壁に穴をあけてしまった!修理費用は火災保険が適用される?賃貸の場合は?

火災保険 壁に穴 火災保険を活用

今回の記事では、家の壁に穴があいてしまった時に火災保険が適用されるのかについて解説していきます。

「部屋の模様替えをしている時にうっかり壁に穴をあけてしまった……」

「子どもが遊んでいると壁に穴があいてしまっていた……」

このように家の壁に穴があいてしまう理由は様々です。

ですが、壁の修理費用が気になって、壁の穴を修繕することなく放置している方も少なくありません。

大きさにもよりますが、壁の穴の修繕はそれなりの費用がかかります

しかし、火災保険に加入していれば修繕費が補償される可能性があるかもしれません。

本記事では、壁の穴の修理にかかる費用や賃貸の壁に穴をあけてしまった場合に火災保険が適用されるのかについても紹介します。

ぜひ、この記事を参考にして自宅の壁の穴やへこみは火災保険の補償対象になるのか確認してみてください。

自宅の壁の穴の修理に火災保険を活用したい方は、「ミエルモ」で申請サポートを受けてみましょう。

ミエルモは年間5,000件という業界No.1の調査実績を持ち、平均給付額は100万円以上を誇る業界最大手の申請サポート業者です。
手数料も他社と比べて控えめで、対応が丁寧だったなどの良い口コミも多数寄せられています。
また、細部にわたるまでチェックできるスキルを持った調査員が在籍しており、ドローンを使用した調査は行いません。
調査と顧客対応を分業しているため、問い合わせから1営業日以内に連絡するというスピード感のある対応が可能です。

「完全成果報酬制」のため調査費用は無料なので、ぜひ以下のボタンをタップして無料診断を受けてみてください。

今すぐ給付金額を確認する

※賃貸・区分・保険未加入は対象外

ミエルモ バナー

壁の穴・へこみの修理は火災保険が適用される?

壁の穴・へこみの修理は火災保険が適用される?

実は、火災保険は契約内容にもよりますが壁の穴やへこみも補償してくれる場合があります。

壁の穴やへこみの修理が火災保険でできるということはあまり知られていません。

最初に、火災保険が補償してくれる被害は火災だけではないということを覚えておきましょう。

火災保険の適用内容

火災保険=火災被害だけの保険というイメージを持っている方は多くいます。

実は、火災保険は火災以外の自然災害による被害やその他の事故でも補償してくれる場合がある保険なんです。

火災保険の適用内容は以下のような被害が当てはまります。

・台風や大雨による風水害

・大雪による雪害

・雹災

・不慮の事故による破損

今回ご紹介している壁の穴については破損に相当しますので補償内容によっては火災保険が適用される可能性があります。

壁の穴の修理は火災保険が適用されない場合もある?

壁の穴やへこみの修理は火災保険が適用される可能性があると紹介しましたが、注意点があります。

それは、故意に壁の穴を開けてしまった場合は保険の対象範囲外ということです。

火災保険の補償内容は、あくまで事故の場合になりますので注意してください。

壁の穴の修理代はいくら?穴の大きさ別に紹介!

壁の穴の修理代はいくら?穴の大きさ別に紹介!

ここからは、壁の穴にかかる修理費用について紹介していきます。

もちろん、穴の大きさによって修理費用は大きく変わってきます。

なので、ここからは壁にあいた穴の大きさ別にかかる費用を紹介していきます。

壁の穴の修理費用:画鋲程度の大きさの場合

画鋲を使ってチラシや絵を壁に貼り付けた場合、壁に画鋲を刺すため穴があいてしまいます。

このような画鋲の穴程度であれば、費用はかからず修理業者を呼ぶほどのことでもありません。

専用のテープで目立たないようにするか、他の大きな穴の補修のついでに埋めてもらうなどしましょう。

壁の穴の修理費用:釘程度の大きさの場合

釘を使って壁に穴をあけた場合は、画鋲よりも目立つ穴になってしまうため、修理が必要になります。

自分で業者を呼ぶ場合の修理費用の相場は、5,000円程度です。

賃貸の場合、修理しないと貸主に修理費用の相場以上の費用が請求される可能性もあるので注意してください。

壁の穴の修理費用:直径10センチ程度の場合

部屋の模様替えをしている時などに家具を壁にぶつけてしまい、直径10センチ程度の穴があいてしまうこともあります。

直径10センチ程度の穴であれば、修理費用の相場は30,000円前後です。

このくらいの大きさの穴になるとかなり目立つので、早急に修理業者に連絡をとりましょう。

壁の穴の修理費用:複数個あった場合

壁にあいた穴を修理せずに放置したままで、気がつけば複数の穴があいていたということもあります。

複数の穴があいたような状態の修理にかかる費用の相場は、50,000円ほど。

しかし、穴の数と大きさによって修理費用は大きく変わってきます。

複数の業者に相見積もりをとるなどをして修理費の比較検討をしましょう。

壁の穴・へこみの修理を業者に依頼する際のポイント

壁の穴・へこみの修理を業者に依頼する際のポイント

壁の穴やへこみの修理は自分で行うというのは難しく、専門の修理業者に依頼しようとしている方もいるはずです。

そこで、ここでは信頼できる修理業者を選ぶポイントを3つ紹介します。

業者の中には悪質な手口でお金を騙し取る悪質業者もいます。

思わぬトラブルに巻き込まれてしまう可能性もあるので、十分に注意しましょう。

間違っても「料金が安いから」という理由だけで契約しないようにしてください。

壁の穴・へこみの修理業者を選ぶポイント①:実績がある

まずは、業者のホームページから過去の実績を確認してください。

ホームページを見ることで、今までどのような工事をしていたのかや何件の依頼を受けてきたのかなどの情報がわかります。

反対に、ホームページが無い業者には要注意が必要です。

ホームページを作っていない業者の信頼性はかなり薄いので、契約はおすすめしません。

壁の穴・へこみの修理業者を選ぶポイント②:見積書・契約書の内容がしっかりしている

次に、調査を依頼した後に業者が出してくる見積書と契約書の内容を確認しましょう。

信頼できる業者の見積書は、工事内容の内訳がしっかりと記載されており、また契約書にも料金に関する内容を明記しています。

その点、悪質な業者は見積書や契約書の内容が十分にされていません。

工事の内訳が曖昧な見積書や、料金に関する内容が全く記載されていない契約書など。

そのため、契約をする前には業者から出された書類には必ず目を通してください。

壁の穴・へこみの修理業者を選ぶポイント③:アフターサービスがある

契約する前にアフターサービスがついているかも確認しておいてください。

信頼できる業者であれば、保証期間はいつまでということを丁寧に説明してくれます。

アフターサービスがついていないと、工事を適当に済まして逃げるような悪質業者に出会う可能性もあるので注意しましょう。

壁の穴の修理に火災保険を活用したいなら「ミエルモ」に相談しよう

壁の穴を火災保険で修理するには「ミエルモ」がおすすめ

「壁の穴に火災保険が使えることは分かったけど、一人で申請できるか不安」

「うちの壁の穴に、火災保険を適用できるのか知りたい」

ここまで読んで、上記のように感じた方もいらっしゃることでしょう。

壁の穴の修理に火災保険を活用したい方には、申請サポート業者のミエルモへの相談がおすすめです。

ミエルモでは、損害保険適用のプロが保険申請の相談から保険金の受け取りまで徹底的にサポートします。

また、完全成功報酬なので調査で被害が見つからなかったり、給付金を受け取れなかったりした場合は無料です。

補償の対象となる被害の発見率は約8割以上で、給付金の平均額も100万円以上と高水準です。

顧問弁護士を有しており、万が一のトラブルに対するサポートもしてくれます。

給付金の使い道は、家の修理だけに限らず自由に使えるので、以下のボタンをタップしてぜひ無料診断を受けてみましょう。

今すぐ給付金額を確認する

※賃貸・区分・保険未加入は対象外

ミエルモ バナー

アパートなどの賃貸の壁に穴をあけてしまった…火災保険から修理費用は出る?

アパートなどの賃貸の壁に穴をあけてしまった…火災保険から修理費用は出る?

ここからは、アパートなどの賃貸している家の壁に穴があいてしまった場合に火災保険が適用されるかについて解説していきます。

自分が家主である持ち家と、家主から家を借りる賃貸物件では加入する火災保険の内容は少し変わります。

まずは下の表をご覧ください。

建物 家財 補償内容
火事で家が燃えた 火事で家財が燃えた 火災、爆発、破裂、落雷による損害を補償
台風で屋根が飛ばされた 台風で窓ガラスが割れ、建物内の家財が破損した 風災、ひょう災、雪災による損害を補償
大雨で家が浸水した 雨で家内の家具まで浸水した 水災による損害を補償
水濡れが起きた 泥棒が入り家財を盗まれた 盗難、建物の外部からの物体の衝突、労働争議等に伴う破壊行為、水濡れなどによる損害を補償
うっかり窓ガラスを割ってしまった 部屋の模様替え時にテレビをおとしてしまった 上記以外の偶然な事故による破損などの損害を補償

上記の表は、火災保険の補償内容の被害を補償対象である建物と家財で分けた表です。

火災保険は持ち家の場合、建物のみ・家財のみ・両方のいずれかを選び契約します。

もし、事故で壁に穴が空いた場合、上の表にある「建物」の「うっかり窓ガラスを割ってしまった」と同様のパターンとなります。

なので、「上記以外の偶然な事故による破損などの損害を補償」に当てはまるということ。

つまり、火災保険の補償対象を建物のみ、もしくは建物と家財の両方に入っている人は補償される可能性があります。

しかし、賃貸の場合は加入する火災保険の補償対象に建物が含まれないので、注意してください。

何で賃貸の火災保険は建物が補償対象に含まれない?

賃貸の場合ですと、建物は家主が所有者となるので、建物を補償対象にした火災保険に加入するのは所有者である家主になります。

そのため、賃貸の借主は基本的に家財のみに加入することになるんです。

家の壁は建物の破損ですので、家財のみ加入している賃貸の人は補償されることはありません。

賃貸契約には原状回復義務といった元の状態に戻して部屋を返さないといけないという取り決めがあります。

なので、賃貸の人は壁に穴を空けてしまわないよう気をつけてください。

賃貸の壁の穴・へこみは退去の前に必ず修理・修復しないといけない

上記でも説明しましたが、賃貸契約の場合は原状回復義務というルールがあります。

これは、退去する際には自分が借りる前の状態の部屋に戻さないといけないということ。

壁の穴やへこみを放置して退去しようとすると、退去時に家主から修理費を請求されます。

自分で業者を呼んで修理を依頼したほうが費用が安くなる場合もあるので、賃貸の壁を壊してしまった場合は必ず修復しておきましょう。

壁を壊してしまったら修理の前に入っている火災保険の確認!

壁を壊してしまったら修理の前に入っている火災保険の確認!

いかがだったでしょうか。

火災保険で建物の補償がある契約をしている人は壁の穴の修繕費の補償がある可能性が高いです。

誤って壁に穴をあけてしまった場合は、諦めずに火災保険の契約を確認をしてみてください。

保険金の支払いを受けることができるかもしれません。

ただし、賃貸の場合は壁の穴やへこみの修理費用は火災保険の適用外です。

退去の際に家主から修理費用が請求される可能性があるので注意が必要です。

自宅の壁の穴の修理に火災保険を活用したい方は、「ミエルモ」で申請サポートを受けてみましょう。

ミエルモでは、損害保険適用のプロが保険申請の相談から保険金の受け取りまで徹底的にサポートします。

また、完全成功報酬なので調査で被害が見つからなかったり、給付金を受け取れなかったりした場合は無料です。

補償の対象となる被害の発見率は約8割以上で、給付金の平均額も100万円以上と高水準です。

顧問弁護士を有しており、万が一のトラブルに対するサポートもしてくれます。

給付金の使い道は、家の修理だけに限らず自由に使えるので、以下のボタンをタップしてぜひ無料診断を受けてみましょう。

今すぐ給付金額を確認する

※賃貸・区分・保険未加入は対象外

ミエルモ バナー

コメント

タイトルとURLをコピーしました