寝室の壁紙を張り替えするなら知っておきたいポイント!おすすめの色や費用相場は?

寝室の壁紙を張り替えするなら知っておきたいポイント!おすすめの色や費用相場は? 内装

「快適な寝室を作って安眠したい」

「自分で張り替えってできるのかな?」

寝室の壁紙の張り替えでお悩みですか?

この記事では、寝室の壁紙がもたらす効果や色のアレンジ、費用面を解説します。

張り替えリフォームの参考になるはずです。

安眠できる色使いや快適な寝室作りのために、ぜひ参考にしてください。

寝室の壁紙リフォームには、火災保険を活用できる可能性があります。

補償対象になるか不安なら、申請サポート業者に相談してみましょう。

数ある申請サポート業者の中でもおすすめなのは、ミエルモです。

ミエルモは年間5,000件という業界No.1の調査実績を持ち、平均給付額は100万円以上を誇る業界最大手の申請サポート業者です。
手数料も他社と比べて控えめで、対応が丁寧だったなどの良い口コミも多数寄せられています。
また、細部にわたるまでチェックできるスキルを持った調査員が在籍しており、ドローンを使用した調査は行いません。
調査と顧客対応を分業しているため、問い合わせから1営業日以内に連絡するというスピード感のある対応が可能です。

「完全成果報酬制」のため調査費用は無料なので、ぜひ以下のボタンをタップして無料診断を受けてみてください。

今すぐ給付金額を確認する

※賃貸・区分・保険未加入は対象外

ミエルモ バナー

  1. 1.安眠やリラックスできる寝室のために壁紙(クロス)選びは大切
    1. 安眠の効果は健康を左右する
  2. 2.寝室に合う壁紙(クロス)を選ぶために意識したい3つのポイント
    1. (1)落ち着く効果があるカラーを選ぶ
    2. (2)天井の色も大切な要素
    3. (3)ベッドルームのカラーコーディネートを意識する
  3. 3.寝室の壁紙(クロス)おすすめの色4選
    1. グレー|ストレスを和らげる効果
    2. ベージュ|気持ちを安定させてくれる効果
    3. 青|鎮静作用があり神経を鎮めてくれる効果
    4. 白|清潔感と爽やかな気持ちになる効果
  4. 4.寝室の壁紙(クロス)のおしゃれな実例を画像で見てみよう
    1. 優しい色合いのベージュの壁紙の寝室
    2. 白を基調としたおしゃれな寝室
    3. ホテルのような高級感のあるグレーの壁紙の寝室
  5. 5.壁紙素材の違いにこだわれば過ごしやすさが変わる
  6. 6.寝室壁紙の張り替えリフォーム費用相場は?
  7. 7.寝室の壁紙リフォーム費用を抑えたいなら「ミエルモ」に相談しよう
  8. 8.自分で張り替えもOK!DIYもできる寝室の壁紙
  9. 9.寝室の壁紙(クロス)選びで差をつけるアレンジ3つ
    1. (1)窓の位置と枠の色もコーディネートに加える
    2. (2)アクセントクロスでオシャレ度アップ
    3. (3)性能にも目を向ける
  10. まとめ:自分に合った色で快適でおしゃれな寝室を

1.安眠やリラックスできる寝室のために壁紙(クロス)選びは大切

安眠やリラックスできる寝室のために壁紙(クロス)選びは大切

安眠やリラックスできる寝室は、生活の一部として大切です。

睡眠は、私たちの健康に大きな影響を与えます。

ゆったりとした時間は、自分の理想のお部屋で過ごしたいもの。

壁紙の色を変えるだけで、部屋の雰囲気も変わります。

落ち着く色の壁紙のブルーや、癒し効果のある薄いパープルの壁紙。

一般的に壁紙に使われることが多いベージュ系も、落ち着く作用があるとされています。

健康に過ごすためにも、睡眠は大切な要素のひとつ。

あなたに合った寝室作りのために、壁紙から環境を変えるのがおすすめです。

安眠の効果は健康を左右する

人間にとって質のよい睡眠を摂ることは、身体にも心にも影響を与えます。

ここでは、厚生労働省の情報にもとづいて、安眠がもたらす健康効果を見ていきましょう。

眠れない日が続いて、神経がピリピリと昂ってしまった経験はありませんか?

安眠できないと身体も疲れやすくなり、仕事のパフォーマンスも落ちるでしょう。

睡眠は、脳や身体を休めて疲労を回復させる効果があります。

睡眠中は、成長ホルモンが分泌されます。

成長ホルモンの効果で身体の疲れやをとり、修復をしているのです。

また、疲労回復の他に、脳内の分泌物質を正常に戻すことで自律神経が整う効果も。

つまり、安眠は翌日のパフォーマンスを左右するほど重要な要素というわけです。

2.寝室に合う壁紙(クロス)を選ぶために意識したい3つのポイント

寝室に合う壁紙(クロス)を選ぶために意識したい3つのポイント

寝室に合う壁紙を選ぶ際に、意識したい以下3つのポイントをご紹介します。

  1. 落ち着く効果があるカラーを選ぶ
  2. 天井のクロスも検討する
  3. ベッドルームのカラーコーディネートを意識する

それでは、早速見ていきましょう。

(1)落ち着く効果があるカラーを選ぶ

色は、様々な心理効果があります。

赤は刺激があり、興奮作用があるとされています。

そのため、寝室の色としては不向きですね。

安心できる・落ち着くといった効果があるのは、パステルカラーや薄い色合い。

ライトブルーなどの青色は、鎮静作用があるとされています。

ただし、あまりにも濃い青色だと気分が落ち込んで寝づらくなる可能性があります。

つまり、寝室の壁紙で落ち着く効果を選ぶなら、ライトブルーがおすすめです。

(2)天井の色も大切な要素

天井の色使いで、部屋全体の雰囲気が変わって見えます

例えば、天井を壁や床よりも少し明るい色にすると、部屋全体が広く見える効果があります。

一方、天井を他より暗い色にすると、落ち着いた印象に。

また、天井の形状で、照明の当たり方が変わり壁紙の見え方が変わって見えます。

寝室の壁紙を選ぶときは、天井との相性も考慮して選びましょう。

(3)ベッドルームのカラーコーディネートを意識する

クロスを選ぶとき、寝室全体でカラーコーディネートを意識した配色にしましょう。

コーディネートの例としては、以下のようなものがあります。

  • リラックスできる色合いを取り入れる
  • 色を統一する
  • 差し色は多くても2つまで
  • クッションでアクセントカラーを取り入れる

全て同じ色で統一するより、どこかにアクセントを入れることでおしゃれ度が増して程よく安らぎの空間が演出できます。

また、照明選びもコーディネートの一環です。

間接照明やインテリアとしてのランプなど様々な選び方ができるので、ぜひ取り入れてみてください。

壁紙や天井の色合いが変わって見え、また違った空間を演出できるでしょう。

3.寝室の壁紙(クロス)おすすめの色4選

寝室の壁紙(クロス)おすすめの色4選

ここまで、寝室のクロスを選ぶポイントを紹介しました。

壁紙は、色から選ぶ方法もあります。

ここでは、おすすめの色を4種類紹介します。

  1. グレー|ストレスを和らげる効果
  2. ベージュ|気持ちを安定させる効果
  3. 青|鎮静作用があり神経を鎮める効果
  4. 白|清潔感と爽やかな気持ちになる効果がある

それぞれ心理効果も解説するので、あなたが求める作用を確認してみましょう。

グレー|ストレスを和らげる効果

グレーは、苛立ちやストレスを和らげる効果があります。

見た目もシンプル感があり、落ち着きを感じる人もいるでしょう。

差し色には、明るい色の小物などを組み合わせると相性がよいです。

生活感があまりなく、都会的な雰囲気から人気の色でもあります。

ベージュ|気持ちを安定させてくれる効果

ベージュは優しい色合いが、気持ちを安定させてくれます。

そのため、質の良い睡眠が得られるでしょう。

部屋の見た目としては、薄い色合いで圧迫感がありません。

そのため、寝室を広々とゆったりした空間に演出します。

青|鎮静作用があり神経を鎮めてくれる効果

青色は、精神を鎮める効果があります。

見た目から水や涼しい、爽やかといった印象を感じる人も少なくないはずです。

ただし、あまり濃い色だと冷たい雰囲気に感じることもあります。

青色を壁紙に取り入れる際は、薄めの色がおすすめです。

白|清潔感と爽やかな気持ちになる効果

白の壁紙は、清潔感を与える色合いです。

爽やかな印象で、すっきりとした気持ちになれる効果があります。

壁紙にしたときの印象は、部屋全体が開放的になるでしょう。

他の色と組み合わせても、不自然になることが少ない万能色。

薄いブルーの寝具や、ベージュの窓枠との相性もバッチリです。

4.寝室の壁紙(クロス)のおしゃれな実例を画像で見てみよう

寝室の壁紙(クロス)のおしゃれな実例を画像で見てみよう

寝室の壁紙ひとつで、部屋全体の印象が決まります。

うまく色を組み合わせることで、おしゃれな寝室やホテルのような高級感を出すことが可能です。

以下、3つの例を確認してみましょう。

  1. 優しい色合いのベージュの壁紙の寝室
  2. 白を基調としたおしゃれな寝室
  3. ホテルのような高級感のあるグレーの壁紙の寝室

それぞれ、写真付きで紹介していきます。

優しい色合いのベージュの壁紙の寝室

優しい色合いのベージュの壁紙の寝室

落ち着きのあるベージュ系は、部屋全体が優しい雰囲気に。

窓からの日差しで昼間でも、暖かみのあるお部屋空間になります。

白を基調としたおしゃれな寝室

白を基調としたおしゃれな寝室

シンプルなオフホワイトの壁紙です。

アクセントにクッションに、柄物や色物を使ってみるのがおすすめです。

アクセントを付けることで、シンプル過ぎない雰囲気に。

ホテルのような高級感のあるグレーの壁紙の寝室

ホテルのような高級感のあるグレーの壁紙の寝室

グレーを使うことで、生活感をあまり感じなくさせます。

高級ホテルのような、都会的なイメージにピッタリです。

5.壁紙素材の違いにこだわれば過ごしやすさが変わる

壁紙素材の違いにこだわれば過ごしやすさが変わる

壁紙は、特殊な性能や性質を持ったものがあります。

素材の違いによって性質が変わるので、以下の表で確認してみましょう。

素材 特徴
ビニール 安くて丈夫

色やデザインが豊富

耐水性がある

織物 重厚感・高級感がある

見た目の変化を楽しめる

空気中の湿度を適度に吸い取る

オレフィン 耐久性が高い

耐水性がある

汚れに強い

珪藻土 高い調湿性

消臭効果がある

特徴的な触感

温かみがある

輸入品が豊富

輸入ならデザインが豊富

木質系 木独自の風合いがある

調湿効果がある

優しい木の香り

6.寝室壁紙の張り替えリフォーム費用相場は?

寝室壁紙の張り替えリフォーム費用相場は?

壁紙を選ぶときの参考に、費用相場も確かめておきましょう。

壁紙の費用相場は、以下のとおりです。

  • 一般的なビニールクロス…1㎡/1,000円程度
  • デザイン性が高いクロス…1㎡/1,500円程度
  • 特殊な機能(防音・消臭効果)を備えたクロス…1㎡/2,000円~

また、張り替え工事を依頼する場合は、別途費用が掛かります。

寝室に多い6~8畳の費用相場は、40,000~60,000円程度です。

7.寝室の壁紙リフォーム費用を抑えたいなら「ミエルモ」に相談しよう

火災保険を使って壁紙を張り替えるなら申請サポート業者を活用しよう

寝室の壁紙を張り替える際には、火災保険を利用できる可能性があります。

ただし、火災保険の申請対象か自分で判断することは難しいです。

そのような時にあなたを助けてくれるのが、申請サポート業者です

申請サポート業者に相談すると、家の損傷箇所が火災保険の申請対象となるか、専門家が調査してくれます。

専門家の調査により、気づきにくい小さな傷が補償対象とわかり、想定以上の給付金を受け取れる可能性もあります。

数ある業者の中でもおすすめなのは、「ミエルモです。

ミエルモは年間5,000件という業界No.1の調査実績を持ち、平均給付額は100万円以上を誇る業界最大手の申請サポート業者です。
手数料も他社と比べて控えめで、対応が丁寧だったなどの良い口コミも多数寄せられています。
また、細部にわたるまでチェックできるスキルを持った調査員が在籍しており、ドローンを使用した調査は行いません。
調査と顧客対応を分業しているため、問い合わせから1営業日以内に連絡するというスピード感のある対応が可能です。

「完全成果報酬制」のため調査費用は無料なので、ぜひ以下のボタンをタップして無料診断を受けてみてください。

今すぐ給付金額を確認する

※賃貸・区分・保険未加入は対象外

ミエルモ バナー

8.自分で張り替えもOK!DIYもできる寝室の壁紙

自分で張り替えもOK!DIYもできる寝室の壁紙

壁紙張り替え費用を少しでも安くする場合は、DIYに挑戦してみましょう。

工事費用がかからないため、壁紙の購入費用だけで張り替えできます

DIYでは、簡単に張り替えできるシールタイプの壁紙がおすすめ。

剥がせるタイプの商品も販売されているため、賃貸でもリフォーム気分を味わえます。

壁紙をDIYで貼り付ける際によくある失敗は、空気が入ってデコボコした見た目になることです。

厚みがある壁紙は、初心者でも扱いやすく、失敗しにくいでしょう。

また、DIYなら壁紙以外にステッカーでデコレーションする楽しみ方もできます。

寝室の雰囲気をリフォームより安く変える選択肢として、DIYも検討してみましょう。

9.寝室の壁紙(クロス)選びで差をつけるアレンジ3つ

寝室の壁紙(クロス)選びで差をつけるアレンジ3つ

ここまで、寝室の壁紙選びの様々なポイントを確認してきました。

最後に、自分だけのオリジナリティあふれる寝室を手に入れるための3つのポイントを解説します。

  1. 窓の位置と枠の色もコーディネートに加える
  2. アクセントクロスでオシャレ度アップ
  3. 性能にも目を向ける

それぞれ確認して、納得できる寝室壁紙を選びましょう。

(1)窓の位置と枠の色もコーディネートに加える

寝室に窓の位置で、壁紙の色の見え方が変わります

例えば、明るめの壁紙が気に入って選んだとき、日が差す日中は部屋が眩しいなんてこともあるかもしれません。

寝室を夜以外でも使うなら、日の当たり具合も考えて壁紙の色を選びましょう。

また、シンプルな壁紙を選んでも、窓枠の色との相性が悪いと仕上がりの印象が変わります。

窓枠の色と壁紙を統一させると、殺風景に見えることも。

寂しい印象の部屋になってしまうので、窓枠の色も考慮してみてください。

(2)アクセントクロスでオシャレ度アップ

アクセントクロスを使えば、簡単におしゃれな寝室を演出できます。

寝室であれば、落ち着いたクロスを選ぶのがおすすめです。

白と淡いブルーの組み合わせや、グレーとベージュといった組み合わせなら、派手な印象もなく心理効果も取り入れられます。

クロス以外にアクセントをつくるなら、ベッドの背後ベッドボードの一部分の色を変えてみるのもいいでしょう。

アクセントクロスを活用して、おしゃれで個性のあるプライベート空間が楽しめます。

(3)性能にも目を向ける

リフォームで張り替え工事を依頼するなら、壁紙の性質にも目を向けてみましょう。

近年、防音や吸水性のある商品が開発されています

家電製品の音が気になる場合、防音に優れた壁紙を選ぶと良いでしょう。

静かな寝室で、入眠がスムーズになります。

吸水性に優れたものを選ぶと、寝室で発生しやすいカビや結露が防げます。

カビは健康にも影響しますので、リフォームついでに壁紙を高性能なものにアップデートしてもいいかも知れませんね。

まとめ:自分に合った色で快適でおしゃれな寝室を

まとめ:自分に合った色で快適でおしゃれな寝室を

色や素材の観点から、寝室におすすめ壁紙を解説してきました。

費用相場も確認して、リフォームの判断がしやすくなったはずです。

寝室を壁紙でおしゃれに見せる方法も、ぜひ取り入れてみてください。

お気に入りの寝室空間で、毎日を楽しく健康に過ごしましょう。

寝室の壁紙リフォームには、火災保険を活用できる可能性があります。

補償対象になるか不安なら、申請サポート業者のミエルモに相談してみましょう。

ミエルモは年間5,000件という業界No.1の調査実績を持ち、平均給付額は100万円以上を誇る業界最大手の申請サポート業者です。
手数料も他社と比べて控えめで、対応が丁寧だったなどの良い口コミも多数寄せられています。
また、細部にわたるまでチェックできるスキルを持った調査員が在籍しており、ドローンを使用した調査は行いません。
調査と顧客対応を分業しているため、問い合わせから1営業日以内に連絡するというスピード感のある対応が可能です。

「完全成果報酬制」のため調査費用は無料なので、ぜひ以下のボタンをタップして無料診断を受けてみてください。

今すぐ給付金額を確認する

※賃貸・区分・保険未加入は対象外

ミエルモ バナー

コメント

タイトルとURLをコピーしました