押入れをクローゼット化する費用は?安くする方法や工事期間も紹介。助成金も利用できる?

押入れをクローゼット化する費用は?安く抑える方法や工期も紹介。助成金も利用できる? 内装

「押入れをクローゼット化するのにはいくらかかる?」

「押入れをDIYでクローゼットにする方法は?」

などと疑問に思っている人も多いことでしょう。

この記事では、押入れをクローゼットにリフォームする際の費用相場や工事期間、リフォーム費用を安く抑える方法を解説します。

DIYする方法やリフォーム事例も紹介しているので、リフォームを検討している人は必見です。

押入れのリフォームの際には、火災保険を活用できる場合があります。

火災保険を申請するときは申請サポート業者を使うのがおすすめです。

ミエルモは年間5,000件という業界No.1の調査実績を持ち、平均給付額は100万円以上を誇る申請サポート業者です。

今すぐミエルモの公式サイトで無料調査を依頼すると、押入れのリフォームに火災保険を利用できるかどうかがわかります。

手数料も他社と比べて控えめで、対応が丁寧だったなどの良い口コミも多数寄せられています。

受け取った給付金は自由に使えるので、ぜひ以下のボタンをタップして無料調査を受けてみましょう。

今すぐ給付金額を確認する

※賃貸・区分・保険未加入は対象外

ミエルモ バナー

  1. 押入れをクローゼットにリフォームする費用相場は約20万円
  2. 押入れのリフォーム費用を抑える方法4選
    1. ①火災保険の補償金を工事費用にあてる
    2. ②助成金を利用する
    3. ③複数の業者から見積もりを取る
    4. ④DIYでリフォームする
  3. 押入れのリフォームにかかる工事期間の目安
    1. ①扉交換のみの場合
    2. ②押入れ内部をクローゼット仕様にする場合
    3. ③可動式の棚などの設備を設置する場合
  4. 【3ステップ】押入れをDIYでリフォームする手順
    1. ①押入れを解体する
    2. ②破損部分や隙間などを補修する
    3. ③床を補強して形を作る
  5. 押入れをDIYでクローゼットにするアイディア4選
    1. ①突っ張り棒を使ったアレンジ
    2. ②収納棚を活用したリメイク
    3. ③襖の代わりにカーテンを使用
    4. ④中身を見せるタイプにリノベーション
  6. 押入れからクローゼットへのリフォーム事例5選
    1. ①押入れからウォークインクローゼット
    2. ②和室押入れから洋室クローゼット
    3. ③和室の押入れからウォークインクローゼット
    4. ④1間半の押入れを折れ戸で開けられるクローゼット
    5. ⑤押入れから奥行きを浅くしたクローゼット
  7. 押入れをクローゼットにリフォームする2つのメリット
    1. ①コンパクトなため他のスペースを広く使える
    2. ②中のものを取り出しやすい
  8. 押入れをクローゼットにリフォームする際の注意点3つ
    1. ①合板を張るなど補強が必要な場合がある
    2. ②カビや結露対策が必要
    3. ③賃貸はリフォームできない場合がある
  9. 押入れとクローゼットの違い
  10. 押入れのクローゼット化に関する質問
  11. まとめ:押入れのリフォームに火災保険を活用しよう!

押入れをクローゼットにリフォームする費用相場は約20万円

押入れをクローゼットにリフォームする費用相場は約20万円

押入れをクローゼット化するリフォームの費用相場はおよそ20万円です。

ただし、リフォームの規模によっては10万円程度で済むこともあれば、50万円を超えることもあります。

以下の表は、クローゼット化リフォームでよく行われる施工内容とその費用相場です。

リフォーム内容 費用
押入れの解体、撤去 1〜3万円
棚板やパイプの設置 1.5〜2万円
壁や床の補強、張り替え 1〜4万円
扉材本体の取り付け工事 6〜10万円
その他経費(廃棄物の処分など) 2万円

襖を残した簡易クローゼットにする場合や、押入れの収納を生かしたクローゼットにする場合は、比較的費用を安く抑えられます。

一方、押入れを含む和室全体を工事したり、押入れの床も同時にリフォームしたりする場合は費用が高くなるでしょう。

上記は平均的な相場なので、リフォームする押入れの大きさによって費用は変動します。

押入れのリフォーム費用を抑える方法4選

押入れのリフォーム費用を抑える方法4選

押入れを素敵なクローゼットにリフォームしたいものの、費用はできるだけ抑えたいものです。

押入れのリフォーム費用を抑えるには、は以下4つの方法を実践するのがおすすめです。

  • 火災保険の補償金を工事費用にあてる
  • 助成金を利用する
  • 複数の業者から見積もりを取る
  • DIYでリフォームする

特に火災保険や助成金に関しては、受給の対象になるかどうか条件を細かく確認しましょう。

それぞれ詳しく解説するので、ぜひご覧ください。

①火災保険の補償金を工事費用にあてる

押入れのクローゼット化リフォームには、火災保険が使える可能性があります。

火災保険では、自然災害など突発的な事故による損傷も補償の対象です。

たとえば、押入れの場合はマンションの給排水設備の故障が原因で水漏れがあったときなどが当てはまります。

保険が適用されれば原状回復までの工事費用を補償金でまかなうことが可能です。

ただし、経年劣化や保証範囲外と判断されると補償金は受け取れないので注意しましょう。

火災保険を申請するときは申請サポート業者を使うと申請時の漏れが防げるのでおすすめです。

なかでもミエルモは、年間5,000件という業界No.1の調査実績を持ち、平均給付額は100万円以上を誇る業界最大手の申請サポート業者です。

手数料も他社と比べて控えめで、対応が丁寧だったなどの良い口コミも多数寄せられています。
調査と顧客対応を分業しているため、問い合わせから1営業日以内に連絡するというスピード感のある対応が可能です。

今すぐミエルモの公式サイトから無料調査を依頼すると、押入れのリフォームに火災保険が使えるかがわかります。

ぜひ以下のボタンをタップして無料診断を受けてみてください。

今すぐ給付金額を確認する

※賃貸・区分・保険未加入は対象外

ミエルモ バナー

②助成金を利用する

押入れのリフォームにあたって、各地方自治体から助成金を受け取れる場合があります。

具体的には、以下のような工事が対象です。

  • 介護、バリアフリーに関するリフォーム
  • 耐震改修
  • 省エネリフォーム(断熱など)
  • 劣化対策改修
  • 子育て世帯向け改修
  • 三世代同居対応改修

押入れをクローゼット化するリフォームでも、条件に該当すると判断されれば助成金がもらえる場合があります。

また、助成金を受けるには、市区町村の事前審査や現場の状況診断などが必要です。

自治体によって支給する助成金の金額や対象の工事は異なるので、事前に確認しておきましょう。

③複数の業者から見積もりを取る

③複数の業者から見積もりを取る

施工業者にリフォームを依頼する際は、相見積もりをして各業者の見積もり内容を比較しましょう。

同じリフォーム内容でも、業者によって提示される費用が異なる場合があります。

相見積もりをすることで、費用相場がわかるだけでなく、ぼったくりに遭うリスクも減らせます。

また、追加料金や細かな内訳が明記されているかも忘れずに確認してください。

場合によっては、明細には書かれていない追加料金を請求される恐れがあります。

業者としっかりコミュニケーションを取り、信頼を置けるところに依頼しましょう。

④DIYでリフォームする

費用を極力抑えたい場合には、DIYするのもおすすめです。

費用を材料費や廃棄費のみに抑えられるので、業者に頼むときに比べ格段に安く済みます

床や壁の大規模な工事は難しいと感じるかもしれませんが、扉の交換や簡単な収納の設置であれば十分DIYできるでしょう。

リフォームしたい内容を考慮して、ぜひDIYも検討してみてください。

押入れのリフォームにかかる工事期間の目安

押入れのリフォームにかかる工事期間の目安

ここまで押入れのクローゼット化工事にかかる費用相場を解説しましたが、工事期間はどれくらいかかるのか気になる人も多いでしょう。

そこで、以下3つのパターン別に工事期間を紹介します。

  • 扉交換のみの場合
  • 押入れ内部をクローゼット仕様にする場合
  • 可動式の棚などの設備を設置する場合

各工事の大まかな手順もあわせて解説するので、ぜひ参考にしてください。

①扉交換のみの場合

扉交換の場合、工事期間は半日〜1日です。

以下の手順で工事が完了するので、2日以上かけて工事を行うことはほぼありません。

  1. 古い扉の撤去
  2. 下地の調整
  3. 新しい扉に交換

下地の調整は、古い扉の枠部分がついていた場所を整え、新しい扉を設置しやすくする作業です。

特に、扉の種類が異なる場合は下地を削って広くしたり反対に狭めたりする必要があるので、最も重要な手順だと言えます。

ただし、周囲の壁や床のリノベーションが必要になると工事期間は2、3日延びることもあるでしょう。

②押入れ内部をクローゼット仕様にする場合

押入れ内部をクローゼット仕様にする場合は、3日〜1週間の期間が必要です。

はじめに襖の扉や内部の棚などを撤去したあと、内壁を整えて新しい棚や扉、ハンガーパイプなどの設置を行います。

リフォームする押入れの大きさや、導入する棚の種類などによっては、工事期間が前後することもあるでしょう。

③可動式の棚などの設備を設置する場合

③可動式の棚などの設備を設置する場合

クローゼット内に可動式の棚などを設置し機能性を高めるリフォームの工事期間は、およそ1週間〜1ヶ月です。

扉の撤去やハンガーパイプの設置など、クローゼットの仕様変更に加え設備の導入が必要なので、さらに時間がかかります。

どのような設備を設置するかによって手を加える箇所も変わりますが、押入れの幅や高さを大幅に変更しなければならない可能性もあるでしょう。

複雑な工事になることが予想されるので、リフォームプランを業者と事前に共有し、じっくりと相談してください。

【3ステップ】押入れをDIYでリフォームする手順

【3ステップ】押入れをDIYでリフォームする手順

リフォーム費用を少しでも抑えるために、DIYでリフォームしたいと考える人もいるでしょう。

DIYで押入れをクローゼット化する手順は、以下の通りです。

  1. 押入れを解体する
  2. 破損部分や隙間などを補修する
  3. 床を補強して形を作る

費用を安く抑えられることはもちろん、うまくいけば自分好みの雰囲気に仕上げられます。

ぜひ挑戦して、お気に入りの押入れを完成させましょう。

①押入れを解体する

まずは、押入れの扉や内部の仕切り板、柱を解体しましょう。

解体には釘抜きとノコギリが必要です。

押入れ中央の仕切り板は釘で固定されているので、釘抜きを利用して外しましょう。

仕切り板を支えていた柱も、まずは釘を抜いて不要な部分をのこぎりで切り落とします。

時間と体力が必要な作業なので、1日以上かかると想定しましょう。

②破損部分や隙間などを補修する

解体が終わると、押入れの内側に破損部分や隙間が確認される場合もあるでしょう。

破損した部分にはコーキングやパテと呼ばれる穴埋め用のアイテムを利用し、クローゼットの内部となる壁面を整えます。

表面を平らにすることが目的なので、必要に応じてベニヤ板や壁紙を活用することをおすすめします。

クローゼット内部の仕上がりや耐久性を左右する重要な工程なので、最後まで丁寧に作業を行いましょう。

③床を補強して形を作る

③床を補強して形を作る

補修作業まで終われば、いよいよリノベーションに取り掛かりましょう。

まずは、床部分の補強から行ってください。

クローゼット内部に新しい棚を設置しても床が抜けないように、フローリングを張るのがおすすめです。

床の補強まで完了したら、次は断熱材やカーテンレール、扉などを設置します。

あとは好みに合わせて、ハンガーパイプをつけたり、棚を追加したりして収納機能を追加します。

こだわりのアイテムを用いて、使い心地の良いクローゼットに変身させましょう。

押入れをDIYでクローゼットにするアイディア4選

押入れをDIYでクローゼットにするアイディア4選

DIYで押入れをクローゼットに変える際、具体的にどのようなアレンジをすればよいか悩んでいる人は、以下を参考にしましょう。

  • 突っ張り棒を使ったアレンジ
  • 収納棚を活用したリメイク
  • 襖の代わりにカーテンを使用
  • 中身を見せるタイプにリノベーション

それぞれ詳しく説明するので、ここで紹介したアイディアを元にお気に入りのクローゼットを作ってみてください。

①突っ張り棒を使ったアレンジ

①突っ張り棒を使ったアレンジ

突っ張り棒をハンガーパイプとして活用すれば、押入れ内を有効活用できます。

1,000円台でも丈夫な突っ張り棒が販売されているので、DIYを安く済ませられるでしょう。

また、突っ張り棒にフックを設置すればカバンなどを掛けられるだけでなく、吊るすタイプの小物入れなども簡単に取り付けられて便利です。

いろいろな収納アイディアを生み出せるアイテムなので、ぜひ取り入れてみてください。

②収納棚を活用したリメイク

②収納棚を活用したリメイク

押入れの収納棚はシンプルな作りでアレンジしやすいので、収納したいものの種類や量に合わせてリメイクしてみましょう。

収納としてだけでなくディスプレイとしても活用すれば、インテリアを工夫する際も重宝します。

また、追加で棚を設置する際は、押入れのサイズと照らし合わせて適切な物を選んでください。

足にローラーが付いた可動式の収納棚を導入すると掃除もしやすく、模様替えの際にも便利なのでおすすめです。

③襖の代わりにカーテンを使用

③襖の代わりにカーテンを使用

襖の代わりにカーテンを使用するのも、最近では人気のDIYアイディアのひとつです。

扉と違い開閉に力がいらないので、高齢者や子供でも楽に使えます。

デザインも非常に豊富なので、部屋の雰囲気に合ったカーテンを選んでクローゼットをよりオシャレに改良できるでしょう。

また、カーテンレール代わりに突っ張り棒を使うと簡単に設置できるので、おすすめです。

④中身を見せるタイプにリノベーション

④中身を見せるタイプにリノベーション

上手に仕切り板や棚を設置し、あえてクローゼットの中身を見せるような収納にすれば、スタイリッシュな雰囲気にリノベーションできます

自分で仕切り板を取り付けるのが大変な人は、市販の引き出しなどを活用しても良いでしょう。

また、同じデザインの棚を複数利用すれば、統一感がありオシャレな「見せる収納」に。

扉を設置する必要もなくなるので、開閉する手間が省けるのもおすすめポイントです。

アパレルショップの陳列を参考にして、素敵なクローゼットに変身させましょう。

押入れからクローゼットへのリフォーム事例5選

押入れからクローゼットへのリフォーム事例5選

押入れからクローゼットへのリフォームの事例を、下記の5つに分けて紹介します。

  • 押入れからウォークインクローゼット
  • 和室押入れから洋室クローゼット
  • 和室の押入れからウォークインクローゼット
  • 1間半の押入れを前後から開けられるクローゼット
  • 押入れから奥行きを浅くしたクローゼット

ぜひ押入れからクローゼットへリフォームする際の参考にしてください。

①押入れからウォークインクローゼット

①押入れからウォークインクローゼット

押入れをウォークインクローゼットにした事例です。

部屋の大きさに対して比較的大きめの押入れ中段をそのまま使い、収納棚として再利用している部分がポイント。

部屋の形をベースにしているため、比較的リーズナブルにリフォームができています。

②和室押入れから洋室クローゼット

②和室押入れから洋室クローゼット

和室にある押入れを洋室のクローゼットにした事例です。

押入れの奥行きを45cmほど広げ、壁のくぼみには収納棚を設置。

無駄なスペースがなく、スペースを100%利用しています。

和室の床をリビングの床と似た素材に変えて一体感を出し、リビングが広く感じる作りにしました。

③和室の押入れからウォークインクローゼット

③和室の押入れからウォークインクローゼット

和室の押入れをウォークインクローゼットにした事例です。

和室の床をフローリングにして、壁の色も変えています。

押入れの一部を収納棚としても再利用することで、衣類の他にもさまざまなものを収納できるようにしました。

ハンガーパイプを取り付けるために、クローゼットの角部分に袖壁を設置しています。

袖壁とは、従来の壁から直角に張り出した壁のことです。

袖壁のおかげでハンガーパイプが収まり、強度が上がります。

湿気対策として、換気扇も設置しました。

④1間半の押入れを折れ戸で開けられるクローゼット

④1間半の押入れを折れ戸で開けられるクローゼット

1間半の押入れを、前後から開けられる折れ戸のクローゼットにリフォームした事例です。

ハンガーパイプを設置して、衣類が掛けられるようにリフォームしました。

部屋のスペースを確保するために、奥行きを浅くしてコンパクトなサイズに変更。

前後から開けられるので、狭いスペースでも開け閉めのためのスペースを最小限に抑えています。

⑤押入れから奥行きを浅くしたクローゼット

⑤押入れから奥行きを浅くしたクローゼット

押入れから奥行きを浅くしたクローゼットにリフォームした事例です。

リフォームによって和室とLDKを一体化しました

押入れだった部分は、奥行きを浅くしてクローゼットに変更。

引き戸にして、リビングになじむすっきりとしたデザインです。

押入れをクローゼットにリフォームする2つのメリット

押入れをクローゼットにリフォームする2つのメリット

押入れをクローゼットにリフォームするメリットは、以下の2つです。

  • コンパクトなため他のスペースを広く使える
  • 中のものを取り出しやすい

それぞれ詳しく解説します。

①コンパクトなため他のスペースを広く使える

クローゼットはコンパクトなため、他のスペースを広く使えます。

一般的なクローゼットは奥行きが50cm程度で、押入れの約78cmに比べてコンパクトな設計です。

押入れをクローゼットにリフォームすれば、他のスペースを広く使えます。

また、部屋が狭い場合でもクローゼットであれば、小スペースで収納場所を確保可能です。

②中のものを取り出しやすい

押入れよりも、クローゼットの方が収納しているものを取り出しやすいでしょう。

クローゼットは衣類を収納しやすく、かつ取り出しやすい形状に設計されています。

扉を開けると手の届く位置に収納スペースがあり、奥行きが浅いため中のものを探しやすいです

衣類以外にも、日用品なども収納できるため、便利に利用できます。

押入れをクローゼットにリフォームする際の注意点3つ

押入れをクローゼットにリフォームする際の注意点3つ

押入れをクローゼットにリフォームする際の注意点は、以下の3つです。

  • 合板を張るなど補強が必要な場合がある
  • カビや結露対策が必要
  • 賃貸はリフォームできない場合がある

上記の注意点を理解せずにリフォームしてしまうと、さまざまな問題が発生してしまう可能性があります。

注意点を理解したうえで、リフォームをしましょう。

①合板を張るなど補強が必要な場合がある

場合によっては、合板を貼るなど補強が必要なことがあるので、注意しましょう。

古い押入れの中には、下地を組まず布団などの重量に耐えられる程度の薄いベニヤ板だけを貼っているものもあります。

この場合、クローゼットにリフォームするためは、合板を張るなどといった床の補強が必要です。

床が補強されていない状態では、耐荷重が低くクローゼットに収納棚などを設置できない可能性があります。

②カビや結露対策が必要

押入れやクローゼットは湿気や熱がこもりやすく、カビや結露が発生しやすい環境です。

外壁に接する部分に断熱材を入れて、結露対策をしましょう。

また、調湿性のあるクロスや扉にルーバをつけて密閉しない作りにすることも、カビや結露対策におすすめです。

扉をこまめに開けて換気することも大切です。

③賃貸はリフォームできない場合がある

③賃貸はリフォームできない場合がある

賃貸の場合は、そもそも押入れのリフォームができない場合があります。

賃貸ではリフォーム可能な契約をしている場合を除いて、退去時に原状回復の義務があるためです。

入居後にリフォームがしたくなったときは、事前に大家さんや管理会社に相談しましょう。

リフォームができない場合は、簡易的なDIYで対応しましょう。

原状復帰が可能な範囲であれば、押入れを好きなようにアレンジすることは可能です。

押入れとクローゼットの違い

押入れとクローゼットの違い

押入れとクローゼットの大きな違いは、想定している収納物です

押入れは、布団などの寝具や家財道具、日用品などをしまう収納スペースです。

さまざまな物を収納することを想定しているため、上下2段構造で横長な設計が一般的。

奥行きは深めで、75〜80cmが多いでしょう。

一方でクローゼットは、衣類をしまうための収納スペースです。

上部にハンガーパイプがついており、縦長な形状が一般的です。

奥行きは50cm程度の浅いタイプが多い傾向にあります。

押入れと違い、クローゼットの扉の規格はバリエーションが豊富で、収納するものに合わせて作れます。

押入れのクローゼット化に関する質問

押入れのクローゼット化に関する質問

押入れをリフォームしない方が良いケースは?

押入れをリフォームしない方が良いケースは、以下の2つです。

  • 押入れの扉が開き戸であるケース
  • 賃貸であるケース

開き戸の場合、開閉の際にスペースが必要になるため、不便に感じる可能性があります。収納内部を広く見渡せるメリットもあるので、よく検討しましょう。

賃貸の場合は、退去時に原状復帰が義務付けられている場合が多いです。リフォームしたい場合は、大家さんに事前に確認しましょう。

クローゼットの奥行きは何センチが目安?

60cmあると使いやすいとされています。

まとめ:押入れのリフォームに火災保険を活用しよう!

まとめ:押入れのリフォームに火災保険を活用しよう!

押入れをクローゼットにリフォームすれば、スペースを広く活用可能です。

工事費用の相場は、約20万円ですがリフォームの規模によって変動します。

この記事では、押入れのリフォームのアイディアや事例を紹介しました。

リフォームを検討している人は、参考にしてみてください。

また、火災保険を活用するとリフォーム費用を安く抑えられる可能性があります。

申請には建築や保険の専門知識が必要なので、申請サポート業者ミエルモへ相談がおすすめです。

今すぐミエルモの公式サイトで無料相談をすると、損害保険のプロが保険申請から保険金受け取りまで徹底的にサポートします。

ぜひ下記よりミエルモに申し込んでみましょう。

今すぐ給付金額を確認する

※賃貸・区分・保険未加入は対象外

ミエルモ バナー

監修者情報

松岡諭司

松岡諭司

保有資格

宅地建物取引士/公認 不動産コンサルティングマスター

家業の不動産屋にて大規模不動産仲介に従事。その後、売上5,000億円規模の一部上場企業にて、25年以上不動産関連業務に携わり続けてきた。リフォームにも詳しい専門家。

コメント

タイトルとURLをコピーしました