モルタルを使わないレンガの積み方!DIYで花壇を作ろう

花壇 レンガ 外回り

今回は、レンガ花壇の作り方や流れを徹底解説します。

色とりどりのお花や植物を見栄えよくするために、ぜひレンガ花壇を取り入れたガーデニングに挑戦してみましょう。

「レンガ花壇をDIYするのは難しそう」というイメージを持つ方が多いですが、実はガーデニング初心者の方でも楽しく作ることができます。

そのためには、事前にレンガ花壇に必要な材料や道具をしっかり揃えることがとても重要。

レンガ花壇を美しく仕上げる作業上のポイントも押さえておきましょう。

この記事では、モルタルの作り方からレンガの積み方までくまなくご紹介しています。

モルタルなしで作るレンガ花壇についても触れていますので、こちらも合わせて参考にしてください。

ぜひ美しい花壇に仕上げて理想的なお庭を作りましょう。

レンガ花壇をDIYする費用を抑えるには、火災保険を活用できる可能性があります。

火災保険を申請できるか確認したい方は、申請サポート業者のミエルモを利用しましょう。

ミエルモは年間5,000件という業界No.1の調査実績を持ち、平均給付額は100万円以上を誇る業界最大手の申請サポート業者です。
手数料も他社と比べて控えめで、対応が丁寧だったなどの良い口コミも多数寄せられています。
また、細部にわたるまでチェックできるスキルを持った調査員が在籍しており、ドローンを使用した調査は行いません。
調査と顧客対応を分業しているため、問い合わせから1営業日以内に連絡するというスピード感のある対応が可能です。

「完全成果報酬制」のため調査費用は無料なので、ぜひ以下のボタンをタップして無料診断を受けてみてください。

今すぐ給付金額を確認する

※賃貸・区分・保険未加入は対象外

ミエルモ バナー

DIYでレンガ花壇を作ることは簡単?

DIYでレンガ花壇を作ることは簡単?

お庭のガーデニングをより本格化させたい!という時に出会ったのがレンガ花壇ではないでしょうか。

レンガ花壇を設けると、プランターとは違う自由度が高いナチュラルガーデニングが楽しめるようになります。

玄関先にレンガ花壇が目に入ると華やかさがアップするので大変おすすめです。

ただ、レンガ花壇をDIYすることに対してハードルの高さを感じてしまう方は多いかもしれません。

でも、実はレンガ花壇を作るのは簡単なんです。

「レンガ花壇を作るのは難しい?」とイメージするガーデニング初心者の方でも、レンガを積み上げる作業はおそらく楽しめるはず。

その上、業者に依頼するよりも費用がうんと安く済みます。

DIYの経験がなくてもさほど難しい場面はありませんので、ぜひレンガ花壇作りに挑戦してみましょう。

DIYでレンガ花壇を作るために必要なもの

DIYでレンガ花壇を作るために必要なもの

まずは、レンガ花壇作りに必要なものを揃えます。

その前に、作りたい花壇の大きさや形、使用するレンガの色など具体的にイメージしておきましょう。

イメージするレンガ花壇に合わせて、次のような材料と道具を用意してください。

材料

レンガ花壇に必要な材料と用途を以下の表にまとめました。

材料 用途
敷きレンガ 花壇を囲むため
川砂 セメントと混ぜてモルタルとして
路盤材(または砕石) 下地として
セメント 川砂と混ぜてモルタルとして

敷きレンガには、水に強い赤レンガ(普通レンガ)がおすすめです。

耐火レンガという種類もありますが、こちらは火に強い分耐水性がないので花壇向けではありません。

赤レンガには、オーストラリアレンガ、アンティークレンガなど大きさや風合いが異なる種類があるのでお好みの物を選んでください。

レンガを何段積み上げるのかにより必要な材料や費用が異なります。

庭先に1m程度のレンガ花壇(5段重ね)を作る場合なら、材料費は1万円に満たない程度です。

どのようなレンガ花壇に仕上げるのか、その際にレンガが何個必要なのか事前に把握した上で購入するようにしましょう。

道具

次にレンガ花壇を作る時に必要な道具や、あると便利な道具を以下にまとめました。

道具 用途
スコップ(またはクワ) 溝掘りやモルタルを練る
水平器 高さを均一にする
水糸(またはタコ糸)
バケツなどの容器 モルタルを練る
レンガゴテ レンガを積む
メジャー 測定する
ハケ レンガを綺麗にする
ハンマー 水平にするため
木の板など 均一を保つため

レンガ花壇をDIYする作業は汚れやすいので、軍手を装着の上汚れても良い服装を着用しましょう。

水も使用するので上記以外にバケツやシャワー蛇口があると便利です。

材料・道具が売っている場所

材料・道具が売っている場所

あまりDIY経験がない人にとって、レンガ花壇の材料などは馴染みがないかもしれません。

ですが、レンガ花壇に必要なものは身近なお店で手に入ります

また、材料や道具によっては重くて運ぶのに苦労するものがあるため、店頭以外の入手先も知っておいた方がいいでしょう。

以下では、レンガ花壇をDIYする際に必要な材料や道具が売っている場所をご紹介しています。

ホームセンター

レンガ花壇に必要な材料や道具はホームセンターへ行けばほぼ揃います

ガーデニングコーナーやDIYコーナーを覗いてみてください。

レンガは1つ80円前後から、川砂は1袋15kg入りで300円程度で手に入ります。

店頭購入の良さは、実際の材料の色合いやサイズや質感を目や手で触れて確認できる所です。

ハンマーなどの道具はレンタルを行うホームセンターもありますので、お近くにないか調べてみてください。

通販

ネット通販でもレンガ花壇の材料や道具を調達することが可能です。

通販なら重い材料を自宅に運んでもらえるので、力に自信がない人に大変おすすめ。

ホームセンターが行う通販サイトもあり、自宅配送以外にも店頭受け取りが選べます。

通販なら自宅でじっくりレンガの種類やサイズを確認できるメリットもあるので、自分にとって都合の良い方法で入手してください。

レンガ花壇をDIYする前に!モルタルの作り方

レンガ花壇をDIYする前に!モルタルの作り方

レンガ花壇を作る際には、モルタルで接着する作業があります。

ですが、DIY初心者にとってはモルタルの作り方を知っている方は少ないかもしれません。

そこで、ここからはDIY初心者の方に向けてモルタルの作り方を詳しく解説したいと思います。

モルタルに必要な材料と道具は次の通り。

  • 川砂
  • セメント
  • 混ぜるための容器
  • スコップまたはクワ
  • 軍手

モルタルを混ぜる容器はバケツでも構いませんが、深さの浅いプラスチック容器の方がコテで作業しやすいのでおすすめです。

混ぜる道具は少量であればスコップでも行えます。

また、モルタルは水を加えると固まってしまうので、作業をする直前に作るようにしてください。

モルタルの作り方手順は次の通りです。

1.川砂3:セメント1の分量で混ぜる。

2.水を少しづつ入れて混ぜる。

3.ややドロッとなる程度の柔らかさまで水を加えたら完成。

なお、レンガはあらかじめ水で濡らしておくとモルタルが塗りやすくなります。

レンガ花壇のDIY費用を抑えたいなら「ミエルモ」に相談しよう

レンガ花壇のDIYをお得に済ませるには火災保険を利用しよう

「レンガ花壇を作りたいけど、材料費は極力抑えたい…」

記事をここまで読んで、そう感じた方もいることでしょう。

お得にレンガ花壇のDIYをするには、火災保険を活用しましょう。

火災保険は以下のような原因で家屋が被害を受けた場合に適用され、申請後に受給が許可されれば給付金を受け取ることできます。

  • 火災
  • 水害
  • 風災
  • 台風
  • 竜巻
  • 雪害
  • 雹害など

なお、契約プランにより補償対象は異なるので、加入している火災保険の契約内容を確認する必要があります。

火災保険の申請対象となる家屋の損傷かないか確認したい方は、申請サポート業者に相談しましょう。

専門家による調査で、あなたが気づいていない屋根や外壁の小さな傷が発見され、あなたが想像している以上の給付金を受給できる可能性があります。

受給した給付金の使い道は自由なので、全額をレンガ花壇のDIY費用に充てることも可能です。

数ある申請サポート業者の中でも「ミエルモ」の利用をおすすめします。

ミエルモは年間5,000件という業界No.1の調査実績を持ち、平均給付額は100万円以上を誇る業界最大手の申請サポート業者です。
手数料も他社と比べて控えめで、対応が丁寧だったなどの良い口コミも多数寄せられています。
また、細部にわたるまでチェックできるスキルを持った調査員が在籍しており、ドローンを使用した調査は行いません。
調査と顧客対応を分業しているため、問い合わせから1営業日以内に連絡するというスピード感のある対応が可能です。

「完全成果報酬制」のため調査費用は無料なので、ぜひ以下のボタンをタップして無料診断を受けてみてください。

今すぐ給付金額を確認する

※賃貸・区分・保険未加入は対象外

ミエルモ バナー

レンガ花壇のDIYでの作り方【積み方のコツも紹介】

レンガ花壇のDIYでの作り方【積み方のコツも紹介】

ここからはレンガ花壇の作り方をご紹介します。

レンガの積み方は手順に沿っていけば、DIY初心者の方でも楽しく作業が行えます。

先ほどお伝えしたモルタルを使って美しいレンガ花壇に仕上げましょう。

それでは、レンガ花壇の作り方を順を追って紹介していきます。

レンガ花壇の作り方1:溝を掘る

レンガ花壇を作りたい場所にあらかじめ溝を掘っておきます。

レンガを積みやすくするためやや幅広で深さ10㎝ほど掘り、完成イメージに合うガイドラインを付けておきましょう。

広い範囲にレンガ花壇を作る予定の方は、スコップよりクワがあった方が溝を掘りやすいです。

レンガ花壇の作り方2:基礎を作る</h3>

レンガを置く前に基礎を作ります。

掘った溝に路盤材(または砕石)を5㎝ほど入れて土のぬかるみを安定させましょう。

そして、表面のデコボコを木の板などで上から叩いてなだらかにしてください。

表面を水で濡らしたらモルタルを溝に塗って、レンガを積んでいきます。

ここからはモルタルが固まらないうちに作業を進めましょう。

レンガ花壇の作り方3:レンガを積む

レンガの積み方は、溝に塗ったモルタルの上にレンガを置き、次のレンガから側面にもモルタルを塗りながら積んでいくという繰り返しです。

2~3個のレンガを置いたら、水平器や水糸または木の板を置いて水平か確かめながら作業を進めます。

もしレンガの高さが不揃いなら、木の板の上から軽くハンマーで叩いて高さを均一にしましょう。

レンガ花壇の作り方4:目地を整える

好きな高さまでレンガを積んだら仕上げに目地を整えます。

目地にすき間があればモルタルを加えて見た目を美しくさせましょう。

はみ出ているモルタルはコテの先で取り除いておきます。

レンガ花壇全体を綺麗に仕上げる時は、水をつけたブラシやハケで表面を払い落としていきます。

モルタルが固まらないうちに目地を整えるまで作業を進めるようにしましょう。

なお、モルタルが完全に固まるまでは2~3日ほどかかります。

真夏に行う場合は、直射日光によるひび割れを防ぐためにブルーシートをかぶせておくようにしましょう。

並べるだけでもいい?モルタルなしでレンガ花壇を作る方法

並べるだけでもいい?モルタルなしでレンガ花壇を作る方法

「モルタルを扱うのは難しそう」と感じる方には、モルタルなしでレンガ花壇を作る方法をご提案します。

ガーデニングやDIY初心者の方にとって、モルタルを作ったり塗る作業が省けた方が挑戦しやすくなるでしょう。

ただ、モルタルを使わない分デメリットも生じます。

以下でご紹介するモルタルなしでレンガ花壇を作る方法では、それぞれメリットとデメリットもお伝えしているので、ぜひ参考にしてください。

レンガ用接着剤

モルタルなしでレンガ花壇を作る方法として、レンガ用接着剤を使うという手段があります。

コンクリート用ボンドとしてホームセンターや通販で販売されており、レンガを積む、ブロック塀を積むなどコンクリートの接着用途に使われています。

レンガ用接着剤を使うメリットといえば、面倒なモルタルを作って塗るという作業から逃れられるということでしょう。

取り出しやすいチューブタイプなのでDIY初心者でも扱いやすく、少量づつ塗ることができるので大きな失敗がありません。

ただし、レンガ用接着剤は1kg約4,000円前後とコストがかかるデメリットがあります。

コンパクトなレンガ花壇をガーデニングするなら手頃かもしれませんが、広範囲に渡り使用する場合は割高になることを予め知っておく必要があるでしょう。

花壇用レンガ

最近ではガーデニング初心者に合わせて、花壇用レンガというモルタルなしで完成できるキットが販売されているのでこちらもチェックしてみてください。

作りたいレンガ花壇に必要な部品を注文すると、サイズや形に合うレンガと目地板のパーツが送られてきます。

パズルのようにレンガを目地板を挟みながら積んでいくだけで完成するので、モルタルなしで強度のあるレンガ花壇が完成します。

簡単に理想通りのレンガ花壇が作れるので、女性やDIY初心者の方に大人気です。

ただ花壇用レンガはコストが高く、1㎡程度で約2万円前後かかってしまうのがデメリット。

モルタルなしで仕上げられるので見た目は美しいですが、予算とよく検討して決断するようにしましょう。

手作りレンガ花壇で庭を華やかにしよう

手作りレンガ花壇で庭を華やかにしよう

いかがだったでしょうか。

自分でレンガ花壇を作ることはさほど難しくはありません。

手作りのレンガ花壇でお庭のグレードをアップしてみましょう。

理想的なレンガ花壇があれば、ガーデニングもより楽しくなり、お庭も華やかに生まれ変わります。

モルタルなしでレンガ花壇を作る方法もありますので、ぜひ自分の予算や都合に合わせて検討してみてください。

レンガ花壇をDIYする費用を抑えるには、火災保険を活用できる可能性があります。

火災保険を申請できるか確認したい方は、申請サポート業者のミエルモを利用しましょう。

ミエルモは年間5,000件という業界No.1の調査実績を持ち、平均給付額は100万円以上を誇る業界最大手の申請サポート業者です。
手数料も他社と比べて控えめで、対応が丁寧だったなどの良い口コミも多数寄せられています。
また、細部にわたるまでチェックできるスキルを持った調査員が在籍しており、ドローンを使用した調査は行いません。
調査と顧客対応を分業しているため、問い合わせから1営業日以内に連絡するというスピード感のある対応が可能です。

「完全成果報酬制」のため調査費用は無料なので、ぜひ以下のボタンをタップして無料診断を受けてみてください。

今すぐ給付金額を確認する

※賃貸・区分・保険未加入は対象外

ミエルモ バナー

監修者情報

松岡諭司

松岡諭司

保有資格

宅地建物取引士/公認 不動産コンサルティングマスター

家業の不動産屋にて大規模不動産仲介に従事。その後、売上5,000億円規模の一部上場企業にて、25年以上不動産関連業務に携わり続けてきた。リフォームにも詳しい専門家。

コメント

タイトルとURLをコピーしました