ウッドフェンスはDIYで簡単に作れる!必要な材料から作り方まで徹底解説!

ウッドフェンス DIY 外回り

今回の記事では、DIYでウッドフェンスを作る方法について解説していきます。

ウッドフェンスは自宅の庭を周りの目から隠せるだけでなく、家屋との相性でおしゃれ感も演出できる優れもの。

また、ウッドフェンスには空き巣に入られるリスクを軽減させる役割もあります。

そんなウッドフェンスは、種類が豊富で自分の好みに合わせたウッドフェンスをDIYで作ることができるのです。

本記事では、ウッドフェンスのDIYでの作成方法の他にもウッドフェンスの特徴やかかる費用、DIYでの注意点についても紹介

この記事を読めば、難しいと思っていたDIYが簡単という理解に変わり、自分の好みのウッドフェンスを作ることができるようになります。

なお、雪や台風など自然災害でウッドフェンスが破損してしまった場合は、火災保険の補償対象です。

火災保険の申請方法は複雑なので、不安な人は申請サポート業者を利用しましょう。

なかでもおすすめなのが、豊富な相談実績を持つミエルモです。

ミエルモは年間5,000件という業界No.1の調査実績を持ち、平均給付額は100万円以上を誇る業界最大手の申請サポート業者です。
手数料も他社と比べて控えめで、対応が丁寧だったなどの良い口コミも多数寄せられています。
また、細部にわたるまでチェックできるスキルを持った調査員が在籍しており、ドローンを使用した調査は行いません。
調査と顧客対応を分業しているため、問い合わせから1営業日以内に連絡するというスピード感のある対応が可能です。

「完全成果報酬制」のため調査費用は無料なので、ぜひ以下のボタンをタップして無料診断を受けてみてください。

今すぐ給付金額を確認する

※賃貸・区分・保険未加入は対象外

ミエルモ バナー

  1. ウッドフェンスの特徴
    1. ウッドフェンスの特徴:目隠しになる
    2. ウッドフェンスの特徴:防犯効果がある
    3. ウッドフェンスは定期的なメンテナンスが必要
  2. ウッドフェンス(木製フェンス)は簡単にDIYで作れる?
  3. ウッドフェンスの設置にかかる費用は?
    1. ウッドフェンス設置にかかる費用:業者に依頼した場合
    2. ウッドフェンス設置にかかる費用:DIYで作る場合
  4. 火災保険を使ってウッドフェンスの修理や設置をしたいなら申請サポート業者を活用しよう
  5. DIYでウッドフェンスを作る前に準備しておくもの
    1. DIYでウッドフェンスを作る前に準備しておくもの:材料
    2. DIYでウッドフェンスを作る前に準備しておくもの:道具
  6. ウッドフェンスの材料はどこに売っている?
    1. ウッドフェンスの材料を売っている所:ホームセンター
    2. ウッドフェンスの材料を売っている所:通販
  7. 庭や外構に設置したい!DIYで作るウッドフェンスの作り方
    1. DIYでのウッドフェンス作成方法1:設置場所を決める
    2. DIYでのウッドフェンス作成方法2:ウッドフェンスの基礎を作る
    3. DIYでのウッドフェンス作成方法3:木材を切る
    4. DIYでのウッドフェンス作成方法4:アルミ支柱を立てる
    5. DIYでのウッドフェンス作成方法5:フェンス板を貼る
  8. 自作のウッドフェンスをDIYで作るときの注意点
    1. ウッドフェンスを作る注意点1:フェンス板の間隔
    2. ウッドフェンスを作る注意点2:塗装
    3. ウッドフェンスを作る注意点3:土台の固定
  9. 自宅に塀や柵がない方はウッドフェンスをDIYで作ろう

ウッドフェンスの特徴

ウッドフェンスの特徴

ウッドフェンスとは、簡単に説明すると家の周りを囲う木製のフェンスのこと。

アルミ製や樹脂製もある目隠しフェンスの中の1つの種類です。

ウッドフェンスは、別のフェンスに比べ木のあたたかみや落ち着いた印象を演出します。

ここからは、ウッドフェンスの詳しい特徴について見ていきましょう。

ウッドフェンスの特徴:目隠しになる

目隠しフェンスという名前の通り、ウッドフェンスを建てることで周囲の目隠しになります。

道路に面している家の場合だと、通行人に家の中が見られないか気になるもの。

部屋のカーテンを開けていると家の前の道を通っている人と目が合ってしまったという経験もあるかもしれません。

ウッドフェンスを建てることで、このような悩みを解消することができます。

ウッドフェンスの特徴:防犯効果がある

次に、ウッドフェンスを建てることで防犯効果を高めることができます。

人通りが少なく家の中が丸見えであるという方は、一刻も早くウッドフェンスの設置を検討してください。

ウッドフェンスを設置することで、単純に侵入を防ぐだけではなく、空き巣にこの家は防犯意識の高い家だと認識させることができます。

ウッドフェンスは定期的なメンテナンスが必要

他にも、ウッドフェンスは他の材質のフェンスに比べ腐ったり、虫食いされたりと、経年劣化や傷みが多い傾向があります。

これは、ウッドフェンスのデメリットとなる特徴。

ウリン材などの耐久性のある木材となると経年劣化は遅いですが、修繕する時は費用が高くなってしまいます。

ウッドフェンスを設置した後は、定期的なメンテナンスをするようにしましょう。

ウッドフェンス(木製フェンス)は簡単にDIYで作れる?

ウッドフェンス(木製フェンス)は簡単にDIYで作れる?

ウッドフェンスのDIYは工程が少なく、初心者でも比較的簡単にできます。

業者に依頼するよりも費用も抑えられることも、ウッドフェンスがDIYで作られる大きな理由。

しかし、家の敷地が広いと時間もかかりますし、高さのあるフェンスをとりつけるのは多少危険が伴う作業です。

また、手抜き作業をしてしまうと破損しやすくなったり、倒れやすくなったりする可能性があるため、丁寧に行うことを心がけましょう。

ウッドフェンスの設置にかかる費用は?

ウッドフェンスの設置にかかる費用は?

ウッドフェンスの設置は、DIYの方が業者に依頼するよりも費用を抑えることができるということを上記で紹介しました。

ここからは、実際にウッドフェンスの設置にかかる費用を、業者に依頼する場合とDIYの場合で紹介していきます。

どうしてもDIYする時間がない方や、費用がかかってもいいから質のいいウッドフェンスを設置したいという方も少なくありません。

どちらの方法でウッドフェンスを設置するか判断するためにも、ここでそれぞれの費用を比較しておきましょう。

ただし、業者に依頼する場合は、地面の状態によって基礎工事が必要になり、相場より高くなる可能性もあります。

ウッドフェンス設置にかかる費用:業者に依頼した場合

ウッドフェンス設置を業者に依頼する時の費用の相場は1メートルあたり15,000〜40,000円です。

全長10mのウッドフェンスを設置する場合だと、合計費用は150,000〜400,000円ほど。

費用の内訳は、本体代と施工代になります。

それなりの費用がかかりますが、自分でDIYする時間は必要なくなり、業者によってはアフターフォローをしてくれるというメリットもあります。

また、完成したウッドフェンスの質も高く、DIYの質とは比べ物になりません。

ウッドフェンスの金額によって費用を抑えることもできるので、予算に合った材質を選びましょう。

ウッドフェンス設置にかかる費用:DIYで作る場合

ウッドフェンスをDIYで作る場合、材料費は1mあたり5,000~15,000円が相場です。

しかし、1から工具や道具を揃える場合はその費用が追加でかかってくることを忘れないようにしましょう。

DIYはやはり費用が安く済むのが魅力的。

その分、材質を良くすることもできますので、自分の好みに合った材質をじっくり選ぶ様にしましょうね。

火災保険を使ってウッドフェンスの修理や設置をしたいなら申請サポート業者を活用しよう

火災保険を利用してウッドフェンスの修理や設置をしたいなら申請サポート業者を活用しよう

雪や台風などの災害でウッドフェンスが破損した場合、火災保険の補償対象となる可能性があります。

火災保険を申請する際には、多くの書類を用意したり、契約内容を確認したりといった手間がかかります。

火災保険申請サポート業者は、あなたの状況にあわせて火災保険の申請手続きをサポートしてくれる業者です。

数ある業者の中でも、おすすめなのがミエルモです。

ミエルモは年間5,000件という業界No.1の調査実績を持ち、平均給付額は100万円以上を誇る業界最大手の申請サポート業者です。
手数料も他社と比べて控えめで、対応が丁寧だったなどの良い口コミも多数寄せられています。
また、細部にわたるまでチェックできるスキルを持った調査員が在籍しており、ドローンを使用した調査は行いません。
調査と顧客対応を分業しているため、問い合わせから1営業日以内に連絡するというスピード感のある対応が可能です。

「完全成果報酬制」のため調査費用は無料なので、ぜひ以下のボタンをタップして無料診断を受けてみてください。

今すぐ給付金額を確認する

※賃貸・区分・保険未加入は対象外

ミエルモ バナー

DIYでウッドフェンスを作る前に準備しておくもの

DIYでウッドフェンスを作る前に準備しておくもの

ここからは、DIYでウッドフェンスを作ろうという方に向けて準備しておく道具を紹介します。

1からDIYをする場合は、材料の他にも工具がなければウッドフェンスは作れません。

揃える道具がわからないという方も、これから紹介する内容を読めば大丈夫なので安心してください。

それでは、ウッドフェンスを作る前に必要な材料・道具を確認していきましょう。

DIYでウッドフェンスを作る前に準備しておくもの:材料

ウッドフェンスを作る時に必要な材料は以下の通りです。

特に板材は製品によって値段の幅が大きいため、自分の予算にあったものを選ぶ様にしましょう。

・フェンス用板材

・支柱材

・ステンレスビス

・足場用ブロック

・セメント

・モルタル用の砂

・塗料

・笠木材

DIYでウッドフェンスを作る前に準備しておくもの:道具

ウッドフェンスを作る時に必要になる道具は以下の通りです。

どの道具もウッドフェンスを綺麗に立てるためには必要不可欠。

しっかりと揃えるようにしましょう。

・インパクトドライバー

・のこぎり

・キリ

・スコップ

・バケツ

・水平器

・メジャー

・コテ、ハケ

ウッドフェンスの材料はどこに売っている?

ウッドフェンスの材料はどこに売っている?

上記で紹介した材料・道具を見て量が多いと思った方は多いはずです。

しかも、普段耳にしないようなものばかり。

これらの材料・道具がどこに売っているかもわからないという方もいるかもしれません。

そこで、ここからは上記の材料・道具が売っている場所を紹介します。

ウッドフェンスの材料を売っている所:ホームセンター

ホームセンターには、工具だけではなくウッドフェンスの材料が揃っています。

スギ材やSPF材といった、ウッドフェンスのDIYに使える材料はホームセンターで買いましょう。

ホームセンターで購入し、自宅に配達してもらう場合は追加で配達料がかかります。

DIYをする以上、なるべく費用は抑えていきたいもの。

なので、ホームセンターに行く際は大きめの自動車や軽トラックで行き、自分で家まで持ち帰ることをおすすめします。

ウッドフェンスの材料を売っている所:通販

ウッドフェンスの材料は、通販でも買うことができます。

通販で買い物をするメリットは、商品の種類が豊富にあること。

ホームセンターでは見つけられないようなウッドフェンスを通販で見つけることができる可能性があります。

また、商品や購入価格によっては送料無料となり、ウッドフェンスを運ぶ車を持っていない人でも安心です。

しかし、実際に見て判断できないのでサイズなどに注意して購入しましょう。

庭や外構に設置したい!DIYで作るウッドフェンスの作り方

庭や外構に設置したい!DIYで作るウッドフェンスの作り方

それでは、いよいよDIYでウッドフェンスを作っていきましょう。

ここからは、DIYでのウッドフェンスの作成方法を手順ごとに紹介していきます。

DIYで大切なことは、きちんと計画を立ててから始めること。

作成の流れをしっかりまとめ、計画を立ててからウッドフェンスをつくるようにしましょう。

DIYでのウッドフェンス作成方法1:設置場所を決める

ウッドフェンスの設置場所を決めることが1番大切な手順です。

簡単な設計図を作り設置する場所を決めておきましょう。

特に支柱を立てる場所の間隔をしっかり計算しておくことで、後の作業時に迷うことが少なくなります。

DIYでのウッドフェンス作成方法2:ウッドフェンスの基礎を作る

基礎となるのは75角ブロックです。

穴を掘り、ブロックを埋め、基礎材の砂利を敷いてブロックが地面から5cmほど出します。

ブロックの水平を確認し、土を戻すと基礎の完成。

基礎同士の高さが合っていることを確かめるようにしてください。

穴を掘っている最中に配管などを傷つけないように心がけましょう。

DIYでのウッドフェンス作成方法3:木材を切る

アルミ支柱と木材を決まった長さに切る作業です。

電動工具があれば楽に切ることができます。

切り口をやすりで仕上げておくと綺麗に仕上がるので、やっておきましょう。

DIYでのウッドフェンス作成方法4:アルミ支柱を立てる

いよいよ、フェンスを立てていきます。

アルミ支柱の高さが1200mmになるように立てください。

アルミ支柱の水平が取れていることが確認できたら、ブロックとアルミ支柱の間にセメントを流し込みます。

セメントが固まれば基礎は完成。

セメントが固まってしまうと手直しできないため、固まらないうちに水平と高さは確認しておくことを忘れないでください。

DIYでのウッドフェンス作成方法5:フェンス板を貼る

最後に、フェンス板を貼っていきます。

インパクトドライバーを使ってステンレスビスを打ちこんでいきます。

アルミ支柱に横板受けの板を取り付けてから、横板を取り付けるという流れ。

横板の間隔が揃っていないと見た目が悪くなるので、スペーサーを使い間隔が崩れないように意識しましょう。

自作のウッドフェンスをDIYで作るときの注意点

自作のウッドフェンスをDIYで作るときの注意点

ここからは、ウッドフェンスを作る時の注意点を3つ紹介します。

ウッドフェンスは周りからよく見られるものなので、少しでも見栄えは良くしておきたいもの。

ここで紹介する注意点をおさえておくことで、ウッドフェンスの出来が劇的に良くなります。

ぜひ、参考にしてDIYを始めてください。

ウッドフェンスを作る注意点1:フェンス板の間隔

フェンスとフェンスの間は開けすぎると目隠しになりませんし、閉めすぎると風の空気抵抗を受けすぎてしまいます。

ちょうどいい隙間を考えながら固定していきましょう。

また、間隔がバラバラだと見栄えもとても悪くなるので注意して固定してください。

スペーサーを使いながらフェンス板を設置すると、水平・平行で間隔も揃えられるのでおすすめです。

ウッドフェンスを作る注意点2:塗装

ウッドフェンスを塗装したいという方も多いはず。

塗装することで、雨風にさらされるフェンスを腐敗から防ぐことができます。

塗装したい人の場合のみですが、注意点をおさえておきましょう。

腐るのを防止するための塗装ですので、塗りが甘かったり、塗り忘れがあると腐る危険性が出てきます。

特に切り口は忘れやすいですし、腐りやすいところなので、念入りに塗装するようにしてください。

ウッドフェンスを作る注意点3:土台の固定

土台となる基礎ブロックを埋め込む時、土を戻す前にセメントを流し込むことで強度を高めながら固定することができます。

土台の固定はしっかりするように注意しましょう。

基礎となる土台の固定が甘いと、フェンスが風を受けた時などに動いてしまい歪んだり倒れたりする可能性があります。

怪我や隣家に迷惑をかけてしまうかもしれないので、土台の固定はしっかりとしておいてください。

自宅に塀や柵がない方はウッドフェンスをDIYで作ろう

自宅に塀や柵がない方はウッドフェンスをDIYで作ろう

ウッドフェンスは外からの視線を隠してくれる優れもので、DIYで自分でつくることができます。

しかし、歪んでいたり腐っていたりすると危険が伴うので注意してください。

どうしてもDIYが難しい方は、1度業者に依頼して見積もりをもらって検討してみることもおすすめです。

ぜひ、自分だけのおしゃれで便利なウッドフェンスを家に設置してみてください。

なお、雪や台風など自然災害でウッドフェンスが破損してしまった場合は、火災保険の補償対象です。

火災保険の申請方法は複雑なので、不安な人は申請サポート業者を利用しましょう。

なかでもおすすめなのが、豊富な相談実績を持つミエルモです。

ミエルモは年間5,000件という業界No.1の調査実績を持ち、平均給付額は100万円以上を誇る業界最大手の申請サポート業者です。
手数料も他社と比べて控えめで、対応が丁寧だったなどの良い口コミも多数寄せられています。
また、細部にわたるまでチェックできるスキルを持った調査員が在籍しており、ドローンを使用した調査は行いません。
調査と顧客対応を分業しているため、問い合わせから1営業日以内に連絡するというスピード感のある対応が可能です。

「完全成果報酬制」のため調査費用は無料なので、ぜひ以下のボタンをタップして無料診断を受けてみてください。

今すぐ給付金額を確認する

※賃貸・区分・保険未加入は対象外

ミエルモ バナー

コメント

タイトルとURLをコピーしました