佐賀でリフォームするなら知っておきたい業者選びのコツ!相場から補助金まで

佐賀でリフォームするなら知っておきたい業者選びのコツ!相場から補助金まで その他

「リフォームしたいけど、どこのリフォーム会社に依頼すればいいの?」

佐賀県のリフォーム業者選びに頭を悩ませている人も多いでしょう。

佐賀県には、リフォームを手掛けている会社がたくさんあります。

限られた予算の中で満足のいく業者を選ぶためには、何を基準に選べばいいのでしょうか?

この記事では、佐賀県のリフォームの現状から、佐賀市にある工務店、リフォーム費用相場、

費用を安くするのポイント、佐賀県民が利用できる補助金制度までを詳しく解説しています。

業者選びを始める前に、予備知識としてぜひ最後まで読んでみてください。

リフォームの原因が火災や自然災害の場合には、火災保険を申請できる場合があります。

申請の際には申請サポート業者のミエルモを利用すれば、給付金の受け取りまでスムーズに行えます。

ミエルモは年間5,000件という業界No.1の調査実績を持ち、平均給付額は100万円以上を誇る業界最大手の申請サポート業者です。
手数料も他社と比べて控えめで、対応が丁寧だったなどの良い口コミも多数寄せられています。
また、細部にわたるまでチェックできるスキルを持った調査員が在籍しており、ドローンを使用した調査は行いません。
調査と顧客対応を分業しているため、問い合わせから1営業日以内に連絡するというスピード感のある対応が可能です。

「完全成果報酬制」のため調査費用は無料なので、ぜひ以下のボタンをタップして無料診断を受けてみてください。

今すぐ給付金額を確認する

※賃貸・区分・保険未加入は対象外

ミエルモ バナー

1.佐賀におけるリフォームの現状

1.佐賀におけるリフォームの現状

佐賀県に住んでいる人でリフォームを考えているなら、住宅事情を理解しておきましょう。

なぜなら、佐賀県が独自で取り組む施策を利用できるからです。

この項目では、佐賀県のリフォームで知っておくと役立つ情報を以下3点に分けて紹介していきます。

  1. 佐賀県民の高齢化と住宅事情
  2. 佐賀県民は無料の住宅相談が利用できる
  3. 耐震化・バリアフリー化を計画中

では、早速見ていきましょう。

(1)佐賀県民の高齢化と住宅事情

佐賀県は、緩やかに人口が減少しています。

厚生労働省によれば、人口減少に比例して高齢化が進んでいるのです。

さらに詳しい情報では、土整備部 建築住宅課資料から、65歳以上の単身世帯割合が右肩上がりになっていることが分かります。

単身になる前に、家族でリフォームのことを考えておく必要がありますね。

また、低所得者の割合が増加傾向にあると共に、母子世帯の借家率が顕著に高くなっています。

親・子・孫の三世代同居率が全国平均より高い佐賀県は、共働き世帯の割合も全国平均より高い傾向です。

こうした佐賀県の状況を鑑みると、リフォームやリノベーションをして快適な持ち家を確保する工夫が必要だといえるでしょう。

(2)佐賀県民は無料の住宅相談が利用できる

佐賀県では、無料で住まいの専門家に相談できるサービスがあります。

佐賀県安全住まいづくりサポートセンターに在籍するサポーター登録建築士が対応してくれるので、安心して利用しましょう。

サポーター登録建築士には、以下のような内容が相談可能です。

  • リフォームについての相談
  • 設計や見積もり・施工についての相談
  • 助成制度についての相談
  • バリアフリーについての相談
  • 目視による耐震診断
  • 障がい者の住宅環境の整備
  • シックハウス症候群の相談
  • 防火や防犯についての相談
  • 敷地選びの相談

住宅に関することは、専門用語が使われていたり理解するのが困難なことが多くあります。

リフォームを適切な料金で受けられるように、専門家の意見を無料で聞けるのは嬉しいですね。

リフォームについては、例えばこんな相談をしてみましょう。

  • ライフスタイルに合ったリフォームの方法
  • 傷んでいる場所と補強の必要性
  • 外壁の傷みの程度
  • 予算に合ったリフォームの方法

既に見積もりを取っている場合は、妥当な金額なのかチェックしてもらうのも有効です。

助成制度については、適用可能な最新情報を教えてもらいましょう。

佐賀県安全住まいづくりサポートセンターは各地域ごとに設置されているので、近隣の支部に連絡をしてみましょう。

(3)耐震化・バリアフリー化を計画中

(3)耐震化・バリアフリー化を計画中

佐賀県は全国平均と比較して、圧倒的に木造住宅が多くなっています。

建築基準法の木造住宅の新耐震基準は、次のとおり。

  • 震度6強から7の地震で倒壊や崩壊に至らない設計
  • 震度5強で保持できる設計

佐賀県では、約1/4の世帯が新耐震基準を満たしていない状況です。

高齢者がいる世帯でバリアフリー化ができている住宅は、43%に留まっています。

こうした状況を受けて、佐賀県では耐震化やバリアフリー化の促進のために情報発信を行っています。

サポートセンターを上手に利用しながら、安心で快適な住まいづくりを目指しましょう。

2.こんなにある!佐賀市内にある工務店リスト

2.こんなにある!佐賀市内にある工務店リスト

前の項目では、佐賀県での住宅リフォームの現状を解説しました。

安心できる住まいを維持するため、行政がサポートしてくれることが分かると少し安心ですね。

この項目では、佐賀市内の工務店を一覧で紹介します。

以下の表を確認してみましょう。

店名 創業年 事業内容
有限会社 エスケイシステム 1995年 新築、リフォーム、増改築、住宅の修理
一級建築士事務所 
株式会社ミヤタ
プランニングオフィス
2005年 設計及び工事監理、調査・診断、新築、
改修、メンテナンス
さかたホーム 1998年 新築、リフォーム、住まいに関わる全ての
工事施工
株式会社 本田工務店 2001年 注文住宅、リフォーム、店舗・工場等の施工、エクステリア、設計、施工、不動産業
株式会社遠江工務店 1986年 建築一式工事
株式会社匠和美建 佐賀本店 1995年 増改築、設計、施工、水廻りリフォーム、
屋根、外壁塗装、省エネリフォーム、
エクステリア、インテリア、マンションリモデル、営繕工事他
株式会社ハウジングプラザ 佐賀店 1989年 リフォーム、増改築、新築、不動産、
塗り替え
リフォーム楽房(らぼ) 新築・リフォーム・企画住宅・設計・施工・外構工事・不動産売買・設備工事
株式会社エディオン 2002年 リフォーム・住宅関連事業、家電販売事業、その他関連事業他
行徳ホーム 1945年 リフォーム、自然素材や健康住宅、
省エネ住宅

老舗の工務店からフレッシュな工務店まで、様々な種類の工務店があります。

相見積もりを依頼する際は、参考にしてみてください。

以上が、佐賀市内の工務店のリストでした。

次は、気になるリフォーム費用の相場について解説します。

場所ごとに見ていきますので、概算の予算をイメージしながら確認してみてください。

3.知っておきたいリフォーム費用の相場

3.知っておきたいリフォーム費用の相場

リフォームでは、見積もりを依頼する前にどのくらいの費用がかかるのか知りたいものです。

この項目では、4つの箇所に絞って費用相場を解説していきます。

  1. キッチン
  2. 浴室
  3. 外壁
  4. 耐震補強

リフォームの程度によっても金額が大きく変わります。

傾向と合わせてそれぞれ確認してみましょう。

(1)キッチン

キッチンのリフォームは、システムキッチンを全て交換した場合で50~150万円程度かかります。

システムキッチンには機能や素材などのグレードがあるので、予算に収まる範囲で理想に近いものを選びましょう。

キッチンの形状は、次の順番で価格が高くなります。

  1. シンプルなI型
  2. 動線の良いL型キッチン
  3. コミュニケーションがとりやすい対面型キッチン

安いのが、I型キッチンで平均価格が高いのが対面型キッチンです。

キッチンの配置を移動して配管工事が必要になると、200~250万円程度かかってしまうこともあります。

コンロや換気扇などの部分的な交換の場合は、50万円未満でできるでしょう。

現状の課題を見直しながら、どこまでリフォームするか検討してみてください。

(2)浴室

浴室のリフォームの多くは、ユニットバスに交換する工事です。

かかる金額は、在来工法なのかユニットバスかによって変わります。

在来工法とは、コンクリートやタイルが敷き詰められた昔ながらの浴室です。

ユニットバスは、昨今の浴室の主流になっている、組み立て式のバスルームです。

在来工法からユニットバスに交換する場合の相場は、50~150万円程度になります。

在来工法の浴室を在来工法のまま別のタイルに変更する場合は、50~200万円程度です。

高齢者のいる世帯では、リフォーム時のバリアフリー対応も視野に入れてみましょう。

(3)外壁

(3)外壁

外壁は、次のいずれかのリフォーム方法になります。

  • 塗り直し
  • 重ね張り
  • 張替え

塗り直しの場合は、塗料の種類によって費用が変わります。

アクリル塗料が最もリーズナブルで、光触媒塗料が最高級です。

30坪(118.8平方メートル)で40~140万円程度の価格差があります。

内訳は、塗料などの材料費、足場代、人件費、諸経費等です。

工場生産した板を張り合わせているサイディング外壁であれば、重ね張りでもリフォームできます。

重ね張りとは、取り外すことなく上から金属サイディングを張る方法です。

劣化が進んでいる場合は難しくなりますが、全て張り替えるより安く150万円程度からリフォームできます。

また、全ての外壁ではなく劣化している部分のみを張り替える程度であれば、10~60万円程度の費用で収まります。

全体に張り替えを希望している場合は、家の大きさに応じて費用が異なるので確認しましょう。

サイディングなら、1平方メートルあたり7千円~9千円程度です。

タイル貼りは少し高くなって、1平方メートルあたり1~5万円程度になります。

劣化の具合や将来的なことも含めて、妥当な方法を選択しましょう。

(4)耐震補強

耐震補強は、耐震診断をした上でリフォームしましょう。

最も価格が安いのは、壁を解体することなく筋交いや柱・梁に耐震用の金具を付ける工事です。

筋交いとは、地震の横揺れに強い部分を指します。

耐震金具の取り付け工事は、1箇所につき1万円程度でできるので、気軽に耐震補強できます。

外壁に補強材や耐震パネルを付ける場合、50~100万円程度です。

屋根の瓦を軽量化する場合は、屋根の種類によって費用が変わります。

瓦と比較すると軽くて耐震性に優れているスレート屋根の葺き替えは、60~80万円(100平方メートル)程度です。

金属性で耐久性に優れさびにくいガルバリウム鋼板は、60~230万円程度になります。

さびにくく耐用年数が長いステンレス屋根は、30~150万円程度です。

基礎工事の補強は、場所や規模によって金額が異なります。

まずは、耐震診断の際に相談をして、それからどういった対策を取るのが良いか考えましょう。

以上が、リフォームをするときの相場でした。

あくまでも目安なので、業者に現状を確認してもらった上で費用を確認しましょう。

次は、リフォーム費用をなるべく抑えるための業者選びについて解説します。

安い金額でリフォームするために、参考にしてみてください。

4.リフォーム費用を抑えたいなら「ミエルモ」に相談しよう

佐賀でのリフォームには火災保険を利用しよう

お得にリフォームをしたいと考えている方は、リフォーム前に火災保険を適用できる建物の損傷がないか確認することをおすすめします。

以下のような原因で被害を受けた場合、火災保険の給付金申請をすることが可能です。

  • 火災
  • 水害
  • 風災
  • 台風
  • 竜巻
  • 雪害
  • 雹害など

なお、火災保険の補償内容は契約しているプランにより異なるので、加入している契約の内容を確認する必要があります。

火災保険の申請対象か判断するためには、申請サポート業者のミエルモに相談してみるとよいでしょう。

ミエルモは年間5,000件という業界No.1の調査実績を持ち、平均給付額は100万円以上を誇る業界最大手の申請サポート業者です。
手数料も他社と比べて控えめで、対応が丁寧だったなどの良い口コミも多数寄せられています。
また、細部にわたるまでチェックできるスキルを持った調査員が在籍しており、ドローンを使用した調査は行いません。
調査と顧客対応を分業しているため、問い合わせから1営業日以内に連絡するというスピード感のある対応が可能です。

「完全成果報酬制」のため調査費用は無料なので、ぜひ以下のボタンをタップして無料診断を受けてみてください。

今すぐ給付金額を確認する

※賃貸・区分・保険未加入は対象外

ミエルモ バナー

5.高いリフォーム費用を安くする業者の選び方

4.高いリフォーム費用を安くする業者の選び方

リフォームにかかる金額が思ったより高いと感じた人は、ぜひこの項目を参考にしてください。

リフォーム費用が安くなる業者を選ぶ方法を以下3点で紹介します。

  1. 相見積もりをとる
  2. 工法や工事の進め方を工夫するよう交渉する
  3. リフォーム減税を利用する

それぞれ確認してみましょう。

(1)相見積もりをとる

リフォーム費用を安くする方法の1つ目は、相見積もりを取ることです。

費用を比較するために、複数の業者に見積もりを依頼しましょう。

ただし、依頼するのは3~5社がベストです。

多すぎても少なすぎても、選ぶのが難しくなってしまいます。

依頼をする際は、条件を揃えることも大切です。

業者によって条件を変えてしまうと、正確な費用を比較できなくなります。

全ての見積もりが出揃ったら、内容と金額を照らし合わせて、最も良いと思う会社を選んでください。

見積もりを上手く利用して、信頼できる業者に適正な価格で依頼しましょう。

(2)工法や工事の進め方を工夫するよう交渉する

リフォームの費用を限界まで下げても、思うような工事ができていないようでは意味がありません。

工事の内容を知らないのに、とにかく費用を下げろという交渉をしてしまうと必要な工事まで省かれてしまうからです。

コストパフォーマンスが高いリフォームの方法は、あなたよりも専門知識を持った業者の方が知っています。

ですから、見積もりの内容を確認しながら、どうしたら安くなるかを相談してみるといいでしょう。

また、追加工事の可能性を予め聞いておくのも大切です。

目的のリフォーム工事はイメージ通りに仕上げてもらいながら、可能な範囲で費用を削ってもらうことを心がけましょう。

(3)リフォーム関連の補助金制度を利用する

(3)リフォーム関連の補助金制度を利用する

リフォームの補助金制度には、グリーン住宅ポイント制度があります。

この制度は、条件に当てはまる住宅やリフォームを行った場合にポイントがもらえるという国土交通省による制度です。

ポイントは対象商品と交換したり、追加工事を行うために使ったりできます。

期間は、2020年12月15日~2021年10月31日までです。

最大で60万ポイント(1ポイント1円)貯めることができるので、該当のリフォーム工事を考えている場合は期間内に行いましょう。

少しでも安く優秀な業者に依頼するためには、労力と時間を惜しまず紹介した方法を試してみてください。

次の項目では、リフォーム関連の補助金制度を紹介します。

補助金を利用すれば、さらにリフォーム費用が安くなるので、ぜひ目を通しておきましょう。

6.あなたにもぜひ利用してほしいリフォーム減税

5.あなたにもぜひ利用してほしいリフォーム減税

この項目では、リフォーム費用を抑えるために利用できるリフォーム減税を解説します。

リフォームでは、所得税控除のうち次の2つの減税制度を適用可能です。

  1. ローン型の減税
  2. 投資型の減税

ローン型の減税は、条件を満たしていることで最大12万5千円の控除が受けられます。

ローン型減税の条件は、以下の5つ。

  1. リフォーム工事から6ヶ月以内に住む
  2. 100万円以上のリフォーム費用
  3. リフォームした後の床面積が50平方メートル以上ある
  4. ローンの返済期間が10年以上になる
  5. 所得が3千万円以下

制度の利用期限は5年間なので、トータルで625,000円の控除額となります。

必要な手続きは、確定申告です。

投資型の減税は、以下の5つのリフォームを行った場合に受けられます。

  1. 耐震リフォーム
  2. バリアフリーリフォーム
  3. 省エネリフォーム
  4. 同居対応リフォーム
  5. 長期優良住宅化リフォーム

リフォームをする内容により控除額が変わってくるので、確認してみましょう。

それぞれのリフォームに関する減税は3つあります。

  • 住宅ローン控除
  • 既存住宅をリフォームした際の税額控除
  • 固定資産税の減額

控除額はリフォームの内容によって変わるので、1つずつ確認していきましょう。

(1)耐震リフォーム

耐震に必要な構造の追加や修理を行ったときには、控除対象として認められます。

ただし、新耐震基準を満たしていない住宅を耐震リフォームする場合のみ適用されるので、注意してください。

また、住宅ローン控除は、工事費用を100万円以上かけて住宅のリフォームを行うことが条件です。

控除を受けると、住宅リフォームの税額の費用の10%、工事終了年のみ上限25万円の減税を受けられます。

(2)バリアフリーリフォーム

バリアフリーのリフォームは、以下のような工事が該当します。

  • 通路や出入り口の幅を広げる工事
  • 浴室の改良工事
  • トイレの改良工事
  • 手すりを取り付ける工事

住宅ローン減税は、10年ローン型と5年ローン型があります。

10年ローン型の控除期間は10年で、最大控除額は400万円。

5年ローン型は、控除期間5年で最大控除額は62万5千円です。

住宅を改修したときの控除は、2009年4月1日から2021年12月31日までが対象。

控除限度額は20万円、固定資産税の減税は50万円を超える改修工事の場合に3分の1が減税されます。

(3)省エネリフォーム

(3)省エネリフォーム

省エネリフォームは、窓の改修や断熱工事などが対象です。

住宅ローン減税は、工事費用が100万円以上の場合、10年間の控除期間で400万円を上限に控除されます。

既存住宅を改修した際の控除は、2009年4月1日から2021年12月31日までのリフォームが対象。

固定資産税の減税は50万円を超える改修工事に場合に、3分の1が減税されます。

(4)同居対応リフォーム

同居対応リフォームは、3世代同居のためのリフォームを対象にして設けられた減税です。

定められた改築をしたとき、2016年4月1日から2021年12月31日までの間に行っていたと認められた場合に適用されます。

最大控除額は62万5千円で、期間は5年間です。

改修工事を以下のうち2か所行った場合という条件が設定されています。

  1. 台所
  2. 浴室
  3. トイレ
  4. 玄関

既存の住宅を改修した場合は、最大控除額が25万円で期間は1年間です。

同居対応のリフォームの減税では、住宅ローンと固定資産税の減税はありません。

(5)長期優良住宅化リフォーム

長期優良住宅とは、長く安心で快適に暮らすことができる家としての認定基準を満たした住宅のことです。

バリアフリー対応や、ライフスタイルに応じての間取り改変の対応、耐震対応、省エネ対応といった基準があります。

このような特定増改築に関する控除は、2017年4月1日から2021年12月31日までの期間が対象です。

控除期間は5年で最大控除額は62万5千円になります。

省エネ+耐久性向上の対象となる改修工事をした場合は2%で、それ以外は1%です。

小屋裏や外壁、浴室、床下、基礎などの改修をした場合に減税されます。

既存の住宅を改修した場合は、最大控除額が50万円です。

期間は1年間になります。

ここまでが、リフォームの減税に関する解説でした。

該当するリフォームを検討するなら、経済的なメリットも考えて利用しましょう。

最後の項目では、おすすめのリフォーム業者を紹介します。

予算内でイメージ以上のリフォームを実現するために、確認してみましょう。

7.佐賀県神崎市の株式会社エースホームがおすすめ

6.佐賀県神崎市の株式会社エースホームがおすすめ

株式会社エースホームは、佐賀県神崎市でリフォームから建築全般まで手掛けています。

1975年の創業以来多くの人に愛されてきた理由は、次の2つです。

  1. 安心して暮らせる家づくり
  2. 希望に合わせて自由に選べる

エースホームの特徴を詳しく見ていきましょう。

(1)安心して暮らせる家づくり

エースホームの1つ目の特徴は、家族が主役で家が合わせるスタンスの家づくりです。

家族構成をはじめとして、様々なことを想定したイメージをしながら作ります。

例えば、どういった生活スタイルでどんな人たちが一緒に生活をしていて、どんな会話をしているか、といったことです。

リフォームも修繕することだけでなく、より住みやすく快適な場所にするための努力を惜しみません。

リフォームが終わった後の、アフターメンテナンスにも定評があります。

アットホームな雰囲気で、気軽に連絡することができる点もおすすめです。

いつも見守っていてくれるという安心感があります。

(2)希望に合わせて自由に選べる

特徴の2つ目は、とことん納得いくまでヒアリングを怠らないことです。

納得できない状態で工事を進めることはありません。

特定業者を設定していないため、希望のメーカーを指定してリフォームできます。

明確なイメージが決まっていなければ、おおまかな内容を伝えて提案してもらうことも可能です。

また、資金相談の対応も可能なので、予算が限られている場合は借入先も含めて相談してみてください。

以上が、おすすめの株式会社エースホームについての紹介でした。

佐賀県でリフォームをするときに知っておきたい様々な情報が理解できましたか?

しっかり情報収集をして、大切なマイホームを魅力的にリフォームしましょう。

まとめ:佐賀でリフォームするなら費用を抑える制度を活用しよう

まとめ:佐賀でリフォームするなら費用を抑える制度を活用しよう

佐賀県には、無料相談できるサポートセンターがあります

リフォームについて、専門家の意見を聞けるので利用してみましょう。

また、佐賀市内には様々なリフォーム会社があるので、費用を抑えるための相見積もりも検討してみてください。

補助金の申請や減税制度を利用すると、さらに費用を抑えられます。

費用の目途がたったら、最後はリフォーム業者を選びましょう。

エースホームは、家族に寄り添った理想のリフォームを実現します。

魅力的に感じたら、見積もり依頼からはじめてみましょう。

なお、リフォームの原因が火災や自然災害の場合には、火災保険を申請できる場合があります。

申請の際には申請サポート業者のミエルモを利用すれば、給付金の受け取りまでスムーズに行えます。

ミエルモは年間5,000件という業界No.1の調査実績を持ち、平均給付額は100万円以上を誇る業界最大手の申請サポート業者です。
手数料も他社と比べて控えめで、対応が丁寧だったなどの良い口コミも多数寄せられています。
また、細部にわたるまでチェックできるスキルを持った調査員が在籍しており、ドローンを使用した調査は行いません。
調査と顧客対応を分業しているため、問い合わせから1営業日以内に連絡するというスピード感のある対応が可能です。

「完全成果報酬制」のため調査費用は無料なので、ぜひ以下のボタンをタップして無料診断を受けてみてください。

今すぐ給付金額を確認する

※賃貸・区分・保険未加入は対象外

ミエルモ バナー

コメント

タイトルとURLをコピーしました