リビングをリフォームする際の費用は?安く抑える方法や工事期間も解説。補助金も利用できる?

リビングをリフォームする際の費用は?安く抑える方法や工期も解説。補助金も利用できる? 内装

リビングをリフォームしてさらに居心地の良い空間にしたいけれど、実際に費用がどれくらいかかるのかわからない人は多いでしょう。

リビングをリフォームする際は、できれば費用を抑えたいところです。

この記事ではリフォーム費用の相場や安く抑えるコツ、工事期間などを詳しく解説します。

この記事の内容を参考にして正しい相場や工事期間、受けられる補助を知ってお得にリフォームをしましょう。

実は火災保険を使うことでリフォームの費用が安く抑えられる可能性があります。

火災保険を申請するときは、申請サポート業者を使うのがおすすめです。

なかでもミエルモは、年間5,000件という業界No.1の調査実績を持ち、平均給付額は100万円以上を誇る業界最大手の申請サポート業者です。

手数料も他社と比べて控えめで、対応が丁寧だったなどの良い口コミも多数寄せられています。
また、細部にわたるまでチェックできるスキルを持った調査員が在籍しており、ドローンを使用した調査は行いません。
調査と顧客対応を分業しているため、問い合わせから1営業日以内に連絡するというスピード感のある対応が可能です。

「完全成果報酬制」のため調査費用は無料なので、ぜひ以下のボタンをタップして無料診断を受けてみてください。

今すぐ給付金額を確認する

※賃貸・区分・保険未加入は対象外

ミエルモ バナー

【施工箇所別】リビングリフォームの費用相場は?

【施工箇所別】リビングリフォームの費用相場は?

リビングをリフォームする場合の費用は施工箇所によって変わります。

以下では、リビングのリフォームを6つのパターンに分けて、それぞれの費用相場を解説します。

  • 壁や天井をリフォーム
  • 床をリフォーム
  • 照明をリフォーム
  • 収納をリフォーム
  • キッチンとリビングをリフォーム
  • リビングの間取りを変更

施工箇所によっては安く済むものから、高額になるものもあるので、ひとつずつ詳しく紹介します。

壁や天井をリフォームする場合

壁や天井のリフォームでメジャーな手法は、壁紙や天井クロスの貼り替えを行うことです。

一般的に使われているビニールクロスを貼る場合は、工賃と材料費全て含めて1平米あたり1,000〜1,500円程度

吸水性の高い珪藻土や、経年劣化をしにくい漆喰を使う場合は、材料費と工事費全て合わせて1平米あたり3,000〜7,200円と費用に大きな差が出ます。

また、天井もリフォームする場合にはその分施工する面積が広がるので。工事期間が延びて費用も上がるでしょう。

15畳の部屋の壁紙と天井クロスを貼り替えるときの費用は、最大でも50万円程度です。

床をリフォームする場合

床のリフォームでメジャーな手法はフローリングの張り替えです。

一般的な複合フローリング材を使う場合は、1平米あたり7,000円から2万円程度かかります。

一方、天然素材でできた無垢フローリングの場合は、1平米あたり1.3万〜2.7万円程度が相場です。

もうひとつ床のリフォームで人気なのが床暖房。

床暖房には温水式と電気式の二種類があり、どちらも65万円〜110万円程度かかります。

設置場所によって適するタイプが異なるので、業者とも相談のうえ、どの床暖房を入れるか決めましょう。

照明をリフォームする場合

照明をリフォームする場合

照明のリフォームはさまざまな手法があり、ただ取り付けるだけの簡単なものから電球増設が必要となる複雑なものまで、自由度が高いです。

付け外しの簡単な引っ掛けシーリングタイプの照明の受け口に変える程度なら、施工費用は1万円程度と安価です。 

電球を増設する方法もいくつかありますが、ダクトレールを設置する場合なら2.6万円から施工できます。

しっかりと天井に埋め込むダウンライトを取り付ける場合は、穴あけが必要なので、施工費用が5万円を超える可能性もあるでしょう。

収納をリフォームする場合

アイデア次第でかなり自由にリフォームできるのが収納スペース。

ラックや本棚などの、壁に直接設置する収納を増やす場合は、30万〜50万円ほどかかるでしょう。

壁一面を棚にリフォームする場合は、素材や細部の装飾にこだわるならおよそ50万〜100万円以上かかります。

また、使わなくなった和室の床の間をクローゼットにリフォームするのも人気で、この場合の費用相場は18万〜28万円です。

キッチンとリビングをリフォームする場合

リビングリフォームの際に、あわせてキッチンをリフォームしたい場合もあるかもしれません。

リビングとキッチンの間にある壁をなくしてアイランドキッチンにしたり、配置自体を変えてリビングからキッチンへの導線を良くしたりすることもできます。

いずれの場合もリフォーム箇所が複数に渡るので、費用も50万〜100万円、場合によっては150万円近くになるでしょう。

しかし、キッチンとリビングをあわせてリフォームすることで、利便性だけでなく家自体の印象も変わります。

どのような形でリフォームしたいか、予算と相談しながらリフォームプランを考えましょう。

リビングの間取りを変える場合

リビングの間取りを変える場合

リビングの間取りを変える場合は、間仕切りの設置や撤去が多く行われます。

間仕切り一枚程度を撤去する程度の小規模の工事であれば、10万〜30万円程度に収まるでしょう。

ただし、間仕切りを複数枚取り壊して空間をつなげるリフォームは施工規模が大きいため、40万〜90万円が費用相場です。

間仕切りは建物全体の構造に関わっていることもあるため、大きく間取りを変更する場合は耐震性の低下や、倒壊のリスクがないか施工業者と相談しましょう。

リビングのリフォームにかかる期間は?

リビングのリフォームにかかる期間は?

リビングのリフォームにはどれくらいの日数がかかるのでしょうか。

壁や天井のリフォームを行う場合は、施工の種類によりますが、期間は1〜4日程度です。

床のリフォームはフローリング張り替えで2〜5日程度、床暖房を設置する場合は2〜4日程度かかります。

間仕切りを撤去して部屋の間取りを広くするなど、大規模なリビングのリフォームをする場合は4〜8日程度の期間が必要です。

ただし、和室を洋室にするなどリビング全体の雰囲気を一新するリフォームも同時に行う場合は、1ヶ月以上かかる可能性もあります。

リビングをリフォームする際に気を付けること2選

リビングをリフォームする際に気を付けること2選

目先のコストの安さや、思いつきの勢いのみでリフォームを行うことはおすすめできません。

リビングのリフォームをする際は、以下の2点に注意しましょう。

  • 施工後のシミュレーションを念入りに行う
  • 長期的な維持費を想定して素材を選ぶ

リビングは家の中でメインの空間なだけに、失敗すると生活への影響が大きいです。

それぞれのポイントを抑えてリフォームしましょう。

①施工後のシミュレーションを念入りに行う

いざリフォームが完成したとき、思っていたものと違う仕上がりになってしまうケースは少なくありません。

リフォーム結果に納得できない場合、追加工事をして余計なコストがかかる羽目にあうかもしれません。

そうならないためにも、事前に施工会社と入念な打ち合わせやシミュレーションを行い、施工計画をしっかりと固めておきましょう。

また、不測の事態によって工事計画を変更せざるを得ない場合もあります。

そうしたトラブルを回避するためにも、不安なことは事前に業者に相談することが大切です。

②長期的な維持費を想定した素材を選ぶ

リフォームを行う際は、使う素材によって金額に差が出やすいです。

少し高くても傷つきにくい素材を使うことで、長期的なメンテナンス費用が抑えられるので最終的にお得です。

素材以外にも、床暖房などの設備を選ぶときもランニングコストに注目しましょう。

設置場所に適さないスペックの設備にしてしまうと、電気代など余計な費用がかかる場合があります。

リフォーム後はどのようにリビングを利用するのか、設備を稼働することでどの程度のお金がかかるのかを事前に長期的な目線で見積もっておきましょう。

リビングのリフォーム費用を抑える方法4選

リビングのリフォーム費用を抑える方法4選

リフォーム費用は決して安くない出費なので、できるだけ費用は抑えたいところです。

以下4つのポイントを押さえることで、リビングリフォームの費用を抑えられます。

  • リフォームの補助金制度を利用
  • 火災保険を利用
  • 複数箇所のリフォームを一度にまとめて行う
  • 複数の業者に見積を依頼する

金銭的な支援を受けられる制度だけでなく、少しの工夫で簡単に費用を抑える方法もあるので参考にしてください。

①リフォームの補助金制度を利用する

リビングのリフォームには、補助金制度を利用できることがあります。

よく使われるのが介護保険で、要介護者がいる住宅のバリアフリー化をする際に、費用を補填してくれます。

また、地域によっては雪や景観保護に対する補助、老朽化している家のアスベスト対策補助を行う自治体もあります。

自治体や国の補助金制度を設けている主体によって補助内容や適用条件が変わるので、リフォームを決意したら一度問い合わせてみるとよいでしょう。

②火災保険を利用する

火災保険というと火事が起きたときに使う保険のイメージがあるかもしれせん。

しかし、自然災害などにより家屋が損傷した場合にも適用されることがあります。

保険の適用範囲はあくまで原状回復の工事分のみですが、その保険金を工事費にあてることでリフォーム費用を抑えることも可能です。

火災保険が適用されるかどうかは、素人目では判断しづらいものです。

そのため、火災保険を申請する際は申請サポート業者を使うのがおすすめ。

なかでもミエルモは、年間5,000件という業界No.1の調査実績を持ち、平均給付額は100万円以上を誇る業界最大手の申請サポート業者です。

手数料も他社と比べて控えめで、対応が丁寧だったなどの良い口コミも多数寄せられています。
また、細部にわたるまでチェックできるスキルを持った調査員が在籍しており、ドローンを使用した調査は行いません。
調査と顧客対応を分業しているため、問い合わせから1営業日以内に連絡するというスピード感のある対応が可能です。

「完全成果報酬制」のため調査費用は無料なので、ぜひ以下のボタンをタップして無料診断を受けてみてください。

今すぐ給付金額を確認する

※賃貸・区分・保険未加入は対象外

ミエルモ バナー

③複数箇所のリフォームを一度にまとめて行う

③複数箇所のリフォームを一度にまとめて行う

リフォームしたい場所が複数あるのなら、一度にまとめて施工した方が費用は安くなります。

工事をする度に資材の運搬コストや人件費がかかるので、何度もリフォームを繰り返すよりお得です。

また、リフォーム内容によっては配管工事のために床や壁紙をはがす場合があります。

その際に床材などの交換もまとめて行うと、無駄な出費が抑えられるでしょう。

一度のリフォームにかかる費用や工事期間は増えるものの、最終的に安くつくことが多いので、積極的に検討してみてください。

④複数の業者に見積もりを依頼する

リビングをリフォームする際は、複数の業者に見積もりを依頼した上で、一番納得のいく施工業者を決めましょう。

1社だけの見積もりでは、価格や施工内容が適切かどうかわかりません。

また、複数の業者に見積もりを依頼することは、価格交渉をする材料にもできます。

見積もりを取るだけなら費用はかからないので、納得がいくまで吟味しましょう。

まとめ:費用を抑えて素敵なリビングにリフォームしよう!

まとめ:費用を抑えて素敵なリビングにリフォームしよう!

リビングのリフォームにかかる費用相場や工事期間、費用を抑える方法などを紹介しました。

リビングリフォームには高額な費用がかかる場合もありますが、相見積をとったり複数箇所のリフォームを一度に行なったりして費用を抑えることは十分に可能です。

また、火災保険や補助金制度を使うことでも費用は抑えられます

火災保険を申請するときは、申請サポート業者に依頼するのがおすすめです。

なかでもミエルモは、年間5,000件という業界No.1の調査実績を持ち、平均給付額は100万円以上を誇る業界最大手の申請サポート業者です。

手数料も他社と比べて控えめで、対応が丁寧だったなどの良い口コミも多数寄せられています。
また、細部にわたるまでチェックできるスキルを持った調査員が在籍しており、ドローンを使用した調査は行いません。
調査と顧客対応を分業しているため、問い合わせから1営業日以内に連絡するというスピード感のある対応が可能です。

「完全成果報酬制」のため調査費用は無料なので、ぜひ以下のボタンをタップして無料診断を受けてみてください。

今すぐ給付金額を確認する

※賃貸・区分・保険未加入は対象外

ミエルモ バナー

コメント

タイトルとURLをコピーしました