駐車場をコンクリートする費用は?工事期間や安くする方法、見積りの注意点も解説

駐車場をコンクリートする費用は?工事期間や安くする方法、見積りの注意点も解説 外回り

「駐車場をコンクリートにする費用相場はいくら?」

「コンクリート舗装の工事期間はどのくらい?」

などの思いを持って、駐車場のコンクリート舗装を検討している人もいることでしょう。

この記事では、駐車場をコンクリートで舗装する際の費用や工事期間を徹底解説。

費用を安くする方法や見積りの注意も掲載しているので、ぜひ最後まで読んで、駐車場をリフォームする際の参考にしてください。

なお、駐車場をコンクリート舗装する際に、火災保険を使える可能性があります。

火災保険の適用条件や申請についての悩みがあれば、申請サポート業者のリペマ」に相談しましょう。

リペマは年間数千件の相談実績を誇っており、安心して利用できます。

完全成功報酬なので、調査で被害が見つからなかったり、給付金が受け取れなかったりした場合でも費用はかかりません。

信頼のおける調査会社の調査により、100万円以上の給付金事例も多数あり、費用も完全成果報酬型で安心です。詳細な条件面についても気軽に相談できます。

弁護士と提携していてトラブルへの対応もサポートしてくれるので、以下のボタンをタップしてぜひ無料診断を受けてみましょう。

今すぐ給付金額を確認する

リペマ 火災保険申請サポート

駐車場をコンクリート舗装する費用は?

駐車場をコンクリート舗装する費用は?

一般的に庭などをコンクリートで舗装する場合の目安は1㎡あたり1万円前後と言われています。

車1台分のスペースを15㎡とすると、1台分の駐車場をコンクリートで作る時にかかる費用は約15万円です。

実際にかかる費用は業者や、地域によって変わるので、あくまで目安として知っておきましょう

2台分、3台分となれば、当然費用も大きくなります。

コンクリートよりも安いアスファルトも、選択肢の1つとして挙げられるでしょう。

駐車場をコンクリート舗装する工事期間は?

駐車場をコンクリート舗装する工事期間は?

キレイなコンクリート舗装をするには時間がかかります。

施工そのものではなく、流し込んだコンクリートが固まるまでに時間を要するからです。

一般的に、歩けるようになるまで、車が通れるようになるまでの期間が3~10日ほどと言われています。

雨などで固まるのが遅れて、1か月近くかかることもあり、早く固まりすぎてもヒビ割れの原因になるので、保護が必要になります。

あまり固まるのが遅いと、その間の駐車場代などもかかるので予算にも影響します。

コンクリート舗装とアスファルト舗装の違いとは?

コンクリート舗装とアスファルト舗装の違いとは?

コンクリートとアスファルトの違いとはなんでしょうか。

アスファルト舗装にかかる費用や、長所と比較しながら紹介します。

コンクリート舗装の特徴

  • 耐久性が高く、ひび割れなどが起こりにくい。
  • 高温になりにくい。
  • デザイン性にすぐれている。
  • 施工後すぐには使えない。

アスファルト舗装の特徴

  • 費用がコンクリートよりも安い
  • 排水性に優れている
  • 乾くのが早く、施工後すぐに使える。
  • 耐久性が低く、ひび割れなどが起こりやすい。

アスファルト舗装は、耐久性の面に気を付けなければならず、ひび割れなどが起きてしまうと、メンテナンスの費用がかかります。

アスファルトは単価が5,000円/㎡とコンクリートの相場の半分なので、予算によって使い分けると良いでしょう。

コンクリート舗装とアスファルト舗装、それぞれのメリットとデメリットを比較しながら考えることが大切です。

駐車場をコンクリート舗装する費用を安くする方法3選

駐車場をコンクリート舗装する費用を安くする方法3選

駐車場をコンクリート舗装する費用を安くするには、以下の3つの方法が有効です。

  • 駐車場全体をコンクリートにしない
  • 夏に工事を依頼する
  • 火災保険の補償金を活用する

以下ではそれぞれの方法について詳しく解説します。

できるだけ安く、駐車場をコンクリートに舗装しましょう。

①駐車場全体をコンクリートにしない

コンクリート駐車場といっても、全面コンクリートにしなければならないというわけではありません。

周りを別の素材で埋めて、タイヤの通るところだけをコンクリートにする。という手段もあります。

コンクリートの周りに別の素材を使うことで、おしゃれな駐車場にできます。

個性を出しながら費用を抑えるには、効果的な方法です。

②夏に工事を依頼する

駐車場の外構工事を行う業者は、夏が閑散期で仕事が少ない傾向にあります。

そのため、提示される費用も普段より安くなる可能性があります。

春の時期は外構工事の業者にとって繁忙期であるため、費用が割高になることが多く、依頼する時期には注意が必要です。

特別急ぐということがなければ、夏の時期を狙って業者に工事をお願いしましょう。

③火災保険の補償金を活用する

③火災保険の補償金を活用する

火災保険といえば、火災の補償のみを行う保険というイメージがあるかもしれませんが、火災以外にも補償の対象があります。

コンクリートのひび割れなどの破損も火災保険で補修できる可能性があります。

火災保険の適用条件や申請についての悩みがあれば、申請サポート業者のリペマ」に相談しましょう。

リペマは年間数千件の相談実績を誇っており、安心して利用できます。

完全成功報酬なので、調査で被害が見つからなかったり、給付金が受け取れなかったりした場合でも費用はかかりません。

信頼のおける調査会社の調査により、100万円以上の給付金事例も多数あり、費用も完全成果報酬型で安心です。詳細な条件面についても気軽に相談できます。

弁護士と提携していてトラブルへの対応もサポートしてくれるので、以下のボタンをタップしてぜひ無料診断を受けてみましょう。

今すぐ給付金額を確認する

リペマ 火災保険申請サポート

駐車場をコンクリート舗装するメリット3選

駐車場をコンクリート舗装するメリット3選

駐車場をコンクリートにするメリットは以下の3つです。

  • 耐久性が高い
  • 夏でも表面が熱くなりにくい
  • 車体やタイヤに優しい

それぞれについて、詳しく解説していきます。

ぜひ、コンクリート舗装を検討する際の参考にしてください。

①耐久性が高い

コンクリートはアスファルトに比べ、非常に高い強度をもち、ひび割れなどが起こりにくいように加工されています。

寿命も長いため、新しく舗装することが必要になる可能性も少ないです。

メンテナンス代などの維持費がかかりにくく、一度外構工事を行った後は、比較的安心して使用し続けることができます。

②夏でも表面が熱くなりにくい

コンクリートは熱に強いため、やけどなどの危険を未然に防ぐことができます

アスファルトの場合だと色が黒っぽく、材料に亜油が使われているために熱をため込みやすいため、やけどなどの危険性があります。

子供やペットがいるご家庭では、子供が素足で外に出てしまったり、ペットの散歩に行く際に、駐車場を通ることもあるでしょう。

表面が熱くなりにくいコンクリート舗装だと、やけどなどの心配なく使用できます。

③車体やタイヤにやさしい

③車体やタイヤにやさしい

コンクリート舗装は地面が平らで、凸凹もないため、車体やタイヤに負担をかけずに駐車することができます。

砂利などが家の外に飛び出すこともないので、安心して駐車できます。

また、雨が降った日でも、水たまりができる心配がないので、泥水で車が汚れることもありません。

タイヤについた泥で周囲の道路を汚してしまい、外観を損なう心配もないでしょう。

駐車場をコンクリート舗装するデメリット2選

駐車場をコンクリート舗装するデメリット2選

コンクリート舗装には多くのメリットがありますが、悪いところがないというわけではありません。

  • 照り返しが強い
  • 汚れが目立ちやすい

以下では、コンクリート舗装のデメリットについて詳しく解説します。

①照り返しが強い

コンクリートは乾くと白っぽくなり、光の照り返しが強くなります。

特に真夏は駐車場の配置によって、家の室内温度の上昇の可能性があり、気を付けなければいけません。

駐車場でお子さんやペットが遊ぶ場合も、やけどの心配はありませんが、熱中症などへの配慮が必要になります。

②汚れが目立ちやすい

コンクリート舗装の駐車場は、タイヤの跡やコケ、油分による汚れなどが付着しやすく、目立ちやすいです。

白いコンクリートの場合は特に目立ち、見栄えが悪くなってしまいます。

汚れは劣化を促進させてしまう可能性もあるため、定期的な掃除、メンテナンスを心がけましょう。

駐車場をDIYでコンクリート舗装できる?

駐車場をDIYでコンクリート舗装できる?

コンクリート舗装のDIYは可能ですが、おすすめできません。

コンクリートは、ただ材料を流し込めばできるというものではないからです。

材料を配合して、練らなければならず、それに何十時間もかかってしまいます。

施工する厚さが5cm以下では、コンクリートはすぐにひび割れを起こしてしまうため、素人が行うにはリスクが高いです。

ただでさえ重労働であるうえに、きちんと完成しない可能性も高いため、コンクリート舗装のDIYはおすすめできません。

道具をそろえたり、知識を覚える手間も考えると、正しい技術を持ったプロの業者にお願いするのが無難でしょう。

見積り書の3つの注意点

見積り書の3つの注意点

業者に駐車場のコンクリート舗装をお願いする場合の注意点は以下の3点です。

  • 「一式」の表記が多くないか確認
  • 諸経費が高すぎないか確認
  • 残土の処分費を確認

上記の項目を知っておけば、相場以上の金額で契約させられる可能性を下げることができます。

以下では、それぞれについて詳しく解説します。

①「一式」の表記が多くないか確認

見積り書の「一式」の表記に関しては注意が必要です。

内訳が不明なため、多ければ多いほど費用が高くなる可能性が大きくなります。

ただし、1~2箇所の「一式」表記であれば問題ない可能性が高いです。

数多く見られる場合は、業者の方に「なぜ一式表記なのか?」と説明を求めるようにしてください。

きちんと納得のいく説明ならば良いですが、あいまいな場合や教えてくれないときは、別の業者にお願いしたほうが無難でしょう。

一つずつ単価にすると割高になるため、まとめて安くしてくれているケースもあります。

②諸経費が高すぎないか確認

見積り書には最後のほうに「諸経費」の項目がある場合がほとんどです。諸経費とは交通費や、事務関係の手数料などのことと思っていただければ大丈夫です。

これらは大手業者になるほど高くなる傾向があり、一般的には総工費の10~25%ほどです。

全体の費用を車一台分で15万円と考えると、諸経費は15,000~37,500円と負担は大きいです。

そのため、業者にしっかり説明を求め、内訳や額に納得してから施工をお願いしましょう。

大手メーカーは諸経費や中間マージンなどで費用が高くなりがちです。

自社で施工を行っている業者へ直接依頼するほうが安く済むこともあり、無駄な出費を防げる可能性があります。

③残土の処分費を確認

③残土の処分費を確認

コンクリート舗装を行うとき、元の地面から土を取り除く必要があります。

知っておきたいのが、工事で出た土を処理するために費用がかかることです。

この処理費用は相場が地域によって異なり、一般的にあまり知られていないため、かさましされやすい傾向にあります。

残土量は縦の長さ×横の長さ×深さで算出することができるので、業者に確認してみましょう。

地域差はありますが、残土の処分費は運搬料込みで1㎥あたり8,000~11,000程度のようです。

これらを参考に見積りを確認してみてください。

見積りに関して注意すること、確認すべきことは多く大変ですが、損をしないため、費用を節約するには必要なことです。

複数の業者の見積りを比較してみて、最適な業者を見つけて、駐車場をコンクリートにしましょう。

まとめ:駐車場のコンクリート舗装費用を安くするなら火災保険を活用しよう

まとめ:駐車場のコンクリート舗装費用を安くするなら火災保険を活用しよう

駐車場をコンクリートにする費用や工事期間、安くする方法、見積りについてまとめました。

コンクリート駐車場にはメリットも多いですが、デメリットもあり、あなたの予算と相談しながら考えることが大切です。

駐車場のコンクリート舗装の際は、正しい知識をもって適正な価格で業者に依頼しましょう。

なお、駐車場をコンクリート舗装する際に、火災保険を使える可能性があります。

1人で申請をするのが不安な方は、「リペマ」を利用するのがおすすめです。

リペマは年間数千件の相談実績を誇っており、安心して利用できます。

完全成功報酬なので、調査で被害が見つからなかったり、給付金が受け取れなかったりした場合でも費用はかかりません。

信頼のおける調査会社の調査により、100万円以上の給付金事例も多数あり、費用も完全成果報酬型で安心です。詳細な条件面についても気軽に相談できます。

弁護士と提携していてトラブルへの対応もサポートしてくれるので、以下のボタンをタップしてぜひ無料診断を受けてみましょう。

今すぐ給付金額を確認する

リペマ 火災保険申請サポート

コメント

タイトルとURLをコピーしました