コッパーを使っておしゃれなアンティーク風の部屋に!インテリアの取り入れ方も紹介

コッパー アイキャッチ 内装

今回の記事では、コッパー(カッパー)を使ったインテリアへの取り入れ方をご紹介します。

インテリア好きの主婦に人気の”コッパー(カッパー)”とは何かご存知ですか?

コッパーを置くだけでおしゃれな空間へ生まれ変わる、と言われるほど大人気ですが、そもそもコッパーとは何?と疑問に思う人も多いはず。

そこで、本記事ではコッパー(カッパー)の基礎知識からおしゃれな取り入れ方まで徹底解説していきます。

コッパーを取り入れたおしゃれなリフォーム方法を知りたいという方にも参考になる内容です。

ぜひ、この記事を参考にしながら自宅に素敵なコッパーアイテムを取り入れておしゃれ部屋へリフォームしてみてください。

なお、コッパーアイテムの購入費用を少しでも安くしたい場合は、火災保険の給付金の利用を検討しましょう。

火災保険の給付金は使い道が自由であり、申請サポート業者を利用すれば、簡単に申請できます。

数ある業者の中でも、ミエルモは年間5,000件という業界No.1の調査実績を持ち、平均給付額は100万円以上を誇る業界最大手です。
手数料も他社と比べて控えめで、対応が丁寧だったなどの良い口コミも多数寄せられています。
また、細部にわたるまでチェックできるスキルを持った調査員が在籍しており、ドローンを使用した調査は行いません。
調査と顧客対応を分業しているため、問い合わせから1営業日以内に連絡するというスピード感のある対応が可能です。

「完全成果報酬制」のため調査費用は無料なので、ぜひ以下のボタンをタップして無料診断を受けてみてください。

今すぐ給付金額を確認する

※賃貸・区分・保険未加入は対象外

ミエルモ バナー

copper(コッパー/カッパー)とは?

copper(コッパー/カッパー)とは?

まずは、コッパーについて紹介していきます。

そもそも、copper(コッパー/カッパー)という名前に聞き慣れない方も多いかもしれません。

コッパーとは素材の名前を指す名称ですが、実は身近なところにコッパーはたくさん使われています。

そこで、ここからは日本人にも馴染み深いコッパーの意味や人気の秘密となっているその色について紹介していきます。

copper(コッパー/カッパー)の意味

コッパーとは金属類の銅(どう)のこと。

訓読みでは銅(あかがね)と呼びます。

英語表記だとcopperとなり、読み方は”コッパー”あるいは”カッパー”。

コッパーは、なんと人類が初めて手にした金属なんです。

加工しやすい素材として紀元前から石器や硬貨として人々に親しまれ、ローマ時代ではコッパーのアクセサリーも流通していたとのこと。

日本でも弥生時代からコッパーが石器として使われ、その後長崎を中心に全国で多くのコッパーが発掘されました。

身近なところでは、10円玉にコッパーが95%使用されているんです。

昔ながらの喫茶店でもコッパーのカップが多く使用されていたので、幅広い年代にも愛されている素材になっています。

copper(コッパー/カッパー)の色

コッパーの色は美しい赤茶色をしています。

光の当たり具合や経過によってピンクやゴールド、深みのある茶色などさまざまな表情を見せてくれるのがコッパーの特徴。

最近では華やかなローズやゴールドを合成したコッパーカラーが人気を呼び、モノトーンやウッド調インテリアに合わせる人が増えています。

特に、アンティークやレトロ感を好む人にコッパーは大人気

茶色が強いコッパーは男前インテリアによく合い、ピンクがかったコッパーはロマンチックなインテリアを好む方に選ばれています。

このように、幅広いインテリアに合うのがコッパーの大きな魅力です。

copper(コッパー/カッパー)とbronze(ブロンズ)の違いは?

copper(コッパー/カッパー)とbronze(ブロンズ)の違いは?

ここからは、コッパーとブロンズの違いについて紹介していきます。

コッパーを見て「これはブロンズでは?」と思う方もいるかもしれません。

しかし、コッパーとブロンズは同じように見えて異なるもの。

そんなコッパーとブロンズの大きな違いは素材にあります。

コッパーの素材は”銅”ですが、ブロンズの素材は”青銅”。

色合いもそれぞれ特徴があり、コッパーは赤茶色をしているのに対してブロンズは青緑色です。

また、時間の経過によって色が変わることもブロンズの特徴。

月日が経つと青緑から次第に黄色っぽさを増し、その次は白銀色へと移り変わります。

合金である青銅は100%銅で作られたものよりサビにくく、10円玉や銅像、大砲にも採用されています。

また青銅には合成する素材ごとに、アルミニウム青銅、すず青銅、マンガン青銅、ニッケル青銅などがあり、それぞれ耐水性や摩擦性に優れるなど特色があります。

copper(コッパー/カッパー)を家に取り込むとどうなる?

copper(コッパー/カッパー)を家に取り込むとどうなる?

インテリアにこだわりたい、おしゃれな部屋に変えたい!そんな時はぜひコッパーを取り入れてみましょう。

はるか昔から伝わるコッパーは、アンティークでレトロな雰囲気を部屋に出してくれます。

コッパーの輝きはほかの素材では出せない美しさで、部屋の一角に置けばその空間が温かい雰囲気に包まれて癒やしの空間に。

コッパーには小物から家具、照明や調理器具など多彩なアイテムが見つかるので、気になるものから選んでみましょう。

アンティーク風のインテリアのみならず、シンプルなモノトーン調のお部屋、カラフルでキュートなお部屋にもマッチします。

大人の雰囲気を出したい人は深い茶色のコッパーを、ポップで女性らしい雰囲気が好きな人はピンクっぽいコッパーなどがおすすめ。

また、職人が手掛けたこだわりのコッパーを選べば、クラシカルで味わい深い雰囲気を楽しめます。

お部屋の雰囲気に合わせてコッパーをぜひ取り入れてみてください。

なお、コッパーアイテムの購入費用を少しでも安くしたい場合は、火災保険の給付金の利用を検討しましょう。

火災保険の給付金は使い道が自由であり、申請サポート業者を利用すれば、簡単に申請できます。

数ある業者の中でも、ミエルモは年間5,000件という業界No.1の調査実績を持ち、平均給付額は100万円以上を誇る業界最大手です。
手数料も他社と比べて控えめで、対応が丁寧だったなどの良い口コミも多数寄せられています。
また、細部にわたるまでチェックできるスキルを持った調査員が在籍しており、ドローンを使用した調査は行いません。
調査と顧客対応を分業しているため、問い合わせから1営業日以内に連絡するというスピード感のある対応が可能です。

「完全成果報酬制」のため調査費用は無料なので、ぜひ以下のボタンをタップして無料診断を受けてみてください。

今すぐ給付金額を確認する

※賃貸・区分・保険未加入は対象外

ミエルモ バナー

copper(コッパー/カッパー)のおしゃれな取り入れ方5選

copper(コッパー/カッパー)のおしゃれな取り入れ方5選

ここからは、コッパーのおしゃれな取り入れ方を紹介していきます。

ツヤ感が美しいながらも控えめな色合いのコッパーは、どんなインテリアにもマッチすることが大きな特徴。

金属素材であるため男性っぽさを感じる方も多いですが、ピンクゴールドにも見える繊細なコッパーは女性らしいお部屋にも溶け込みやすいので大変おすすめです。

アンティーク風の部屋へリフォームしたい、という方にコッパーはマストアイテム。

ぜひここでご紹介するコッパーのおしゃれな取り入れ方を参考にしてみてください。

それでは、コッパーを取り入れる5つのポイントを紹介していきます。

copper(コッパー/カッパー)の取り入れ方1:照明

さり気なくお部屋に取り入れるなら、コッパーを使用した照明を選んでみてください。

コッパーを採用した照明器具には、ランプシェードやペンダントタイプが見つかります。

コッパー製の照明は、ランプを灯すと部屋の中に木漏れ日のような光が漏れてとても幻想的。

喫茶店のようなアンティーク風を好む人には大変おすすめのアイテムです。

間接照明としてもコッパーを取り入れてみても、部屋の雰囲気が変わります。

copper(コッパー/カッパー)の取り入れ方2:時計

殺風景な壁に彩りを添えるなら、コッパーの掛け時計をおすすめします。

丸いふちの部分や針がコッパーになった掛け時計は、シンプルながらもゴールドのような輝きを見せてくれます。

掛け時計以外にも、コッパー製の目覚まし時計や小さな置き時計が大変人気。

温かみのあるコッパーが、アナログ時計に良い味を出しています。

使い続けるほどに深みのある色に変色する所も、コッパーを愛用し続ける楽しみのひとつ。

ぜひ、センスの良いコッパー製の時計を探してみてください。

copper(コッパー/カッパー)の取り入れ方3:小物

シンプルながらも大人で華やかなインテリアに仕上げたい時は、コッパー製の小物をいくつか取り入れてみてください。

コッパー製のインテリア小物には、花瓶やモチーフの置物、茶筒といった変わったアイテムが見つかります。

さり気なく取り入れたい方にはコッパー製のトレーがおすすめ。

アンティークな美しい輝きを見せるコッパーのトレーに、アクセサリーやサングラスなどを置いてみましょう。

プラスチックや木製とは違う、金属の温もりや味わい深い雰囲気が魅力です。

中には職人がハンマーで叩いて槌目(つちめ)を付けて仕上げたトレー、模様を描いたトレー、サビを模様に仕立てたトレーなど種類も豊富にあります。

copper(コッパー/カッパー)の取り入れ方4:調理器具

キッチンインテリアにこだわるなら、コッパー製の調理器具はぜひ取り入れるべきアイテムです。

コッパー製の美しい輝きを放つ鍋やフライパンを置くだけで、キッチンが明るく華やかに。

また、コッパーは伝導率が高く最高800度以上の高温にも耐える特性があるので、煮物はスピーディーかつふっくらと仕上がります。

取手にゴールドカラーを採用したタイプも多く、コッパーは北欧インテリアにも良く合います。

良い物を長年愛用し続けたい、そんな方はぜひコッパーを選び、使い込むほどに変わる変化を楽しんでください。

copper(コッパー/カッパー)の取り入れ方5:家具の脚

テーブルや椅子の脚にコッパーがあしらわれた家具もおすすめ。

キッチンの椅子の脚にメタル感あるコッパーを取り入れればゴージャスな雰囲気になります。

サイドテーブルの脚にコッパーを取り入れれば、カフェのような落ち着いた空間を演出

木製や布製などの異素材にもコッパーは馴染みやすく、カラフルな部屋にも無機質な部屋にも相性は抜群です。

よりレトロ感を出したい場合は、コッパーがあしらわれたテーブルを探してみましょう。

テーブルの脚の部分に繊細な模様が描かれたコッパーが採用されたタイプや、テーブルの天板もコッパー製のタイプもあります。

copper(コッパー/カッパー)を取り入れておしゃれなアンティーク風の部屋にコーディネートしよう

copper(コッパー/カッパー)を取り入れておしゃれなアンティーク風の部屋にコーディネートしよう

いかがだったでしょうか。

今回はコッパーの基礎知識からインテリアへの取り入れ方をご紹介しました。

アンティーク風にコーディネートするなら、クラシカルな雰囲気を持つコッパーはぴったり。

コッパーをひとつ取り入れるだけでおしゃれ部屋へリフォームできます。

この機会に職人が手掛けるコッパーのアイテムを探してみてください。

なお、コッパーアイテムの購入費用を少しでも安くしたい場合は、火災保険の給付金の利用を検討しましょう。

火災保険の給付金は使い道が自由であり、申請サポート業者を利用すれば、簡単に申請できます。

数ある業者の中でも、ミエルモは年間5,000件という業界No.1の調査実績を持ち、平均給付額は100万円以上を誇る業界最大手です。
手数料も他社と比べて控えめで、対応が丁寧だったなどの良い口コミも多数寄せられています。
また、細部にわたるまでチェックできるスキルを持った調査員が在籍しており、ドローンを使用した調査は行いません。
調査と顧客対応を分業しているため、問い合わせから1営業日以内に連絡するというスピード感のある対応が可能です。

「完全成果報酬制」のため調査費用は無料なので、ぜひ以下のボタンをタップして無料診断を受けてみてください。

今すぐ給付金額を確認する

※賃貸・区分・保険未加入は対象外

ミエルモ バナー

監修者情報

松岡諭司

松岡諭司

保有資格

宅地建物取引士/公認 不動産コンサルティングマスター

家業の不動産屋にて大規模不動産仲介に従事。その後、売上5,000億円規模の一部上場企業にて、25年以上不動産関連業務に携わり続けてきた。リフォームにも詳しい専門家。

コメント

タイトルとURLをコピーしました