローの有無は、業者を選ぶ際の重要なポイントの一つです。

安いのはどこ?メーカー別のガレージ(車庫)の値段・価格相場

2.安いのはどこ?メーカー別のガレージ(車庫)の値段・価格相場

ガレージ価格のポイントがわかったところで、ここからは実際に売られているガレージの価格を見ていきましょう

ガレージでは主要大手とされている、以下の3社ごとに価格を紹介します。

1.イナバ
2.ヨドコウ
3.タクボ

台数別でも価格をまとめていますので、参考にしてみてください。

(1)イナバ

(1)イナバ

最初に紹介するのはイナバです。

「100人乗っても大丈夫」のフレーズが有名ですよね。

イナバの代表的なガレージはアルシア。

シンプルかつ上質なデザインが特徴のデザイナーズガレージです。

そんなイナバのガレージ価格の相場は、以下をご覧ください。

イナバのガレージ価格相場(税込)
1台 約35万円〜45万円
2台 約70万円〜約110万円
3台 約200万円前後

※「価格.com」「ガレージ通販.jp」「楽天市場」記載の価格を参考

(2)ヨドコウ

(2)ヨドコウ

次に紹介するのはヨドコウ

ヨド物置とも表記されるガレージ主要大手の1社です。

ヨドコウが出している「ラヴィージュⅢ」の特徴はその丈夫さ。

通常の鋼板に比べ、3〜6倍もの耐久性を持つガルバリウム鋼板が使われています。

それでは、ヨドコウのガレージ価格はいくらくらいなのでしょうか。

以下の表に、台数別のガレージ価格をまとめました。

ヨドコウのガレージ価格相場(税込)
1台 約30万円〜40万円
2台 約70万円〜約90万円
3台 約110万円前後

※「価格.com」「ガレージ通販.jp」「楽天市場」記載の価格を参考

(3)タクボ

(3)タクボ

最後に紹介するのはタクボ

タクボの代表的なガレージは、シャッターがオーバースライド式になっているベルフォーマです。

開閉時の操作が軽いだけでなく、静かなところも魅力のガレージです。

また、強風や積雪にも耐える頑丈な柱構造を備えています。

そのベルフォーマを代表とする、タクボのガレージ価格を見てみましょう。

タクボのガレージ価格相場(税込)
1台 約35万円〜45万円
2台 約55万円〜約80万円
3台 約105万円〜135万円

※「価格.com」「ガレージ通販.jp」「キロ」記載の価格を参考

ここまで、主要3社のガレージ価格を紹介しました。

3社ともデザインや機能、価格に違いがあるので、気になるガレージがあったら通販サイトなどで無料見積りを依頼してみましょう。

見積もりを取れば、ガレージの具体的な価格と併せて施工費用も把握できますね。

「欲しいガレージが決まったら、後は購入するだけ!」と思いきや、実はガレージを設置するにはやらなければいけないことがあります。

ガレージのDIYは難易度が高い

ガレージのDIYは難易度が高い

「業者に依頼する費用がもったいない」

「ガレージを設置するだけなら自分でもできそう」

このように考えている人も、いるのではないでしょうか。

結論から言うと、ガレージをDIYで設置することはできます。

ただし、難易度が高いのでおすすめはできません。ガレージの設置には、専門的な作業が必要です。

ガレージの組み立てだけなら、まだ素人でもできるかもしれません。

しかし、ガレージを設置するには組み立てに加えて、基礎工事や土間工事も行う必要があります。

そのため、元々そうした工事に知見がある人やよほどDIYが好きな人でないなら、施工は専門業者に任せるのが一番です。

ガレージとカーポートの違い

ガレージとカーポートの違い

ガレージは、屋根と3方向以上の壁がある、車を囲める駐車スペースです。

ガレージはカーポートよりも広い設置スペースが必要です。

基礎工事から行う必要があるため、カーポートよりも工期が長く費用も高額な傾向にあります。

一方、カーポートは屋根と柱で構成された駐車スペースです。

カーポートは柱と屋根だけなので、設置スペースが広く取れなくても問題ないケースが多いです。

オープンな作りなので、車の出入りも簡単にできます。

ガレージとカーポートの大きな違いは価格です。

設置工事の仕方や使用する材料も違うため、設置費用にも大きな差があります。

車1台用の本体の費用は、ガレージは既製品で約90〜150万円が目安です。

一方、カーポートの低価格のもので10万円以上、デザインが凝ったものでも30万円程度です。

ガレージ(車庫)価格はどうやって決まる?覚えておきたい3つのポイント

1.ガレージ(車庫)価格はどうやって決まる?覚えておきたい3つのポイント

まずはガレージ(車庫)の価格が、どのように決まっているのかを見ていきましょう。

価格が決まるポイントを知ることで、あなたの望むガレージがいくらになるのかがわかりますよ。

ガレージ価格が決まるポイントは以下の3つです。

1.車を2台・3台と増やすと価格が高くなる
2.ガレージとカーポートの2種類から選ぶ
3.建て方によって設置費用・施工費が変わる

その理由について、それぞれ見ていきましょう。

ポイント1.車を2台・3台と増やすと価格が高くなる

1つ目のポイントは、ガレージに入れたい車の台数です。

ガレージは、サイズが大きくなるほどに価格も高くなります。

つまり、車を入れたい台数が多いほど、ガレージも大きなものを用意する必要があるため、価格も高くなるわけです。

1台よりも2台、2台よりも3台といった具合で、ガレージ価格は上がっていきます。

とはいえ、多くの家庭では1台しか所有していないことも多いでしょう。

ただ、車好きの人の中には、ガレージを作って2台・3台と収めたいと考えている人もいるはず。

その場合は、台数分だけガレージ価格も高くなることを覚えておきましょう。

ポイント2.ガレージとカーポートの2種類から選ぶ

車庫にはガレージとカーポートの2種類があり、それぞれ特徴や費用に違いがあります。

具体的にどのような違いがあるのかを比較するため、特徴を以下の表にまとめました。

費用はかかりますが、防犯性が高く愛車をしっかり守れるのがガレージ。

防犯性はありませんが、その分費用を抑えられるのがカーポートです。

ガレージ カーポート
特徴 ・屋根と壁で囲われている車庫
・シャッターがあるタイプなら完全に全面を閉めることが可能
・屋根と支柱のみの車庫
・壁などで囲われていない
メリット ・シャッターを閉じれば建物内に囲えるため防犯性が高い
・風雨や雪といった天候の悪影響からも守れる
・壁に囲われていないため洗濯など他の用途にも利用できる
・ガレージよりも価格が安い
デメリット ・壁に囲われるため設置場所によっては光を入れられない
・カーポートよりも価格が高く施工費も高くなる
・外から丸見えなため防犯性は低い
ガレージ本体の費用感 約40万円〜100万円 約15万円〜約40万円

ガレージ通販.jpの価格を参考

どちらにもポジティブな面とネガティブな面があります。

ですので、自分の希望や予算と照らし合わせて、どちらを選ぶか決めましょう。

ポイント3.建て方によって設置費用・施工費が変わる

ガレージの価格は、本体だけではありません。

購入したガレージを設置したり、もしくは一から建築したりする費用も発生します。

そのため、ガレージの建て方によって施工・建築費用が変わるわけです。

たとえば、購入したガレージを家の空いているスペースに設置するのか、オーダーメイドで新たに建築するのか

もしくは、家自体をビルトインガレージにリフォームするといった方法も考えられます。

ちなみに、ビルトインガレージとは家自体にガレージを組み込むこと。

なので、リフォームしてビルトインガレージにするなら、家全体に影響が出るでしょう。

各施工費用の目安は以下の通りです。

  • 購入したガレージの設置:約40万円〜90万円(税込)
  • 新たに建築:70万円〜300万円(税込)
  • ビルトインガレージにリフォーム:150万円〜400万円(税込)

このように、ガレージの建て方によって施工費用は大きく変わります。

とはいえ、上記の金額はあくまでも目安でしかありません。

購入もしくは建てたいガレージや依頼する業者によって、費用は異なるでしょう。

自分の理想とするガレージがどのようなものか考えた上で、業者に見積りを依頼してみてください。

ガレージのFAQ

ガレージのFAQ

確認申請をしないとどうなる?

建築基準法第6条の違反になり、罰則が適用される可能性があります。確認申請は忘れずに行いましょう。

バイクガレージの費用相場は?

本体は20万円~です。その他、設置工事の内容により追加費用が掛かります。

まとめ:火災保険を利用してガレージをお得に設置しよう

まとめ:火災保険を利用してガレージをお得に設置しよう

ガレージの設置価格や費用を抑えるポイント・注意点を解説しました。

ガレージの価格は車の台数や種類、オプションの有無によって変わります。

なお、ガレージの設置費用を抑えたい方は、火災保険の利用を検討するとよいでしょう。

外壁や屋根など家屋の小さな傷でも、傷がついた原因によっては火災保険が適用される可能性があります。

火災保険の申請には、建築や保険の専門知識が必要なので、申請サポート業者への依頼をおすすめします。

ミエルモは年間5,000件という業界No.1の調査実績を持ち、平均給付額は100万円以上を誇る業界最大手の申請サポート業者です。

手数料も他社と比べて控えめで、対応が丁寧だったなどの良い口コミも多数寄せられています。

また、細部にわたるまでチェックできるスキルを持った調査員が在籍しており、ドローンを使用した調査は行いません。

調査と顧客対応を分業しているため、問い合わせから1営業日以内に連絡するというスピード感のある対応が可能です。

受け取った給付金は自由に使えます。

受け取った給付金は自由に使えるので、ぜひ以下のボタンをタップして無料診断を受けてみましょう。

今すぐ給付金額を確認する

※賃貸・区分・保険未加入は対象外

ミエルモ バナー

監修者情報

松岡諭司

松岡諭司

保有資格

宅地建物取引士/公認 不動産コンサルティングマスター

家業の不動産屋にて大規模不動産仲介に従事。その後、売上5,000億円規模の一部上場企業にて、25年以上不動産関連業務に携わり続けてきた。リフォームにも詳しい専門家。

コメント

タイトルとURLをコピーしました