窓ありの浴室・風呂場を快適にする!目隠し・断熱・カビのお悩み解決!

窓ありの浴室・風呂場を快適にする!目隠し・断熱・カビのお悩み解決! 水回り

「浴室の窓から冷気がきて寒い」

「浴室窓の結露とカビが気になる…」

こういった悩みはありませんか?

浴室の窓の問題は業者へリフォーム依頼することはもちろん、自分でDIYすることによっても解決できます。

この記事では、浴室の窓の目隠し方法から断熱、カビ・結露対策を解説。

あわせて、浴室の窓の種類やおすすめのサイズさ、主要ハウスメーカー6つも紹介します。

家を建てる・リフォームを考えている人はぜひ参考にして、浴室を快適な空間にするのに役立ててください

浴室窓のリフォームには、火災保険を使えることがあります。

火災保険を使えるか確認したい方は、申請サポート業者のミエルモに相談してみるとよいでしょう。

ミエルモは年間5,000件という業界No.1の調査実績を持ち、平均給付額は100万円以上を誇る業界最大手の申請サポート業者です。
手数料も他社と比べて控えめで、対応が丁寧だったなどの良い口コミも多数寄せられています。
また、細部にわたるまでチェックできるスキルを持った調査員が在籍しており、ドローンを使用した調査は行いません。
調査と顧客対応を分業しているため、問い合わせから1営業日以内に連絡するというスピード感のある対応が可能です。

「完全成果報酬制」のため調査費用は無料なので、ぜひ以下のボタンをタップして無料診断を受けてみてください。

今すぐ給付金額を確認する

※賃貸・区分・保険未加入は対象外

ミエルモ バナー

  1. 1.浴室・お風呂場・ユニットバス・バスルームにある窓のメリットとは?
    1. (1)換気扇以外の換気役を担う
    2. (2)採光性がアップする
    3. (3)窓があるだけで浴室をおしゃれに演出できる
  2. 2.浴室・お風呂場・ユニットバスの窓は大きく分けて4種類
    1. (1)引き違い窓
    2. (2)縦すべり出し・横すべり出し
    3. (3)ルーバー窓
    4. (4)内倒し・外倒し
  3. 3.浴室・お風呂場・ユニットバスにおすすめの窓の大きさと高さは?
    1. (1)窓のサイズは幅20~60㎝・高さ30~60㎝
    2. (2)正方形や縦長の窓が一般的
    3. (3)取り付け位置は壁の中段~上段
  4. 4.浴室・お風呂場・ユニットバスの窓にまつわるお悩み4つと解消法
    1. 悩み1.防犯|浴室の窓には何らかの目隠しを
      1. 100均やニトリでも手に入る目隠しシート・フィルム
      2. マンションOK!目隠しカーテン・ブラインドなら突っ張り棒を活用
    2. 悩み2.寒さ|手っ取り早いのは断熱リフォーム!diyで手頃にできる対策
      1. 窓やサッシの交換で費用を抑えて対策
      2. プラダンやスタイロフォームなど断熱材を使った自作リフォームdiy
      3. 浴室の窓をカバー工法でリフォームする
    3. 悩み3.カビ|窓があっても防ぎきれない
      1. 窓の結露を防いでカビの発生を抑止
      2. コーキング剤を充填して窓枠を綺麗に
    4. 悩み4.結露|リフォームで対策可能
  5. 5.浴室窓のリフォームには火災保険が使えることもある
  6. 6.リフォーム前に考えたい!理想的な浴室の窓の在り方とは
    1. (1)建築基準法による定めはナシ!浴室の窓は自分たちで自由に決められる
    2. (2)浴室乾燥を利用する予定なら気密性の高い窓を選ぶ
    3. (3)窓を活用してしっかり換気するなら網戸の設置も忘れずに
  7. 7.主要ハウスメーカー6つの浴室窓・設備
    1. クリナップ|外光が浴室に降り注ぐ
    2. スウェーデンハウス|こだわりの木製サッシが特徴
    3. セキスイハイム|取り換えが簡単な浴室窓ブラインド
    4. タカラスタンダード|優秀な断熱窓
    5. YKK AP|有名な窓メーカーとして要チェック
    6. TOTO|窓リモデルで寒い浴室を改善
  8. まとめ:理想的な浴室の窓が毎日のお風呂を楽しくする

1.浴室・お風呂場・ユニットバス・バスルームにある窓のメリットとは?

浴室・お風呂場・ユニットバス・バスルームにある窓のメリットとは?

まずは、そもそもお風呂場に窓を設置する必要があるのか、確認していきましょう。

お風呂場に窓があるメリットは、以下の3つです。

  1. 換気扇以外の換気役を担う
  2. 採光性がアップする
  3. 窓があるだけで浴室をおしゃれに演出できる

浴室に窓があることで、毎日のお風呂が快適になっている部分があります。

それぞれ、順に見ていきましょう。

(1)換気扇以外の換気役を担う

浴室の窓があることで、換気扇を使わなくても換気できます。

浴室に窓が付いていない場合、換気扇を回して空気の入れ替えをしなければいけません。

ですが浴室に窓が付いている場合は、窓を開けるだけで空気の通り道を作れます。

換気扇がある場合でも、窓喚起なら電気代がかからないメリットがあります。

(2)採光性がアップする

浴室の窓があれば外から光を採り入れられるため、採光性がアップします。

暗くジメジメした浴室より、光が差し込むお風呂場の方が魅力的に感じませんか?

昼間に日光が差し込むと、カビも生えにくくなります。

窓の向きが、日当たりの良い位置であればより良いですね。

(3)窓があるだけで浴室をおしゃれに演出できる

浴室に窓があると、デザインとしてアクセントになります

すると、採光性との相乗効果も相まって、浴室がおしゃれな空間になります。

浴室窓の種類はさまざまです。

中でも、デザイン性が高いものや自分が気に入ったデザインの窓を選ぶとおしゃれなお風呂場を演出できるでしょう。

次の項目では、お風呂場窓の種類を解説するので、ぜひご覧ください。

2.浴室・お風呂場・ユニットバスの窓は大きく分けて4種類

浴室・お風呂場・ユニットバスの窓は大きく分けて4種類

浴室の窓は大きく分けて以下の4種類があります。

  • 引き違い窓
  • 縦すべり出し窓・横すべり出し窓
  • ルーバー窓
  • 内倒し窓・外倒し窓

窓の種類を知っておけば、どんな窓が良いか考えやすくなりますね。

それぞれ、特徴を解説します。

(1)引き違い窓

引き違い窓は、日本で昔から用いられた一般的な窓で、2枚の窓を左右に動かし開閉します。

取り付け位置の高さによって、掃き出し窓や腰高窓とも呼ばれます。

引き違い窓の特徴は、気密性が低いことです。

気密性が低いと、断熱・防音的に良い影響を与えません

浴室の窓としてあまりおすすめできないので、現在のお風呂場が引き違い窓ならリフォームを検討する価値があります。

(2)縦すべり出し・横すべり出し

縦すべり出し窓とは、縦(上下)のレールに沿って窓をドアを外に開くように開閉する窓です。

横すべり出し窓とは、横(左右)のレールに沿って下から外に向けて開閉する窓です。

縦すべり出し・横すべり出し窓の特徴は、換気しやすいこと。

なぜなら、正面以外からの風もよく取り込むため、風通しが良いからです。

さらに、気密性も高いので浴室の窓におすすめです。

(3)ルーバー窓

ルーバー窓とは、ガラスの羽の角度を変えて開閉する窓です。

ガラス羽部分が上下に開閉するため、雨が降っていても窓が開けられるメリットがあります。

また、窓を開けても大きく外に開くことがないので、防犯用の格子が取り付けやすいです。

一方で、他の窓に比べて複雑な設計になるため、気密・断熱性が高いガラスを使えない点がデメリットとなるでしょう。

(4)内倒し・外倒し

内倒し窓とは上部から内側に開閉する窓、外倒し窓とは上部から外側に開閉する窓です。

内倒し・外倒し窓は、気密性に優れている上に換気もしやすいメリットがあります。

また、開閉時に窓付近に置いているものの落下を防げるので、不便を感じにくいです。

プライバシーを守りたいならば、ガラスを半透明にしたり、上部に設置することもできます。

3.浴室・お風呂場・ユニットバスにおすすめの窓の大きさと高さは?

浴室・お風呂場・ユニットバスにおすすめの窓の大きさと高さは?

浴室の窓におすすめの大きさは、幅・高さがそれぞれ50cm程度、高さは壁の中段~上段です。

より詳しく、以下3点に分けて解説します。

  1. 窓のサイズは幅20㎝~60㎝・高さ30㎝~60㎝
  2. 正方形や縦長の窓が一般的
  3. 取り付け位置は壁の中段~上段

一般的なサイズを知ると、買い替えやリフォームするときにイメージしやすくはずです。

それぞれ確認していきましょう。

(1)窓のサイズは幅20~60㎝・高さ30~60㎝

一般的なお風呂場窓のサイズは、幅20~60㎝・高さ30~60㎝のものが使われています。

リフォームを考えた窓の問題から、自分に合ったサイズを選びましょう。

現状のお風呂場窓が大きめサイズで寒さが気になる場合、窓の割合を減らすことで暖かい浴室にできるかもしれません。

暗い浴室を明るくする目的であれば、大きめの窓にすることで解決できるでしょう。

(2)正方形や縦長の窓が一般的

浴室窓の形は、正方形や縦長長方形が一般的です。

デザイン性を考えて丸や三角にする場合、開閉しづらくなる可能性があります。

一般的に使われている形状を取り入れることで、利便性や断熱・防犯性能が高い窓になるでしょう。

(3)取り付け位置は壁の中段~上段

浴室の窓の取り付け位置は、壁の中段~上段がおすすめです。

壁の中段~上段は、大人が立った時に外がちょうど見えるくらいです。

高さで言うと、80~120cm程になります。

浴槽と天井のバランスも考えながら、どの位置がいいか検討しましょう。

4.浴室・お風呂場・ユニットバスの窓にまつわるお悩み4つと解消法

浴室・お風呂場・ユニットバスの窓にまつわるお悩み4つと解消法

浴室の窓のお悩みを4つ取り上げそれぞれの解消法を解説します。

自分でできる解消法が多いため、すぐに取り掛かれますよ。

  1. 防犯|浴室の窓には何らかの目隠しを
  2. 寒さ|手っ取り早いのは断熱リフォーム!diyで手頃にできる対策
  3. カビ|窓があっても防ぎきれない
  4. 結露|リフォームで対策可能

それぞれ、詳しく解説します。

悩み1.防犯|浴室の窓には何らかの目隠しを

防犯対策として、浴室の窓には何らかの目隠しを施しましょう。

1階に位置するお風呂場、2階以上でも隣家がすぐ傍に立っている場合は、人目が気になりますね。

目隠しとして活用できるのは、窓に直接貼るシート・フィルムやカーテン・ブラインドです。

100均やニトリでも手に入る目隠しシート・フィルム

目隠しシート・フィルムは、100均やニトリで手に入ります。

目隠しシート・フィルムを初めて使うなら、お試しとして100均のものを使ってから使用感を確認してみましょう。

浴室は湿気のある場所なので、貼り付け時には水分を除去してから貼る必要があります。

ホコリや汚れもしっかり拭き取りましょう。

マンションOK!目隠しカーテン・ブラインドなら突っ張り棒を活用

マンションに住んでいて、シール・フィルムを窓に直貼りできない場合は、カーテン・ブラインドが活用できます。

突っ張り棒を使うと、設置も取り外しも簡単です。

カーテン・ブラインドは、浴室用に撥水加工が施された商品があります。

通常のカーテン・ブラインドより乾きやすくなるので、カビの心配が少なくおすすめです。

悩み2.寒さ|手っ取り早いのは断熱リフォーム!diyで手頃にできる対策

浴室の寒さは、断熱リフォームで解決できます。

リフォームするほどではないなら、DIYで手軽にできる対策もあります。

  1. 窓やサッシの交換で費用を抑えて対策
  2. プラダンやスタイロフォームなど断熱材を使った自作リフォームdiy
  3. 浴室の窓をカバー工法でリフォームする

DIYとリフォームを依頼する場合に分けて、それぞれ確認しましょう。

窓やサッシの交換で費用を抑えて対策

窓やサッシの交換だけでも、寒さ対策になります

例えば樹脂サッシは、断熱・気密性に優れているため、浴室の寒さ対策にもってこいです。

アルミサッシが冷たくて困っているならば、樹脂サッシに変えるといいでしょう。

また、DIY以外にリフォームよりも安く依頼できるハウスクリーニングを利用する方法があります。

ガラスやサッシ交換なら、ハウスクリーニングに依頼できるのでDIYが難しい場合に検討しましょう。

ハウスクリーニングに依頼する費用相場は、5~10万円ほどです。

リフォームより安くつくので、費用を抑えて寒さ対策ができます。

プラダンやスタイロフォームなど断熱材を使った自作リフォームdiy

プラダンとは、プラスチック段ボールの略称です。

スタイロフォームは発泡プラスチックのようなもので、プラダンとともに断熱材として活用できます。

プラダンとスタイロフォームを窓の大きさに切り抜きはめ込むと、浴室の断熱性が格段にアップするでしょう。

プラダンは約500円~、スタイロフォームは1,000~2,000円程度と非常に安価です

お風呂にお湯を張る時に取り付け、お風呂から出た後は湿気が溜まらないように取り外す工夫でカビ対策もできます。

浴室の窓をカバー工法でリフォームする

浴室の窓はカバー工法でリフォームすれば、窓・サッシを変えたり、自分でDIYを施したりするよりも断熱性を高められます。

なぜなら、窓の断熱対策を根本的に解決できるからです。

カバー工法とは、既存の枠の上から新しい枠を取り付けて窓を新しくする方法です。

窓の性能や形状が悪い状態なら、サッシごと新しくするカバー工法でリフォームしましょう。

施工は窓部分のみで、壁を壊さないため日数と費用を抑えられます。

窓の大きさにもよりますが、1日もあれば完成するでしょう。

悩み3.カビ|窓があっても防ぎきれない

浴室のカビ対策は、窓の結露を防いだり、コーキング剤を充填する方法があります。

  1. 窓の結露を防いでカビの発生を抑止
  2. コーキング剤を充填して窓枠を綺麗に

窓があるだけでは、カビ対策は万全ではありません。

それぞれの解決法を確認していきましょう。

窓の結露を防いでカビの発生を抑止

結露の水分は、カビ発生のもととなります。

結露をなるべく防ぎ、カビ発生を抑止しましょう。

古い窓を性能が良いものに取り換えるリフォームは、効果的に結露を防げます。

「リフォームまではちょっと…」という人は、結露の水分を放置しないように気を付けましょう。

換気をして風通しが良くなっても結露の水分は残りがちですから、こまめにふき取るといった工夫が必要です。

コーキング剤を充填して窓枠を綺麗に

お風呂場のコーキング部分には、カビが入り込みやすいです。

コーキングとは、シリコンやゴム状で窓枠と壁の縁にある隙間を埋めている素材のこと。

水分が溜まりやすい部分ですから、どうしてもカビが生えやすくなります。

漂白してもカビが取れない場合は、思い切ってコーキング剤をはがして再充填する方法があります。

ホームセンターや通販で、部分的な補修に十分な300㎖の容量のものが300~500円ほどで売られています。

悩み4.結露|リフォームで対策可能

お風呂の窓で結露が止まらない場合、リフォームが効果的です。

リフォームなら、根本的に断熱性能の向上させる方法や通気性を上げるといった解決策を取れます。

お風呂場の寒さ対策にもなりますので、結露で悩む場合はリフォームの検討がおすすめです。

5.浴室窓のリフォームには火災保険が使えることもある

浴室窓のリフォームには火災保険が使えることもある

「浴室窓をお得にリフォームしたい!」

そう考える方もいることでしょう。

浴室窓のリフォームには、火災保険が適用される場合があります。

適用される範囲は契約プランにより異なりますが、自然災害や物体の飛来により窓に傷が入ったり、割れてしまったりした場合です。

給付金を受給できれば、お得に浴室窓をリフォームすることが可能です。

火災保険をもれなく申請したい方は、申請サポート業者のミエルモを利用しましょう。

ミエルモは年間5,000件という業界No.1の調査実績を持ち、平均給付額は100万円以上を誇る業界最大手の申請サポート業者です。
手数料も他社と比べて控えめで、対応が丁寧だったなどの良い口コミも多数寄せられています。
また、細部にわたるまでチェックできるスキルを持った調査員が在籍しており、ドローンを使用した調査は行いません。
調査と顧客対応を分業しているため、問い合わせから1営業日以内に連絡するというスピード感のある対応が可能です。

「完全成果報酬制」のため調査費用は無料なので、ぜひ以下のボタンをタップして無料診断を受けてみてください。

今すぐ給付金額を確認する

※賃貸・区分・保険未加入は対象外

ミエルモ バナー

6.リフォーム前に考えたい!理想的な浴室の窓の在り方とは

リフォーム前に考えたい!理想的な浴室の窓の在り方とは

浴室の窓の悩みを解決する方法をお伝えしてきましたが、リフォームで根本的に変えた方がいい場合もありました。

リフォームを検討するなら、理想的な浴室の窓にしたいですね。

以下3点にわけて、リフォームで役立つ知識を紹介します。

  1. 建築基準法による定めはナシ!浴室の窓は自分たちで自由に決められる
  2. 浴室乾燥を利用する予定なら気密性の高い窓を選ぶ
  3. 窓を活用してしっかり換気するなら網戸の設置も忘れずに

参考にして、自分にとって理想的な浴室の窓はどんな物か考えてみてください。

それぞれかんたんに解説していきます。

(1)建築基準法による定めはナシ!浴室の窓は自分たちで自由に決められる

浴室の窓は建築基準法による定めがないため、自由にサイズや取り付ける場所などを決められます

建築基準法は、居室の窓に対して採光・換気・防火の規制を定めています。

ですが、浴室は居室に該当しません。

そのため、施工さえできればどのような窓でも設置できるというわけです。

(2)浴室乾燥を利用する予定なら気密性の高い窓を選ぶ

乾燥機や浴室乾燥を使うならば、浴室の窓は気密性の高いものを選びましょう。

なぜなら、気密性が高い方が早く乾くからです。

開閉する窓は、どうしても気密性が下がりやすくなります。

浴室乾燥の効果を重視するなら、開閉しない出窓を設置することも考えてみてはいかがでしょうか。

窓の換気は、乾燥機能に任せることで必要なくなります。

(3)窓を活用してしっかり換気するなら網戸の設置も忘れずに

浴室窓をメインで活用して換気する場合、網戸を忘れずに設置しましょう

湿気があると、虫が繫殖のために利用してしまいます。

夏場に網戸を使わずに換気すれば、お風呂場に蚊が大量発生なんてことも。

網戸を設置することで、虫の侵入を防げます。

リフォーム時には、忘れずに設置しましょう。

7.主要ハウスメーカー6つの浴室窓・設備

主要ハウスメーカー6つの浴室窓・設備

リフォームを検討する際には、メーカー選びも1つのポイントになります。

ここでは、以下主要ハウスメーカー6つの浴室窓・設備を紹介します。

  1. クリナップ
  2. スウェーデンハウス
  3. セキスイハイム
  4. タカラスタンダード
  5. YKK AP
  6. TOTO

特徴を参考に、好みの浴室の窓を見つけましょう。

クリナップ|外光が浴室に降り注ぐ

クリナップ|外光が浴室に降り注ぐ

出典:クリナップ

クリナップの浴室窓は、ワイド窓というものがあります。

ワイド窓は、壁いっぱいに幅を取った外からの光をたっぷり取り込める形状です。

また、枠材に樹脂製を使うことで保温性の向上・結露対策が施されています。

防犯対策の面格子・ブラインドも設置可能です。

スウェーデンハウス|こだわりの木製サッシが特徴

スウェーデンハウス|こだわりの木製サッシが特徴

出典:スウェーデンハウス

スウェーデンハウスの特徴は、木製サッシ3層ガラス窓です。

木製サッシを使うことで、まるで温泉旅館のような風合いを取り入れられます。

また、木製サッシ3層ガラス窓は、樹脂の約1.4倍、アルミの約1,700倍の断熱性能。

木の調湿性で、結露の発生を抑えます。

「木製サッシだと水分で木が腐らないかな?」と心配になるかもしれません。

心配な場合は、通常の材質の窓も選べます。

セキスイハイム|取り換えが簡単な浴室窓ブラインド

セキスイハイム|取り換えが簡単な浴室窓ブラインド

出典:ハーモネートショッピングクラブ・セキスイハイム住宅部品

セキスイハイムには、通販で住宅部品を販売するハーモネートショッピングクラブというサービスがあります。

浴室に活用できる住宅部品として、取り付けが簡単なブラインドがあります。

浴室ブラインドは、13,915円(税込)で購入可能。

リフォームなしで既存のブラインドの交換を考えるときに、おすすめです。

タカラスタンダード|優秀な断熱窓

タカラスタンダード|優秀な断熱窓

出典:タカラスタンダード

タカラスタンダードでは、高断熱アルミ樹脂複合窓(Low-Eガラス)という断熱性の高い窓を採用できます。

高断熱アルミ樹脂複合窓は断熱仕様の窓であり、窓から熱が逃げるのを防げます。

窓枠やブラインド・面格子を合わせて検討できるので、統一感をもったお風呂場が目指せるでしょう。

YKK AP|有名な窓メーカーとして要チェック

YKK AP|有名な窓メーカーとして要チェック

出典:YKK AP

YKKでは、窓のすべてをリフォームしたり、窓だけを変えたり、自由度の高い施工が可能です。

窓ガラスの交換だけでも寒さが軽減するので、手軽にリフォームしたいときにおすすめ。

システムバスと窓の交換を同時に行う、かんたん マドリモ 浴室リフォームも行っています。

「浴室が古くなってきた…」

こんな悩みがあれば、検討してみても良いでしょう。

TOTO|窓リモデルで寒い浴室を改善

TOTO|窓リモデルで寒い浴室を改善

出典:TOTO

TOTOの断熱窓に使われているのは、Low-Eガラスで外の熱をシャットアウトします。

以下のラインナップから選べる点も魅力的。

  • 横スリットFIX窓
  • 片引き窓
  • FIX窓
  • 引き違い窓
  • たてすべり出し窓

また、TOTOの窓リモデルは窓だけでなく浴室全体をリフォームできます。

窓の場所移動に合わせて浴槽の位置を変えられるので、全体的に浴室をリフレッシュさせたいときにおすすめです。

まとめ:理想的な浴室の窓が毎日のお風呂を楽しくする

まとめ:理想的な浴室の窓が毎日のお風呂を楽しくする

浴室の窓は、浴室の換気役を担えたり、採光性・デザイン性を上げたりとメリットがあります。

一方で、防犯面や断熱性、結露・カビ問題が気になるところです。

気になる部分は自分でDIYを施しある程度カバーするか、窓やサッシだけ取り換えるかんたんなリフォームまたはカバー工法のリフォームで対処します。

理想的な浴室の窓を取り付けて、浴室空間が快適な場所になるよう目指しましょう。

浴室窓のリフォームには、火災保険を使えることがあります。

火災保険を使えるか確認したい方は、申請サポート業者のミエルモに相談してみるとよいでしょう。

ミエルモは年間5,000件という業界No.1の調査実績を持ち、平均給付額は100万円以上を誇る業界最大手の申請サポート業者です。
手数料も他社と比べて控えめで、対応が丁寧だったなどの良い口コミも多数寄せられています。
また、細部にわたるまでチェックできるスキルを持った調査員が在籍しており、ドローンを使用した調査は行いません。
調査と顧客対応を分業しているため、問い合わせから1営業日以内に連絡するというスピード感のある対応が可能です。

「完全成果報酬制」のため調査費用は無料なので、ぜひ以下のボタンをタップして無料診断を受けてみてください。

今すぐ給付金額を確認する

※賃貸・区分・保険未加入は対象外

ミエルモ バナー

コメント

タイトルとURLをコピーしました