室内ドアのリフォーム費用相場は?安くする方法や選び方も徹底解説。人気のオプションは?

室内ドアのリフォーム費用相場は?安くする方法や選び方も徹底解説。人気のオプションは? 内装

「室内ドアのリフォームって大体いくらするのかな…」

「安く済ませる方法って何かないのかな…」

などとお悩みではありませんか。

この記事で解説する内容は以下の通りです。

  • 室内ドアのリフォームの費用相場
  • 安く済ませる方法
  • リフォームするタイミング
  • 室内ドアの種類や特徴を押さえた選び方
  • 人気なオプション機能

どのようなリフォーム内容にするか、予算に合わせて計画を立てる際に、ぜひ参考にしてください。

なお、室内ドアのリフォームに火災保険が適用されるケースがあります。

1人で申請するのが難しい場合は、申請サポート業者を利用しましょう。

ミエルモは年間5,000件という業界No.1の調査実績を持ち、平均給付額は100万円以上を誇る業界最大手の申請サポート業者です。
手数料も他社と比べて控えめで、対応が丁寧だったなどの良い口コミも多数寄せられています。
また、細部にわたるまでチェックできるスキルを持った調査員が在籍しており、ドローンを使用した調査は行いません。
調査と顧客対応を分業しているため、問い合わせから1営業日以内に連絡するというスピード感のある対応が可能です。

「完全成果報酬制」のため調査費用は無料なので、ぜひ以下のボタンをタップして無料診断を受けてみてください。

今すぐ給付金額を確認する

※賃貸・区分・保険未加入は対象外

ミエルモ バナー

室内ドアをリフォームする際の費用相場は?

室内ドアをリフォームする際の費用相場は?

室内ドアをリフォームする際の費用相場は、施工内容により異なります。

それぞれの施工内容に応じた費用相場は下記をご覧ください。

  • 同じ種類のドアを交換:約5~10万円
  • 開き戸から引き戸へ変更:約20~30万円
  • ドアの増設:約20~40万円

費用相場はグレードや環境にも左右されます。

工事期間は1日~2日を目安として、計画を立てましょう。

以下では、上記3つを詳しく解説しますので、ぜひ予算を決める際の参考にしてください。

①同じ種類のドアを交換:約5~10万円

同じ種類のドアを交換するときは、ドアのみの交換とドア枠も含めて交換をする場合があり、費用相場は以下の通りです。

施工内容 費用相場 費用項目
同じ種類のドアを交換 約5~10万円 ・既存ドアの撤去
・新規ドアの費用
・工事費用
・諸経費
ドア枠も含めた交換 約10~30万円 ・既存ドアの撤去
・新規ドアの費用
・ドア枠の費用
・工事費用
・壁の下地処理
・クロス張替え
・諸経費

ドア枠の交換が必要な場合は、周辺の壁にも施工が必要となるため、その分費用がかかります。

ドア交換をする際はドア枠も含めた交換が一般的ですので、複数の業者に見積りを依頼し、内容の良い業者を選びましょう。

②開き戸から引き戸へ変更:約20~30万円

開閉方法の違うドアに変更する場合の費用相場は、約20~30万円といわれています。

費用のかかる項目は、以下のリストをご覧ください。

  • 撤去費
  • 新しいドアの費用
  • ドア取り付け工事費用
  • 壁の下地処理にかかる費用
  • クロス張替えの費用
  • 壁の下地調整、補修費用
  • ドア枠、レール費用
  • 吊り込み調整費
  • 引き渡し時の清掃費
  • 諸経費

主に新規ドアやドア枠の費用により、総額が左右されますので、業者ごとでどのような製品を扱っているか比較しましょう。

③ドアの増設:約20~40万円

③ドアの増設:約20~40万円

ドアを増設する際は、階段の前に設置する場合と、壁を開口して取り付ける場合があります。

それぞれの費用相場は以下の表の通りです。

施工内容 費用相場
階段前に設置 20~40万円
壁に取り付け 10~20万円

設置するドアの種類によっても、費用は異なります。

壁を開口してドアを取り付ける際、ドアの種類ごとの費用相場は以下の表の通りです。

ドアの種類 費用相場
開き戸 10~15万円
折れ戸 12~17万円
引き戸 15~20万円

ドアの材質や遮光機能のあるガラス付きなど、グレードの高いものを選ぶ際は、上記費用に約5万円加算されると考えてください。

主にドアの商品代により費用は左右されるので、どのような材質や機能のドアがあるか、リフォーム業者に相談してみましょう。

室内ドアのリフォーム費用を安くする方法3選

室内ドアのリフォーム費用を安くする方法3選

上記では、主に商品代金により費用が左右されることを伝えました。

以下では、室内ドアのリフォーム費用を安くする方法を、3つに分けて解説します。

  • 複数の業者に見積りを依頼する
  • 助成金や補助金を申請する
  • 火災保険を申請する

業者によるサポートや、補助金制度を利用することで、リフォームする際の費用を安くしましょう。

①複数の業者に見積りを依頼する

複数の業者に見積りを依頼することで、各業者が提案する費用を比較しましょう。

注意点は、業者による不必要な提案に同意しないことがポイントです。

業者に見積りを依頼する前には、以下のようなことを決めましょう。

  • カバー工法が可能な場合はカバー工法にする
  • ドアのグレードや種類は予め決めておく
  • リフォームする目的に応じた施工をする

カバー工法の可否などは、業者によって返答が異なる場合もあるため、複数の業者に依頼することが重要です。

複数の業者の商品代や施工方法を比較検討し、安くて質のいい業者を探しましょう。

②助成金や補助金を申請する

住まいの地域によって、自治体が助成金や補助金の制度を設けている場合があります

着工前の申請が必要であったり、予算上限で締め切られたりする場合があるため、注意が必要です。

補助対象になりやすいリフォームは以下のリストをご覧ください。

  • 介護・バリアフリーを目的としたリフォーム
  • 耐震性を確保する目的のリフォーム
  • 在宅勤務、ウィルス対策を目的としたリフォーム
  • エコ・省エネを目的としたリフォーム

地方公共団体における住宅リフォームに係わる支援制度検索サイト(令和3年度版)にて、住まいの地域で制度が設けられているか、検索することができます。

③火災保険を申請する

③火災保険を申請する

室内ドアのリフォームの際には、火災保険が適用される場合があります。

突発的な事故による破損なども対象となるケースがあるため、申請可能かどうか、専門家による現地調査にて確認しましょう。

自分で申請するのが不安でも、専門家に的確なアドバイスが貰えるため、申請サポート業者に依頼することがおすすめです。

ミエルモは年間5,000件という業界No.1の調査実績を持ち、平均給付額は100万円以上を誇る業界最大手の申請サポート業者です。
手数料も他社と比べて控えめで、対応が丁寧だったなどの良い口コミも多数寄せられています。
また、細部にわたるまでチェックできるスキルを持った調査員が在籍しており、ドローンを使用した調査は行いません。
調査と顧客対応を分業しているため、問い合わせから1営業日以内に連絡するというスピード感のある対応が可能です。

「完全成果報酬制」のため調査費用は無料なので、ぜひ以下のボタンをタップして無料診断を受けてみてください。

今すぐ給付金額を確認する

※賃貸・区分・保険未加入は対象外

ミエルモ バナー

室内ドアをリフォームするタイミングは?

室内ドアをリフォームするタイミングは?

室内ドアをリフォームするタイミングは、ドアのパーツごとで異なります。

新築の時点からリフォームが必要となるまでの、おおよそのタイミングは以下の表の通りです。

パーツ タイミング
金物(ドアノブなど) 約5~10年
ドア枠 約10~15年
ドア本体 約20年

以上が目安になりますが、不具合に応じてリフォームしましょう。

「まだ新しいのにガタついてしまう…」というときは、ラッチやストライクのバランス調整などにより解消する場合があります。

室内ドアの種類は大きくわけて3種類

室内ドアの種類は大きくわけて3種類

室内ドアの種類は大きくわけて3種類あります。

それぞれの特徴を理解して、環境に合ったドアを選びましょう。

室内ドア種類は以下の通りです。

  • 扉をスライドさせて開閉する「引き戸」
  • 扉を前後に開閉する「開き戸」
  • 扉を折り曲げて開閉する「折れ戸」

それぞれのメリットやデメリットを詳しく解説します。

ドア選びの際に、ぜひ参考にしてください。

①扉をスライドさせて開閉する「引き戸」

扉をスライドさせて開閉する引き戸は、立ち位置を変えずに軽い力で開閉できるため、バリアフリーに適しています。

引き戸には4種類あり、それぞれの名称と形式は以下の表の通りです。

片引き戸 一枚の扉を横開きさせ、壁の表面に収納する
引込み戸 一枚の扉を横開きさせ、壁の内部に収納する
引違い戸 二枚の扉を横開きさせることが可能、壁に収納することができない
引分け戸 二枚の扉を横開きさせることが可能、袖壁に収納することができる

壁内部に収納するタイプは、中にホコリが溜まってしまうため、片引き戸や引き違い戸が一般的に普及しています。

②扉を前後に開閉する「開き戸」

扉を前後に開閉する開き戸は、断熱性や気密性に優れているため、空調設備のある部屋に適しています。

開き戸には2種類あり、それぞれの名称と形式は以下の通りです。

片開き戸 一枚の扉を前後どちらかに開閉する
両開き戸 二枚の扉を同時に開閉する、観音開き

片開き戸は取っ手部分をレバータイプにすることで、荷物を持っている場合でも、開閉しやすくなっています。

ドアノブを捻って開閉することに難を感じる場合は、レバータイプに変更しましょう。

両開き戸は広い部屋に適していて、間口が広いため大きなものも出し入れ可能です。

③扉を折り曲げて開閉する「折れ戸」

③扉を折り曲げて開閉する「折れ戸」

折れ戸には2種類あり、それぞれの名称と形式は以下の通りです。

両折れ戸 左右二枚の折れ戸を内側から開閉する
中折れ戸 一枚の折れ戸を開閉する

折れ戸は立ち位置を変えず、軽い力で開閉できるため、高齢者の在宅する家庭に適しています。

また、開き戸は前後にスペースが必要となり、引き戸は壁や間口が必要となりますが、折れ戸は省スペースで設置可能です。

室内ドアの選び方3選

室内ドアの選び方3選

室内ドアのおすすめな選び方について、要点をおさえて解説します。

以下の3つをご覧ください。

  • リビングには光を取り込めるすりガラス付きを
  • 洋室と和室の仕切りには両面に合うデザインを
  • バリアフリー化するなら引き戸や折れ戸を

室内ドアを選ぶ際には、様々なアイデアがありますが、上記3つを詳しく解説します。

ドア選びにぜひ参考にしてください。

①リビングには光を取り込めるすりガラス付きを

リビングにおすすめなのが、光を取り込めるすりガラス付きのドアです。

広々としたリビングの室内に、透明感をプラスすることで、圧迫感を感じにくくすることができます。

また、一面をガラスにしたガラスドアも人気です。

小さな子供がいる家庭ではリスクを伴ってしまうためおすすめできませんが、リビングがとても広々と感じられます。

帰宅したときに、在宅している家族のリビングから漏れる光にホッとできるところも、すりガラス付きドアの魅力です。

②洋室と和室の仕切りには両面に合うデザインを

洋室と和室の仕切りには、両面に合うデザインの戸襖(とぶすま)をおすすめします。

下地にベニヤ板を利用し、和室側には襖紙、洋室側にはクロスや木材などを貼り付けることで室内を調和する仕様です。

頑丈な引き戸になるため、重みや厚みを感じます。

吊り下げ式にしたり、レール部分の溝の掘り方を工夫したりすることで、扉の重さを軽減することが可能です。

経年劣化により、どちらか一方に反ってしまう場合があります。

③バリアフリー化するなら引き戸や折れ戸を

③バリアフリー化するなら引き戸や折れ戸を

バリアフリー化をするなら、引き戸や折れ戸をおすすめします。

立ち位置を変えずに、軽い力で開閉することができるため、高齢者のいる家庭に適したドアです。

吊り下げ式にすることで、下部のレールを取り除くことができ、段差をなくすことができます。

壁に引き戸を収納するスペースがない場合に、折れ戸を採用するといったケースもあります。

室内ドアのリフォームはDIYできる?

室内ドアのリフォームはDIYできる?

室内ドアのリフォームは、周辺の壁や天井に影響があるため、DIYをおすすめできません。

また、商品代についても、業者の方が安く仕入れることができる場合があります。

DIYできる施工内容は以下の通りです。

  • ドアノブの交換
  • ドアシートの貼り付け

ドア枠やドア本体の交換などは、商品代や施工内容の質を総合的にみて、業者に依頼することをおすすめします。

室内ドアをDIYする際には、広いスペースが必要となりますので、一般家庭には不向きといえるでしょう。

室内ドアの人気オプション5選

室内ドアの人気オプション5選

室内ドアの人気な5つのオプションは以下の通りです。

  • 少しの力で閉められる「ブレーキ機能」
  • 音漏れを防ぐ「遮音機能」
  • 子供の出入りを防ぐ「チャイルドロック機能」
  • ドアを閉めたまま換気する「ルーバー機能」
  • ペットの出入りを自由にする「くぐり戸」

それぞれのメリットを詳しく解説しますので、環境に合わせて必要な機能を選びましょう。

①少しの力で閉められる「ブレーキ機能」

引き戸や開き戸に付け加えることができるブレーキ機能には、ソフトクローズやドアクローザーといった形式があります。

それぞれの形式は以下の通りです。

ブレーキ機能の種類 形式
ソフトクローズ ドアが閉まり切る直前で減速し、ゆっくりと閉じる
ドアクローザー 開けたまま固定できるストッパー機能と、閉まり切る直前の減速が可能

上記のブレーキ機能は、指を挟んでしまうリスク軽減と、ドアを閉じる際の騒音を防止することができます。

②音漏れを防ぐ「遮音機能」

映画を大音量で鑑賞したい人や楽器を演奏する人は、音漏れを防ぐ遮音機能の付いたドアがおすすめです。

部屋の用途に合わせて、減音するレベルを調整することが必要になります。

用途に応じたdB値は以下の表の通りです。

用途 音量
ピアノ 100dB
ホームシアター 90dB
アコギ、ヴァイオリン 80dB

静かに生活できる音量は40~50dBといわれています。

ピアノを演奏する場合は、50dBの遮音性能があると、比較的静かに生活することが可能です。

③子供の出入りを防ぐ「チャイルドロック機能」

③子供の出入りを防ぐ「チャイルドロック機能」

小さな子供がいる場合は、子供の出入りを防ぐチャイルドロック機能をおすすめします。

子供の手の届かない、高い位置に施錠箇所を設けることで、突発的な事故を回避できます。

子供が勝手に家から出てしまうときや、料理中に調理器具を放置したまま、別の部屋に移動する際などにも役立つでしょう。

両面サムターンのタイプならワンタッチで施錠、開錠が可能です。

④ドアを閉めたまま換気する「ルーバー機能」

ドアに換気口がそなえ付けられている、ルーバー機能付きのドアもあります。

ワンタッチで換気口を開閉し、ドア閉めた状態のままで家中に風を通すことができるため、快適に過ごすことができます。

ニオイが籠らないようにしたり、家全体の酸素濃度を調節したりする際におすすめです。

⑤ペットの出入りを自由にする「くぐり戸」

小さなペットを飼っている家庭では、くぐり戸を設けることで、ドアの前で鳴かれることがなくなります。

また、ペットがドアノブに手を伸ばそうとして、ドア本体にキズを付けてしまうリスクを軽減することも可能です。

自由に出入りができるようになるため、ペットのストレスがなくなることが、一番の魅力といえるでしょう。

まとめ:室内ドアのリフォームに火災保険を活用しよう

まとめ:室内ドアのリフォームに火災保険を活用しよう

これまで、室内ドアのリフォームをする際の費用相場から、費用を安くする方法、扉の種類や特徴を解説しました。

室内ドアをリフォームする際は、環境に合ったドアの種類を選択することが大切です。

オプション付きのドアが必要な場合は、どのようなタイプのものがあるか確認しましょう。

なお、室内ドアのリフォームに火災保険が適用されるケースがあります。

1人で申請するのが難しい場合は、申請サポート業者を利用しましょう。

ミエルモは年間5,000件という業界No.1の調査実績を持ち、平均給付額は100万円以上を誇る業界最大手の申請サポート業者です。
手数料も他社と比べて控えめで、対応が丁寧だったなどの良い口コミも多数寄せられています。
また、細部にわたるまでチェックできるスキルを持った調査員が在籍しており、ドローンを使用した調査は行いません。
調査と顧客対応を分業しているため、問い合わせから1営業日以内に連絡するというスピード感のある対応が可能です。

「完全成果報酬制」のため調査費用は無料なので、ぜひ以下のボタンをタップして無料診断を受けてみてください。

今すぐ給付金額を確認する

※賃貸・区分・保険未加入は対象外

ミエルモ バナー

監修者情報

松岡諭司

松岡諭司

保有資格

宅地建物取引士/公認 不動産コンサルティングマスター

家業の不動産屋にて大規模不動産仲介に従事。その後、売上5,000億円規模の一部上場企業にて、25年以上不動産関連業務に携わり続けてきた。リフォームにも詳しい専門家。

コメント

タイトルとURLをコピーしました