サイズ別物置の値段と失敗しない選び方・安く抑える方法を徹底解説

物置の値段はいくら?選び方や安く抑える5つの裏技も徹底解説。どこで買うのがおすすめ? 外回り

「物置が欲しいけれど、値段や選び方が分からない。」

「購入費用を安く抑える方法が知りたい。」

このような悩みを抱えているあなたに向けて、物置の値段や安くする裏技を徹底解説します。

この記事を読めば、物置の種類やどこで買うのが良いかが分かり、自分に合う物置が選べるようになります。

また、物置には火災の適用が受けられる可能性も。

火災保険を申請するときは、申請サポート業者を使うのがおすすめ。

中でもミエルモは、年間5,000件という業界No.1の調査実績を持ち、平均給付額は100万円以上を誇る業界最大手の申請サポート業者です。

手数料も他社と比べて控えめで、対応が丁寧だったなどの良い口コミも多数寄せられています。
また、細部にわたるまでチェックできるスキルを持った調査員が在籍しており、ドローンを使用した調査は行いません。
調査と顧客対応を分業しているため、問い合わせから1営業日以内に連絡するというスピード感のある対応が可能です。

「完全成果報酬制」のため調査費用は無料なので、ぜひ以下のボタンをタップして無料診断を受けてみてください。

今すぐ給付金額を確認する

※賃貸・区分・保険未加入は対象外

ミエルモ バナー

物置のサイズ別の値段は?

物置のサイズ別の値段は?

物置を買うなら、サイズ別の値段を把握しておくとスムーズに選べます。

ここでは、物置の値段を、3つのサイズに分けて解説します。

  • 小型物置の場合
  • 中型物置の場合
  • 大型物置の場合

一般的には、ある程度余裕を持ったサイズを選んだ方が無難です。

とはいえ、サイズが大きくなると物置の価格も高くなります。

あらかじめ収納したいものを明確にすると、サイズを決めやすくなります。

サイズ別の値段を把握して、自分に合う物置選びに役立てましょう。

小型物置の場合

小型物置の相場は4万円~8.6万円程度で、幅と奥行により変わります。

例として、ヨドコウのエスモシリーズを取り上げているので、以下の表をご覧ください。

高さ 奥行き 参考価格
110.1~195.9cm 80~180cm 51.3cm 4.5~8.6万円

物置は一般的に屋外の空きスペースに設置しますが、小型物置についてはその限りではありません。

車庫の隙間や室内にも合うサイズもあるため、手軽に収納スペースを確保できます。

屋内に置きにくい園芸用品や外用の掃除用品の収納場所としてもおすすめ。

価格もリーズナブルで種類も多いため、用途に合わせやすい物置です。

中型物置の場合

中型物置の相場は 4万円~13万円程度です。

例として、イナバ物置のシンプリーシリーズを取り上げているので、以下の表をご覧下さい。

高さ 奥行き 参考価格
130.3~190.3cm 190.3cm 51.5~90.5cm 3.9~13.2万円

脚立や野菜用の支柱、くわなど、高さのある物を他の物と一緒に収納するなら中型のハーフ棚タイプがおすすめ。

ハーフ棚タイプとは、庫内の一部に棚が設置されている物置のことで、背の高い物と低い物を分けて収納できます。

スペース左右で分かれている物と前後で分かれている物があるので、設置スペースを見て選ぶと良いでしょう。

大型物置の場合

大型物置の場合

大型物置の相場は13.3~39万円程度です。

例として、タクボ物置のMr.トールマンダンディーシリーズを取り上げているので、以下の表をご覧下さい。

高さ 奥行き 参考価格
257cm 220~441.5cm 159~299cm 13.3~39.2万円

屋外に十分なスペースがあるなら、倉庫感覚で使える大型物置がおすすめ。

特定の季節にしか使用しないアイテムやゴルフバッグなど、日頃使わない物をたっぷりと収納できます。

一般的な形状は3枚扉やシャッター式で、間口が広く、自転車などを入れていても出し入れが楽々です。

失敗しない物置の選び方3選

失敗しない物置の選び方3選

物置を選ぶ際は、値段以外にも設置場所や使い勝手など、重視すべきポイントがあります。

物置を選ぶポイントは以下の3つです。

  • 設置場所に余裕がある場合は大き目のサイズを
  • 取り出しやすさを重視するなら間口の広いものを
  • 雪の多い地域では積雪型を

物置は長く使用する設備であり、転倒防止工事やブロックの設置など準備も必要です。

物置選びで失敗しないように、上記3つの項目を詳しく解説します。

①設置場所に余裕がある場合は大き目のサイズを

物置を選ぶときは、収納するものに合わせてサイズを決めましょう。

その際、設置場所に余裕がある場合は、大きめのサイズを選ぶことをおすすめします。

子供が大きくなって収納する物が増えるなど、ライフスタイルは変化していくものです。

今ある物以外にも、生活をしているとレジャー用品や防災グッズなども増えていくでしょう。

現状取っているスペースから、さらに30%程度の余裕があると、将来の買い換えリスクが防げます。

②取り出しやすさを重視するなら間口の広いものを

物の取り出しやすさも、物置選びにおいて大切なポイントです。

具体的には、扉を開けたときの間口が広いものを選ぶと便利です。

間口の広さは以下の順で広くなります。

  • 2枚引き戸タイプ(全開すると扉の半分を解放)
  • 3枚引き戸タイプ(全開すると扉の2/3を解放)
  • 観音開きタイプ(間口の、全開放が可能)

観音開きが最も荷物の出し入れが楽ですが、開口スペースが取れない場所には不向きです。

設置場所との兼ね合いを考慮して、可能な限り間口の広いものを選びましょう。

③雪の多い地域では積雪型を

③雪の多い地域では積雪型を

雪の多い地方に住んでいる場合は、積雪対策を考慮する必要があります。

一般的な物置は60cmの積雪まで耐荷重性がありますが、雪深い地域では不十分です。

「積雪型」の物置だと、60cm以上から1ⅿ以下の雪の重みに耐えられます。

また、屋根の結露を防ぐために、断熱材を貼り付けたタイプを選ぶのも良いでしょう。

豪雪地では、地中の水分が凍って地面が盛り上がる凍上が起こり、通常の物置だと扉の開閉がしにくくなることがあります。

扉下のレールがないタイプを選べば、凍上による影響をなくせるのでおすすめです。

安全性確保のためにも、豪雪地では積雪型の物置を導入しましょう。

物置の設置に火災保険を利用できる可能性も

物置の設置に火災保険を利用できる可能性も

屋外に設置していた物置がいつの間にか傷ついていたり、故障したりすることもあるでしょう。

そんなときに知っておきたいのが、火災保険の補償範囲に物置が含まれるケースもあることです。

火災保険の補償対象は「偶発的な事故や自然災害による損害」です。

物置が補償範囲に含まれるには、以下の条件を満たしている必要があります。

  • 火災保険の対象建物と同一敷地内である
  • 延べ床面積が火災保険の規定内に収まっている

延床面積が66㎡未満の物置なら「付属建物」に該当し、保険の契約時に補償の範囲内に含まれます。

ただし、66㎡以上だと「屋外明記物件特約」を付けなければ補償の対象外になるので注意しましょう。

また、保険の契約後に物置を設置した場合は、保険会社に連絡する必要があります。

損害の発生後に、契約内容を変えることはできないので要注意です。

火災保険は、火災時以外の損害も補償してくれる場合があります。

1人で申請するのが不安なら、申請サポート業者に相談するのがおすすめです。

ミエルモは年間5,000件という業界No.1の調査実績を持ち、平均給付額は100万円以上を誇る業界最大手の申請サポート業者です。
手数料も他社と比べて控えめで、対応が丁寧だったなどの良い口コミも多数寄せられています。
また、細部にわたるまでチェックできるスキルを持った調査員が在籍しており、ドローンを使用した調査は行いません。
調査と顧客対応を分業しているため、問い合わせから1営業日以内に連絡するというスピード感のある対応が可能です。

「完全成果報酬制」のため調査費用は無料なので、ぜひ以下のボタンをタップして無料診断を受けてみてください。

今すぐ給付金額を確認する

※賃貸・区分・保険未加入は対象外

ミエルモ バナー

物置はどこで買うのがおすすめ?

物置はどこで買うのがおすすめ?

物置はどこで買うのがお得でしょうか。

使う頻度は低いけれど捨てられないもの、家の中に収納しきれないもの…

そのような家財道具が増えた場合は、屋外に設置できる物置があると便利です。

物置を購入できるところは、以下の3つです

  • ホームセンター
  • 海外製品
  • エクステリア業者

それぞれ、ニーズによってポイントが異なるので、順に解説します。

①実物を比較して選ぶなら「ホームセンター」

ホームセンターで物置を購入するメリットは以下の3つです。

  • 実機の展示があるので比較検討しやすい
  • 店員の説明を受けながら選べる
  • 時期によっては物置の値段が安くなる

ホームセンターで実機を見ると、カタログで見るよりも使い勝手や質感がわかりやすいです。

店員からメーカーの特徴や設置の際の注意点などを説明してもらえば、目当ての物置を見つけやすいでしょう。

シーズンによっては大幅に値引きされたセール品があることも大きなメリットです。

②おしゃれなデザインを求めるなら「海外製品」

おしゃれなデザインを求めるなら、海外製品を購入するのがおすすめです。

ネットで検索すれば、デザイン性の優れた商品が数多く検索できます。

海外製の物置でおすすめのメーカーは以下の通りです。

  • ユーロ物置
  • KETER
  • SUNCAST
  • Dea’s Garden

これらのメーカーは、いずれもデザイン性に定評があります。

販売サイトも用意されていて購入に不自由はなく、値段も手頃です。

ただし、保証内容が薄いことや、説明書が英語である点に注意しましょう。

③工事の安心感があるのは「エクステリア業者」

③工事の安心感があるのは「エクステリア業者」

ホームセンターや海外製品の場合は、物置を購入後に自分で設置したり、業者に依頼して設置してもらう必要があります。

エクステリア業者なら物置の購入から設置まで一貫して依頼でき、現地の確認もしてくれるので安心です。

エクステリアは外構と混同されがちですが、意味合いが違います。

外構は塀やブロック、レンガなどの構造体を指し、エクステリアは外回りの装飾や、外観全体を指します。

ホームセンターであれば、時期によっては物置の値段が50%程値引きされるときもある中、エクステリア業者の場合は20%と高くはありません。

それでもエクステリア業者なら商品の選定時にプロのアドバイスが得られ、設置までしてくれるので、失敗する心配が少ないのがメリットと言えるでしょう。

物置を設置する費用を安くする方法4選

物置を設置する費用を安くする方法5選

物置の値段はサイズが大きくなるほど高額になります。

また、購入先によって値段に違いがあります。

物置を安く購入する方法は以下の4つです。

  • 相見積りを行う
  • 安価な屋外収納と組み合わせる
  • 通販のアウトレット品を選ぶ
  • 処分セールの時期を狙う

以上の方法を組み合わせると、より費用を安くできるでしょう。

1つずつ詳しく紹介するので、ぜひ実行してください。

①相見積もりで安い業者に頼む

物置の値段は、設置を依頼する業者によって、大きく変わります。

少しでも費用を抑えるためには、複数の業者から相見積りを取りましょう。

複数の見積もりを比較することで、適正、かつリーズナブルな値段で施工してくれる業者を見つけられます。

「一括見積もり」などの無料サービスを活用すれば手軽に業者を比較できます。

断りを入れる手間も省けるので、おすすめです。

②安価な屋外収納と組み合わせる

安価な屋外収納と組み合わせることで、物置の購入費用を抑えられます。

たとえば、ちょっとしたガーデニング用品は屋外収納ボックスを活用しましょう。

子供が小さい時期だけ使う一輪車やボールはサイクルハウスに、重要な道具のみを小型物置に収納すると、安くてコンパクトな物置でも間に合います。

収納ボックスやサイクルハウスは、ホームセンターで安く購入できます。

収納ボックスなら2,000円程度、サイクルハウスは1万円台で購入が可能なのでおすすめです。

③通販のアウトレット品を選ぶ

③通販のアウトレット品を選ぶ

通販サイトのアウトレット品を選ぶと、リーズナブルな価格で物置を購入できます。

アウトレット品なら、通常価格の40~60%も割安で販売されていることも。

ほとんどの物置が10万円以下で購入でき、小型サイズなら1万円を切る場合もあります。

アウトレット品のため、傷や凹みがある商品も多いですが、機能面に問題はありません。

基本的には早い者勝ちですが、タイミングが良ければ掘り出し物を見つけられるかもしれません

④処分セールの時期を狙う

処分セールの時期を狙うと、50%近く値引きされた商品を見つけることも可能です。

処分セールの時期はホームセンターにより異なりますが、多くの場合、年2回程の頻度で開催されています。

主にチラシで告知されるので、チェックしておきましょう。

処分セールは展示品販売が基本なので、選択の幅が限られる点がデメリットです。

また、商品が店頭に展示されているので、新品に比べて痛んでいることもあります。

それでも半額近くで購入できる魅力は大きく、前向きに検討する価値はあります。

まとめ:物置の値段を安くするなら火災保険を活用しよう

まとめ:物置の値段を安くするなら火災保険を活用しよう

物置の種類や値段、どこで買うのが良いかなどを解説しました。

物置は収納の効率化に欠かせない設備で、自分の用途に合った選び方が大切です。

また、大きさによっては高額になるケースも多く、費用がかさんでしまいがちです。

相見積りや処分セールの時期を狙う他に、火災保険を活用することでも費用を安価に抑えられるケースがあります。

火災保険を申請するときは、申請サポート業者を使うのがおすすめ!

ミエルモは年間5,000件という業界No.1の調査実績を持ち、平均給付額は100万円以上を誇る業界最大手の申請サポート業者です。
手数料も他社と比べて控えめで、対応が丁寧だったなどの良い口コミも多数寄せられています。
また、細部にわたるまでチェックできるスキルを持った調査員が在籍しており、ドローンを使用した調査は行いません。
調査と顧客対応を分業しているため、問い合わせから1営業日以内に連絡するというスピード感のある対応が可能です。

「完全成果報酬制」のため調査費用は無料なので、ぜひ以下のボタンをタップして無料診断を受けてみてください。

今すぐ給付金額を確認する

※賃貸・区分・保険未加入は対象外

ミエルモ バナー

監修者情報

松岡諭司

松岡諭司

保有資格

宅地建物取引士/公認 不動産コンサルティングマスター

家業の不動産屋にて大規模不動産仲介に従事。その後、売上5,000億円規模の一部上場企業にて、25年以上不動産関連業務に携わり続けてきた。リフォームにも詳しい専門家。

コメント

タイトルとURLをコピーしました