システムキッチンにリフォームする費用相場は?安く抑えるコツやよくあるトラブルも解説!

システムキッチンにリフォームする費用相場は?安く抑えるコツやよくあるトラブルも解説! 水回り

「キッチンをシステムキッチンに変えたいけど相場が分からない」

「リフォームしたいけど失敗したくない」

このような悩みに答えるために、この記事ではリフォームにかかる費用相場や、トラブルに関する注意点などを徹底解説します

また、費用を抑える方法として火災保険が活用できるケースも紹介するので参考にしてください。

システムキッチンのリフォームには、火災保険を使える可能性があります。

火災保険の申請が不安な場合は、申請サポート業者のミエルモを利用するのがおすすめです。

ミエルモは年間5,000件という業界No.1の調査実績を持ち、平均給付額は100万円以上を誇る業界最大手の申請サポート業者です。
手数料も他社と比べて控えめで、対応が丁寧だったなどの良い口コミも多数寄せられています。
また、細部にわたるまでチェックできるスキルを持った調査員が在籍しており、ドローンを使用した調査は行いません。
調査と顧客対応を分業しているため、問い合わせから1営業日以内に連絡するというスピード感のある対応が可能です。

「完全成果報酬制」のため調査費用は無料なので、ぜひ以下のボタンをタップして無料診断を受けてみてください。

今すぐ給付金額を確認する

※賃貸・区分・保険未加入は対象外

ミエルモ バナー

  1. システムキッチンにリフォームする費用相場は?
    1. 戸建てのキッチンをリフォームする場合
    2. マンションのキッチンをリフォームする場合
  2. システムキッチンにリフォームする工事期間の目安
  3. キッチンのリフォームを依頼すべき業者3選
    1. 全面リフォームに伴う場合なら「ハウスメーカー」
    2. 強い個性やデザイン性を求めるなら「リフォーム会社」
    3. 費用を出来るだけ抑えたいなら「工務店」
  4. キッチンのリフォームには火災保険が使える可能性も
  5. キッチンのリフォームで失敗しないためのコツ4選
    1. ①キッチンの不満点をメモに書き起こす
    2. ②キッチンに必要な設備を前もって決めておく
    3. ③キッチンのレイアウトを確かめる
    4. ④キッチンの換気や湿気対策の確認
  6. キッチンのリフォームを安く抑えるコツ3選
    1. ①壁のアレンジや棚の設置をDIYでする
    2. ②複数の会社から見積もりを取って内容を確認する
    3. ③事前に追加料金が発生しないか確認する
  7. キッチンのリフォームでよくあるトラブル5選
    1. ①キッチンの高さが合わない
    2. ②コンセントが届かない
    3. ③キッチンの床板が合わない・汚れやすい
    4. ④設置したパントリーが使いにくい
    5. ⑤キッチンの作業スペースが狭くなった
  8. キッチンを変えたら床はどうする?サイズ変更なら張り替えを
  9. まとめ:システムキッチンへのリフォーム費用を安くしたいなら火災保険を活用しよう

システムキッチンにリフォームする費用相場は?

システムキッチンにリフォームする費用相場は?

まずは、システムキッチンをリフォームする費用を戸建てとマンションに分けて解説します

それぞれの費用とリフォームの例を下記の表にまとめたので、ご覧ください。

費用 中心価格帯 リフォームの例
戸建て 40〜500万円 100〜150万円 ・L字型
・対面型
・コの字型
・アイランド
マンション 30〜300万円 60〜90万円 ・L字型
・対面型
・ウッド新調
・オールステンレス

戸建てとマンションでは、リフォームできる範囲が異なるため、費用相場に違いあります。

戸建てのキッチンをリフォームする場合

キッチンのリフォームはレイアウトの変更や、キッチンの種類により費用が前後します。

戸建てのキッチンをリフォームする際にかかる費用の目安は以下の通りです。

リフォームの種類 費用 詳しいリフォーム内容
I型→新型のI型キッチンへ 40〜80万円 新型キッチン導入
I型→対面キッチンへ 80〜125万円 I型キッチン撤去、対面キッチン導入
アイランドキッチンの導入 150〜300万円 キッチン移動、アイランドキッチン導入
ペニンシュラキッチンの導入 200〜300万円 キッチン撤去、ペニンシュラキッチン導入
I型→コの字型キッチンの導入 300〜500万円 I型キッチン撤去、コの字型キッチン導入

戸建てではさまざまなリフォームが可能ですが、上記5つは特に人気です。

キッチンを設置する場所の状態によっては、補修や張り替えなどの追加費用が必要なケースがあります。

マンションのキッチンをリフォームする場合

マンションでのリフォームは、管理規約によってリフォームできる内容が限られます。

管理規約はマンションによって異なるため、必ず確認するようにしましょう。

リフォームにかかる大まかな費用は以下を参考にしてください。

リフォームの種類 費用 詳しいリフォーム内容
I型→L字型キッチンへ 30〜100万円 I型キッチン撤去、L字型キッチン導入
L型→対面型キッチンへ 50〜120万円 L字型キッチン撤去、対面型キッチン導入
ウッドメインのキッチンへ 80〜150万円 既存キッチン撤去、ウッドキッチン新調
オールステンレスキッチンへ 300〜600万円 既存キッチン撤去、オールステンレスキッチン導入

マンションのキッチンリフォームは、形を変えるリフォームよりも、素材を変えるリフォームの方が多いようです。

システムキッチンにリフォームする工事期間の目安

システムキッチンにリフォームする工期の目安

システムキッチンにリフォームする際の工事期間は、2日〜1ヶ月です。

工事期間はリフォームの種類や規模によって大きく異なります。

以下の表で、詳しい工事期間を紹介します。

リフォームの種類 工事期間 水が使えない期間 作業例
キッチンの交換 2日〜1週間 1〜2時間程度 同型の新キッチン導入
デザインの変更 1〜2週間 1〜2時間程度 ウッド新調
レイアウトの変更 2週間〜1ヶ月 1〜4時間程度 I型→対面型キッチン

水が使えない期間は工事初日の給排水、電気工事の際が一般的です。

それ以降は工事中であっても水が使えるため、トイレやお風呂に長時間入れないといった心配はないでしょう。

工事期間はキッチンを海外から取り寄せたり、オーダーメイドしたりすると、さらに時間がかかります。

キッチンのリフォームを依頼すべき業者3選

キッチンのリフォームを依頼すべき業者3選

キッチンの予算を組んだら、次に気になるのはリフォームの依頼先ではないでしょうか。

リフォーム業者は工務店やハウスメーカー、リフォーム会社など選択肢が多岐にわたるため、どの業者にリフォームをお願いすれば良いか分からない人もいるでしょう。

システムキッチンのリフォームは、以下の業者に依頼するのがおすすめです。

  • ハウスメーカー
  • リフォーム会社
  • 工務店

それぞれの強みや特徴を解説するので、予算や条件など、優先順位を考慮しながら検討してください。

全面リフォームに伴う場合なら「ハウスメーカー」

キッチンの全面リフォームを検討している人には、ハウスメーカーがおすすめです。

ハウスメーカーでは、リフォームや建築などで多くの実績がある分、ノウハウや技術に優れている傾向にあります。

品質も一定しているため、キッチン全てを一新するなど、難しいリフォームでも安心して依頼することが可能です。

しかし、同時に他の業者よりもリフォーム費用が割高といったデメリットもあるため、予算としっかり相談する必要があります。

強い個性やデザイン性を求めるなら「リフォーム会社」

個性があり、デザイン性の高いキッチンにしたい人には、リフォーム会社がおすすめです。

リフォームのみを専門に扱うリフォーム会社は、パック商品以外にも取っ手の形、コンロなどを細かく選ぶことができます。

また、設置可能であれば会社によっては、カタログ外の商品からでも取り付けることが可能です。

デメリットとして、追加費用がかかるケースや営業のしつこさがあります。

リフォーム会社に依頼を考える場合は、会社を吟味する必要があると言えるでしょう。

費用を出来るだけ抑えたいなら「工務店」

費用を出来るだけ抑えたいなら「工務店」

リフォームの費用をなるべく抑えたい人は、工務店に依頼しましょう。

工務店は、広告にコストをかけないなどの理由から、低価格でのリフォームが可能です

また、工務店によっては30年の長期保証などアフターサービスもしっかり行っているため、安心してリフォームを任せることができます。

基本的に技術の高さに定評のある工務店ですが、店によってはリフォーム技術にばらつきがあることも考えられるため、依頼する際は慎重に口コミなどをチェックしてください。

キッチンのリフォームには火災保険が使える可能性も

キッチンのリフォームには火災保険が使える可能性も

キッチンのリフォームには、火災保険を利用できるケースがあります。

特に、以下の理由でリフォームが必要になった人は補償を受けられる可能性が高いです。

  • 雷や火事などでキッチン設備が壊れた
  • 排水管の詰まりから水漏れが生じた
  • 洪水が起こり床上浸水してしまった

少しの床上浸水や水漏れでも火災保険が適用される可能性があるため、ぜひ申請してみましょう。

火災保険の申請が難しいと感じる人には、申請サポート業者であるミエルモを利用するのがおすすめです。

ミエルモは年間5,000件という業界No.1の調査実績を持ち、平均給付額は100万円以上を誇る業界最大手の申請サポート業者です。
手数料も他社と比べて控えめで、対応が丁寧だったなどの良い口コミも多数寄せられています。
また、細部にわたるまでチェックできるスキルを持った調査員が在籍しており、ドローンを使用した調査は行いません。
調査と顧客対応を分業しているため、問い合わせから1営業日以内に連絡するというスピード感のある対応が可能です。

「完全成果報酬制」のため調査費用は無料なので、ぜひ以下のボタンをタップして無料診断を受けてみてください。

今すぐ給付金額を確認する

※賃貸・区分・保険未加入は対象外

ミエルモ バナー

キッチンのリフォームで失敗しないためのコツ4選

キッチンのリフォームで失敗しないためのコツ4選

キッチンのリフォームで失敗しないためのコツにはどのようなものがあるのでしょうか。

リフォームで失敗しないためにも、ここでは失敗しないための方法について紹介します

キッチンリフォームで失敗しないコツは、以下の4つです。

  • キッチンの不満点をメモに書き起こす
  • キッチンに必要な設備を前もって決めておく
  • キッチンのレイアウトを確かめる
  • キッチンの寒気や湿気対策の確認する

それぞれ詳しくみていきましょう。

①キッチンの不満点をメモに書き起こす

まずは、キッチンのどこに不満があるのかをメモに書き起こすことがおすすめです。

文字にすることで考えを整理できる上、依頼する際にもスムーズに話が進みます。

不満点はキッチンの高さや広さ、使いやすさなど思いついたことを何でも書きましょう。

間取り図も用意しておくと、リフォームが完成したときのイメージが湧きやすいのでおすすめです。

②キッチンに必要な設備を前もって決めておく

キッチンのリフォームで失敗しないためには、前もって必要な設備を決めておくことが大切です。

人によってはリフォームの後に「あの設備も欲しかった」など後悔することがあります。

反対に、つけても使わない設備も後悔の元です。

快適なキッチンにリフォームするためにも、必要な設備を書き出すことや家族で話し合うなど、あらかじめ対策を立てておくことをおすすめします。

③キッチンのレイアウトを確かめる

③キッチンのレイアウトを確かめる

キッチンリフォームに失敗しないためには、キッチンのレイアウトを確かめることが大切です。

キッチンのレイアウト次第では食器棚の位置が遠くなったり、冷蔵庫が遠くなったりと、調理スペースから頻繁に動く必要があります。

リフォーム前よりもキッチンの使い勝手が悪くなるため、リフォーム自体を後悔してしまう人いるでしょう。

そうならないためにも、レイアウトは動線を意識しながら確かめていきましょう。

④キッチンの換気や湿気対策の確認

リフォームの際、キッチンの換気や湿気対策を確認することも大切です。

特に独立型のキッチンから対面型のキッチンへ変更した場合、換気の問題が起こります。

換気扇の排気量、コンロの種類よっては、リビングまで臭いが流れ込むことがあるため注意が必要です。

また、キッチンに窓がないなど換気が悪い場合はカビが繁殖しやすいため、きちんと湿気対策を取ることが大切です。

キッチンのリフォームを安く抑えるコツ3選

キッチンのリフォームを安く抑えるコツ3選

キッチンのリフォームは、数万〜数百万円の費用が発生する大掛かりな工事です。

そのため、可能な限り費用を抑えたい人も多いことでしょう。

以下では、キッチンのリフォーム費用を抑えるコツを3つ解説します。

  • 壁のアレンジや棚の設置をDIYでする
  • 複数の会社から見積もりを取って内容を確認する
  • 事前に追加料金が発生しないか確認する

無駄な費用を発生させないようしっかりと確認しましょう。

①壁のアレンジや棚の設置をDIYでする

壁や床の張り替え、棚の設置はDIYでも対応できます。

材料集めや施工に労力はかかりますが、業者に頼むよりも費用は格段に抑えられます

特に床の張り替えはシートタイプや、置くだけで施工できるものを選ぶことで、簡単に張り替えることが可能です。

また、DIYに自信がある人は、棚の設置を行ってみてもいいでしょう。

しかし、コンロなどガス管の接続が必要な箇所は資格が必要です。

危険な箇所の施工は必ずプロに任せるようにしてください。

②複数の会社から見積もりを取って内容を確認する

見積もりは複数の会社から取りましょう。

これを相見積もりと言います。

1つの会社だけでは、他と費用を比べられないため、価格が適切かどうかを判断できません。

ぼったくり被害に遭わないためにも、複数の業者から見積もりを取り、納得いく価格で依頼することをおすすめします

③事前に追加料金が発生しないか確認する

③事前に追加料金が発生しないか確認する

土台部分が予想以上に傷んでいたなど、リフォームの後、追加で料金が発生してしまうことがあります。

リフォーム中にプランを変更するなどの例外を除き、本来ならば見積書に記載された料金以外は支払う必要はありません。

追加料金の発生を見分けるには、見積書の備考欄に、追加工事の可能性が記載されていないかを確認するようにします。

そこから追加料金がかかる可能性を確認できるため、見積書はしっかりチェックしておきましょう。

また、事前にリフォーム予算を伝えておくことでも、追加料金の発生を防ぐことができます。

キッチンのリフォームでよくあるトラブル5選

キッチンのリフォームでよくあるトラブル5選

キッチンのリフォームが終了した後、以下のトラブルが起こる可能性が考えられます。

  • キッチンの高さが合わない
  • コンセントが届かない
  • キッチンの床板が合わない、汚れやすい
  • 設置したパントリーが使いにくい
  • キッチンの作業スペースが狭くなった

特に初めてリフォームを経験する人は、上記トラブルに遭う可能性が高いです。

後悔しないためにも以下で詳しく確認していきましょう。

①キッチンの高さが合わない

キッチンの高さは、快適に料理をする上で欠かせません。

しかし、新しいキッチンを導入して、高さが合わないことに気づくことがあります。

事前に今のキッチンと、新しく導入するキッチンの高さを調べれば予防できます。

後悔しないためにも、キッチンの高さはしっかりと確認しましょう。

自分に合ったキッチンの高さは「身長÷2+5cm」で割り出すことが可能です。

例えば身長が158.6cmであれば、84cmが適切なキッチンの高さになります。

②コンセントが届かない

新しくキッチンを入れ替える際、元のコンセントとの距離が開き、届かなくなることがあります。

一般的にキッチンにはレンジやトースターなどの家電製品が多いため、コンセントの位置は家電製品の使いやすさを目安にします。

またコンセントは手の届きやすい、腰上あたりに設置すると使い勝手が良いとされています。

そのため、高さに悩んだ場合は腰上辺りの位置にコンセントがあるとイメージして、動線をシミュレーションしてみましょう。

③キッチンの床板が合わない・汚れやすい

③キッチンの床板が合わない・汚れやすい

キッチンの床材によっては油汚れなど落ちにくく、汚れやすいものがあります。

また、種類によっては水に弱く、滑りやすいものがあるため危険です。

仮にそのような床材を選んでしまった場合は、キッチンマットなどで対策を立てる必要があります。

しかし、中にはキッチンマットをおきたくないと考える人もいるでしょう。

キッチンの床をリフォームする際は、床材は掃除しやすいか、滑りにくいかなど機能を考慮した上で選ぶようにしましょう。

④設置したパントリーが使いにくい

収納を増やせるパントリーですが、パントリーの設置によって、キッチン内で動けるスペースが狭くなることがあります。

またパントリーは横に狭く、奥が深い構造では物が取り出しにくいため、ストレスを感じるでしょう。

さらに開口部が狭い場合は、風通しの悪さからカビの発生源になることもあります。

リフォーム後のトラブルを防ぐためにも、パントリーを設置しても作業スペースがしっかりとれるか、物が取り出しやすくなっているかを考える必要があります。

⑤キッチンの作業スペースが狭くなった

キッチンのリフォームによって意外と発生しやすいのが、キッチンの作業スペースが狭くなるという問題です。

特にキッチンから対面キッチンに変更した際に起こりやすいトラブルになります。

一見すると、対面キッチンは面積が広いため、作業スペースが広くなると感じます。

しかし、設置するシンクや電化製品などによってはスペースが狭まることがあるため、注意が必要です。

また単純にキッチン面積が広くなることで、通路のスペースが狭くなり、せっかくの使い勝手の良さを犠牲してしまうこともあります。

キッチンを変えたら床はどうする?サイズ変更なら張り替えを

キッチンを変えたら床はどうする?サイズ変更なら張り替えを

キッチンのリフォームと共に床の張り替えを検討する人もいることでしょう。

床の張り替えは、目安としてキッチンのサイズやタイプ、位置を変更するなど大がかりな場合に行います。

基本的にリフォームは、キッチンと床板など、まとめて行う場合は費用が安くなることが多くあります。

大がかりなキッチンのリフォームは同時に床板を剥がすことになるため、ついでに床のリフォームを行うことで、リフォームを費用を安く抑えることが可能です。

予算によっては床のリフォームも一緒に行いましょう。

まとめ:システムキッチンへのリフォーム費用を安くしたいなら火災保険を活用しよう

まとめ:システムキッチンへのリフォーム費用を安くしたいなら火災保険を活用しよう

対面型やアイランドキッチンなど、システムキッチンのリフォームはバラエティに富んでいます。

施工を開始する前に検討、確認することで、快適に使用できるキッチンへとリフォームを成功させてください。

安く済ませるにはDIYを検討しますが、キッチンのリフォームを行う際、危険な箇所の工事も含まれるため、資格を持つプロに依頼するようにします。

どうしてもリフォーム費用を抑えたいと考える場合は、火災保険の利用がおすすめです。

しかし、初めて火災保険を申請する場合、どういった手順を踏めば良いのか分からない人ももいるでしょう。

火災保険の申請が不安な場合は、申請サポート業者のミエルモを利用するのがおすすめです。

ミエルモは年間5,000件という業界No.1の調査実績を持ち、平均給付額は100万円以上を誇る業界最大手の申請サポート業者です。
手数料も他社と比べて控えめで、対応が丁寧だったなどの良い口コミも多数寄せられています。
また、細部にわたるまでチェックできるスキルを持った調査員が在籍しており、ドローンを使用した調査は行いません。
調査と顧客対応を分業しているため、問い合わせから1営業日以内に連絡するというスピード感のある対応が可能です。

「完全成果報酬制」のため調査費用は無料なので、ぜひ以下のボタンをタップして無料診断を受けてみてください。

今すぐ給付金額を確認する

※賃貸・区分・保険未加入は対象外

ミエルモ バナー

監修者情報

松岡諭司

松岡諭司

保有資格

宅地建物取引士/公認 不動産コンサルティングマスター

家業の不動産屋にて大規模不動産仲介に従事。その後、売上5,000億円規模の一部上場企業にて、25年以上不動産関連業務に携わり続けてきた。リフォームにも詳しい専門家。

コメント

タイトルとURLをコピーしました