ガレージの価格を解説!見積価格はどうやって決まるの?施工例も紹介【2021年最新版】

ガレージっていくらなの?業者別の価格や施工例を紹介 外回り

ガレージや車庫の価格について、お調べですね。

車好きの人なら、一度は家に専用のガレージが欲しいと思ったことがあるのではないでしょうか。

しかし、いざガレージが欲しいと思っても、一体いくらくらいするのか検討もつかないですよね。

そんな人に向けて、この記事はガレージ価格のポイントやメーカー別に見た価格相場を紹介。

自分が望むガレージは、いくら費用が掛かるのかがわかりますよ。

  • 家にガレージを作りたい
  • ガレージ本体の価格が知りたい
  • ガレージを建てるための目標金額を設定したい

こんな風に思っている人は、ぜひこの記事をご覧になってください。

なお、ガレージの設置費用を抑えたい方は、火災保険の利用を検討するとよいでしょう。

外壁や屋根など家屋の小さな傷でも、傷がついた原因によっては火災保険が適用される可能性があります。

火災保険の申請には、建築や保険の専門知識が必要なので、申請サポート業者への依頼をおすすめします。

ミエルモは年間5,000件という業界No.1の調査実績を持ち、平均給付額は100万円以上を誇る業界最大手の申請サポート業者です。
手数料も他社と比べて控えめで、対応が丁寧だったなどの良い口コミも多数寄せられています。
また、細部にわたるまでチェックできるスキルを持った調査員が在籍しており、ドローンを使用した調査は行いません。
調査と顧客対応を分業しているため、問い合わせから1営業日以内に連絡するというスピード感のある対応が可能です。

受け取った給付金は自由に使えるので、ぜひ以下のボタンをタップして無料診断を受けてみましょう。

今すぐ給付金額を確認する

※賃貸・区分・保険未加入は対象外

ミエルモ バナー

1.ガレージ(車庫)価格はどうやって決まる?覚えておきたい3つのポイント

1.ガレージ(車庫)価格はどうやって決まる?覚えておきたい3つのポイント

まずはガレージ(車庫)の価格が、どのように決まっているのかを見ていきましょう。

価格が決まるポイントを知ることで、あなたの望むガレージがいくらになるのかがわかりますよ。

ガレージ価格が決まるポイントは以下の3つです。

1.車を2台・3台と増やすと価格が高くなる
2.ガレージとカーポートの2種類から選ぶ
3.建て方によって設置費用・施工費が変わる

その理由について、それぞれ見ていきましょう。

ポイント1.車を2台・3台と増やすと価格が高くなる

1つ目のポイントは、ガレージに入れたい車の台数です。

ガレージは、サイズが大きくなるほどに価格も高くなります。

つまり、車を入れたい台数が多いほど、ガレージも大きなものを用意する必要があるため、価格も高くなるわけです。

1台よりも2台、2台よりも3台といった具合で、ガレージ価格は上がっていきます。

とはいえ、多くの家庭では1台しか所有していないことも多いでしょう。

ただ、車好きの人の中には、ガレージを作って2台・3台と収めたいと考えている人もいるはず。

その場合は、台数分だけガレージ価格も高くなることを覚えておきましょう。

ポイント2.ガレージとカーポートの2種類から選ぶ

車庫にはガレージとカーポートの2種類があり、それぞれ特徴や費用に違いがあります。

具体的にどのような違いがあるのかを比較するため、特徴を以下の表にまとめました。

費用はかかりますが、防犯性が高く愛車をしっかり守れるのがガレージ。

防犯性はありませんが、その分費用を抑えられるのがカーポートです。

ガレージ カーポート
特徴 ・屋根と壁で囲われている車庫
・シャッターがあるタイプなら完全に全面を閉めることが可能
・屋根と支柱のみの車庫
・壁などで囲われていない
メリット ・シャッターを閉じれば建物内に囲えるため防犯性が高い
・風雨や雪といった天候の悪影響からも守れる
・壁に囲われていないため洗濯など他の用途にも利用できる
・ガレージよりも価格が安い
デメリット ・壁に囲われるため設置場所によっては光を入れられない
・カーポートよりも価格が高く施工費も高くなる
・外から丸見えなため防犯性は低い
ガレージ本体の費用感 約40万円〜100万円 約15万円〜約40万円

ガレージ通販.jpの価格を参考

どちらにもポジティブな面とネガティブな面があります。

ですので、自分の希望や予算と照らし合わせて、どちらを選ぶか決めましょう。

ポイント3.建て方によって設置費用・施工費が変わる

ガレージの価格は、本体だけではありません。

購入したガレージを設置したり、もしくは一から建築したりする費用も発生します。

そのため、ガレージの建て方によって施工・建築費用が変わるわけです。

たとえば、購入したガレージを家の空いているスペースに設置するのか、オーダーメイドで新たに建築するのか

もしくは、家自体をビルトインガレージにリフォームするといった方法も考えられます。

ちなみに、ビルトインガレージとは家自体にガレージを組み込むこと。

なので、リフォームしてビルトインガレージにするなら、家全体に影響が出るでしょう。

各施工費用の目安は以下の通りです。

  • 購入したガレージの設置:約40万円〜90万円(税込)
  • 新たに建築:70万円〜300万円(税込)
  • ビルトインガレージにリフォーム:150万円〜400万円(税込)

このように、ガレージの建て方によって施工費用は大きく変わります。

とはいえ、上記の金額はあくまでも目安でしかありません。

購入もしくは建てたいガレージや依頼する業者によって、費用は異なるでしょう。

自分の理想とするガレージがどのようなものか考えた上で、業者に見積りを依頼してみてください。

ガレージの設置費用を抑えたいなら「ミエルモ」に相談しよう

ガレージの設置に火災保険を利用できる可能性も

ガレージの設置費用を抑えたいなら、火災保険を活用するとよいでしょう。

火災保険を最大限に活用したい方は、申請サポート業者を利用しましょう。

申請サポート業者に相談すると、家の損傷箇所が火災保険の申請対象となるか、専門家が調査してくれます。

受け取った給付金は自由に使えるので、ガラスブロックの設置費用に充てることも可能です。

数ある業者の中でも、特におすすめなのが「ミエルモです。

ミエルモは年間5,000件という業界No.1の調査実績を持ち、平均給付額は100万円以上を誇る業界最大手の申請サポート業者です。
手数料も他社と比べて控えめで、対応が丁寧だったなどの良い口コミも多数寄せられています。
また、細部にわたるまでチェックできるスキルを持った調査員が在籍しており、ドローンを使用した調査は行いません。
調査と顧客対応を分業しているため、問い合わせから1営業日以内に連絡するというスピード感のある対応が可能です。

安心して利用できるので、ぜひ以下のボタンをタップして無料診断を受けてみましょう。

今すぐ給付金額を確認する

※賃貸・区分・保険未加入は対象外

ミエルモ バナー

2.安いのはどこ?メーカー別のガレージ(車庫)の値段・価格相場

2.安いのはどこ?メーカー別のガレージ(車庫)の値段・価格相場

ガレージ価格のポイントがわかったところで、ここからは実際に売られているガレージの価格を見ていきましょう

ガレージでは主要大手とされている、以下の3社ごとに価格を紹介します。

1.イナバ
2.ヨドコウ
3.タクボ

台数別でも価格をまとめていますので、参考にしてみてください。

(1)イナバ

(1)イナバ

最初に紹介するのはイナバです。

「100人乗っても大丈夫」のフレーズが有名ですよね。

イナバの代表的なガレージはアルシア。

シンプルかつ上質なデザインが特徴のデザイナーズガレージです。

そんなイナバのガレージ価格の相場は、以下をご覧ください。

イナバのガレージ価格相場(税込)
1台 約35万円〜45万円
2台 約70万円〜約110万円
3台 約200万円前後

※「価格.com」「ガレージ通販.jp」「楽天市場」記載の価格を参考

(2)ヨドコウ

(2)ヨドコウ

次に紹介するのはヨドコウ

ヨド物置とも表記されるガレージ主要大手の1社です。

ヨドコウが出している「ラヴィージュⅢ」の特徴はその丈夫さ。

通常の鋼板に比べ、3〜6倍もの耐久性を持つガルバリウム鋼板が使われています。

それでは、ヨドコウのガレージ価格はいくらくらいなのでしょうか。

以下の表に、台数別のガレージ価格をまとめました。

ヨドコウのガレージ価格相場(税込)
1台 約30万円〜40万円
2台 約70万円〜約90万円
3台 約110万円前後

※「価格.com」「ガレージ通販.jp」「楽天市場」記載の価格を参考

(3)タクボ

(3)タクボ

最後に紹介するのはタクボ

タクボの代表的なガレージは、シャッターがオーバースライド式になっているベルフォーマです。

開閉時の操作が軽いだけでなく、静かなところも魅力のガレージです。

また、強風や積雪にも耐える頑丈な柱構造を備えています。

そのベルフォーマを代表とする、タクボのガレージ価格を見てみましょう。

タクボのガレージ価格相場(税込)
1台 約35万円〜45万円
2台 約55万円〜約80万円
3台 約105万円〜135万円

※「価格.com」「ガレージ通販.jp」「キロ」記載の価格を参考

ここまで、主要3社のガレージ価格を紹介しました。

3社ともデザインや機能、価格に違いがあるので、気になるガレージがあったら通販サイトなどで無料見積りを依頼してみましょう。

見積もりを取れば、ガレージの具体的な価格と併せて施工費用も把握できますね。

「欲しいガレージが決まったら、後は購入するだけ!」と思いきや、実はガレージを設置するにはやらなければいけないことがあります。

3.要注意!ガレージ(車庫)を建てるには建築確認申請が必要

3.要注意!ガレージ(車庫)を建てるには建築確認申請が必要

ここまでのお話で、自分が欲しいガレージのおおよその金額がわかったかと思います。

すでに必要な金額を持っている人は、後は購入して設置してもらうだけと思うかもしれません。

しかし、ガレージの設置にあたっては、建築確認申請という手続きを行う必要があります。

建築確認申請とは、建築物を設置したり、建築したりするために必要な確認手続きのこと。

設置・建築予定の構築物や設置場所の地盤が、建築基準法に適合しているかを確認するための申請です。

マイホームを建てられた人などは経験があるかもしれませんが、ガレージの設置にもこの建築確認申請が必要となります。

申請先はガレージ設置場所の市区町村です。

各市区町村のホームページに建築確認申請の記載があるので、まずはそちらを確認してみましょう。

また、業者によってはガレージの施工と一緒に、建築確認申請も頼める場合があります。

その分、追加費用は発生しますが、自分で手続きするのが面倒な人はおすすめです。

いずにれしても、ガレージを設置する上で建築確認申請は必ず必要なので、忘れないように手続きしましょう。

ところで、ここまでガレージの設置は業者にお願いする前提でお話してきました。

ですが、自分で設置することはできないのでしょうか?

4.DIYはおすすめしない!ガレージ(車庫)の施工は業者に依頼するのが一番

4.DIYはおすすめしない!ガレージ(車庫)の施工は業者に依頼するのが一番

「業者に依頼するのがもったいない!」

「ガレージを設置するだけなら自分でやりたい」

このように考えている人もいるのではないでしょうか。

結論から言うと、ガレージをDIYで自ら設置するのはおすすめしません。

なぜなら、ガレージの設置には基礎工事などの専門的な作業が必要だからです。

ガレージの組立だけなら、まだ素人でもできるかもしれません。

しかし、ガレージを設置するには組立に加えて、基礎工事や土間工事もおこなう必要があります。

そのため、元々そうした工事に知見がある人やよほどDIYが好きな人でないなら、施工は専門業者に任せるのが一番です。

何かを作りたいと思う気持ちや労力は、ガレージ内の改装に取っておきましょう。

ただ、DIYまでは行かずとも、人とは違うおしゃれなガレージを作りたいという方もいますよね。

そんな人に向けて、次はガレージの施工例を写真付きで紹介します。

5.画像付き|おしゃれなガレージ(車庫)3選!施工例を紹介

5.画像付き|おしゃれなガレージ(車庫)3選!施工例を紹介

「自分で作るまではいかないけど、既製品は嫌だ」と考えている人もいるでしょう。

とはいえ、新たに建築するにしても、どんなガレージが良いかイメージが浮かばないなんてことも。

ここでは、写真付きでおしゃれなガレージを3つ紹介します。

1.シンプルなモダンタイプ
2.温かみを感じる木造タイプ
3.無骨で格好良いアメリカンタイプ

他の人とは違うおしゃれなガレージを作りたい人は、ヒントを得られるかもしれませんよ。

施工例1.シンプルなモダンタイプ

施工例1.シンプルなモダンタイプ

出典:ガーデンプラット

1つ目は、シンプルでモダンなタイプのガレージ。

家の外壁と合わせ、白を基調とした仕上がりになっています。

上品かつ高級感のあるガレージになっていますよね。

写真のように家との調和を考えてガレージを建てると、よりおしゃれな外観になるでしょう。

施工例2.温かみを感じる木造タイプ

施工例2.温かみを感じる木造タイプ

出典:IMGPOST

2つ目に紹介するのは木造タイプのガレージ。

木ならではの暖かみのある見た目が特徴的です。

ガレージと言えば、鋼板などを用いた無機質な姿をイメージする人も多いはず。

だからこそ、木造のガレージは他の人にはない独自性を出せるのではないでしょうか。

施工例3.無骨で格好良いアメリカンタイプ

施工例3.無骨で格好良いアメリカンタイプ

出典:ガーデンプラット

3つ目に紹介するのは、アメリカンタイプのガレージです。

アメリカンならではの無骨な外観が、力強さと格好良さを感じさせますね。

このような大型のガレージであれば、SUVなどのサイズの大きい車を悠々と収められるでしょう。

また、敷地スペースに余裕があるなら、写真のように木などの緑を加えることで、ガレージの良いアクセントになりますよ。

以上3つの施工例を紹介しました。

紹介した以外にも、多くの人がガレージの施工例をSNSやインターネットであげています。

ぜひそうした写真や施工例をもとに、あなたならではのガレージを作ってみてくださいね。

ここまでのお話を踏まえて、最後にガレージを購入する上での参考情報をお話します。

6.【参考】ガレージ(車庫)の購入で失敗しないためには

6.【参考】ガレージ(車庫)の購入で失敗しないためには

ここまで読んだくださったあなたは、すでにガレージを購入する準備が整っていることでしょう。

最後に、ガレージの購入で失敗しないための参考情報をお話します。

  1. 機能性・耐久性を求めるなら種類を考える
  2. シャッター付きは価格が高い傾向がある
  3. ガレージ(車庫)の寸法をみて購入する
  4. 不安なら見積もりをもらう

買った後に後悔しないよう、ここで紹介するお話をぜひ覚えておいてください。

(1)機能性・耐久性を求めるなら種類を考える

もしあなたがガレージに機能性や耐久性を求めるなら、カスケードガレージを検討してみてください。

カスケードガレージとは、北海道などの雪国で生まれた頑丈設計のこと。

雪国のような過酷な環境に耐えるため、生まれた板金施工技術です。

カスケードガレージであれば積雪への耐久性はもちろん、軒先の凍結防止、雪・氷の巻き込みがないといったメリットがあります。

自分の住む地域が天候などの影響を受けやすいなら、カスケードガレージでしっかり愛車を守ることができるでしょう。

カスケードガレージの価格

ちなみに、カスケードガレージの価格は1台タイプで、おおよそ約60万円〜約90万円(税込)となっています。
組立工事まで含めると、約75万円〜105万円(税込)ほどです。

紹介した主要メーカーの1台ガレージと比べると、高めの価格設定となっていますね。

それだけ他のガレージよりも、設計や開発にお金が掛かっているとも言えるでしょう。

なので、機能性・耐久性を追求したい人は、カスケードガレージを検討してみてください。

(2)シャッター付きは価格が高い傾向がある

ガレージと言えば、シャッター付きのものを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

ですが、ガレージは決してシャッター付きのものばかりではありませんよ。

シャッター無しのガレージも多くあります。

ガレージ価格はシャッターの有無によっても変動します。

言わずもがなシャッターが付くと、それだけガレージの価格も高くなる傾向に。

シャッター自体の価格は、手動タイプなら約10万円(税込)ほど。

電動タイプの場合は、約40万円(税込)を超えるものもあります。

もちろんシャッター無しにしたからといって、上にあげた金額がそのまま減るわけではありません。

ただ、シャッター無しガレージのほうが、シャッター有りのタイプより安くなるのは間違いないでしょう。

車庫は欲しいけど費用を抑えたい人は、シャッター無しのガレージかいっそのことカーポートを選択するのも1つの手です。

(3)ガレージ(車庫)の寸法をみて購入する

ガレージを購入する際は、必ずガレージの寸法を確認しましょう。

寸法を確認することには、2つの意味があります。

  1. 敷地スペースに置けるか
  2. 車を入れられるか

自分の家や敷地の空いているところに、ガレージを置けるかをまず確認しましょう。

そもそも空いているスペースに置けないのであれば、買う買わない以前の問題です。

また、敷地スペースに収まるとしても、自分の持っている車が入らなければ意味がありません。

ガレージの寸法については、各ガレージの商品ページに記載されているので、必ず購入前に確認してください。

新たに建築するなら、施工業者と相談の上で進めるようにしましょう。

(4)不安なら見積もりをもらう

ガレージ価格がいくらになるのか不安なら、見積もりをもらいましょう。

ここまでのお話で、自分が欲しいガレージの費用感はイメージできているかと思います。

とはいえ、もっと詳しい金額が知りたかったり、イメージでは不安だったりする人もいますよね。

そうした場合は、施工業者やガレージの販売会社に見積もりを依頼してください。

必要な工事費用なども含めて、詳細な金額を教えてくれるはずです。

万一、想定よりも金額が高くて、すぐにガレージを買えなかったとしても慌てることはありません。

その金額を目標として、貯蓄していけば良いだけですから。

ガレージは安い買い物ではありません。

慌てて買うのではなく、自分が望むガレージを計画的に購入しましょう。

まとめ:価格相場を把握して理想のガレージを設置しよう

まとめ:価格相場を把握して理想のガレージを設置しよう

ここまで、ガレージの価格についてお話してきました。

ガレージは既製品で購入する場合や新たに建築するパターン、はたまた家をリフォームしてビルトインガレージにする形もあります。

どのようなガレージが欲しいかによって、ガレージ設置にかかる全体の費用感も変わってくるでしょう。

ですので、まずは自分が理想とするガレージを考えてみてください。

それさえ決まれば、後は既製品から選ぶのか、新たに建築してもらうのかを選択するだけです。

繰り返しになりますが、ガレージは安い買い物ではないですし、買い急ぐ必要もありません。

じっくり検討して、あなたにとって納得いくガレージを購入しましょう。

満足できる素敵なガレージを購入して、楽しいガレージライフを送ってくださいね。

なお、ガレージの設置費用を抑えたい方は、火災保険の利用を検討するとよいでしょう。

外壁や屋根など家屋の小さな傷でも、傷がついた原因によっては火災保険が適用される可能性があります。

火災保険の申請には、建築や保険の専門知識が必要なので、申請サポート業者への依頼をおすすめします。

ミエルモは年間5,000件という業界No.1の調査実績を持ち、平均給付額は100万円以上を誇る業界最大手の申請サポート業者です。
手数料も他社と比べて控えめで、対応が丁寧だったなどの良い口コミも多数寄せられています。
また、細部にわたるまでチェックできるスキルを持った調査員が在籍しており、ドローンを使用した調査は行いません。
調査と顧客対応を分業しているため、問い合わせから1営業日以内に連絡するというスピード感のある対応が可能です。

受け取った給付金は自由に使えるので、ぜひ以下のボタンをタップして無料診断を受けてみましょう。

今すぐ給付金額を確認する

※賃貸・区分・保険未加入は対象外

ミエルモ バナー

コメント

タイトルとURLをコピーしました