火災保険申請サポート業者ランキング6選|選び方や利用手順を解説

【決定版】火災保険申請サポート業者おすすめランキング7選!利用する手順も解説 火災保険を活用

「火災保険のサポートを業者にお願いしたいけど、どこに依頼すればいいかわからない」

「申請サポート業者って本当に必要なの?」

などとお悩みではありませんか。

火災保険の申請は、専門知識がないと被害箇所を正確に把握できないなど、問題が起こりやすいです。

この記事では、おすすめの火災保険申請サポート業者をランキング形式で紹介。

メリットや注意点、選ぶ際のポイントも解説します。

自分に合った業者を見つけ、しっかりと保険金を受け取りましょう。

また、おすすめの火災保険申請サポート業者はミエルモです。

今すぐミエルモの公式サイトで無料調査を依頼すると、家の修理に火災保険を利用できるかどうかがわかります。

完全成果報酬型のため、万が一給付金を受け取れなくても損をすることはありません。

ミエルモは年間5,000件という業界No.1の調査実績を持ち、平均給付額は100万円以上を誇る申請サポート業者です。

手数料も他社と比べて控えめで、対応が丁寧だったなどの良い口コミも多数寄せられているため、安心して利用可能です。

受け取った給付金は自由に使えるので、ぜひ以下のボタンをタップして無料調査を受けてみましょう。

おすすめの火災保険申請サポート業者3選

1.ミエルモ|弁護士と業務協力をしていて安心

2.おうちのドクター|申請サポートと修繕工事を同時に依頼できる

3.火災保険申請.com|5年間トラブルゼロ

  1. おすすめの火災保険申請サポート業者6選
    1. ①ミエルモ|給付金の金額は平均100万円以上
    2. ②リペマ|100万円以上の給付事例も多数
    3. ③お家のドクター.com|最大6,500万円の受給実績あり
    4. ④お家なおーる|無料調査依頼で最大5万円分のギフト券進呈
    5. ⑤ヘルスケアテクノロジー|2,500件の相談実績あり
    6. ⑥シラベル|手数料は業界最低水準
  2. 申請サポート業者とは火災保険申請の専門家
  3. 火災保険申請サポート業者を利用するメリット5選
    1. ①火災保険の申請手続きにかかる手間や時間を省ける
    2. ②自分では気づきにくい損害を専門家が見つけてくれる
    3. ③余った保険金は自由に使える
    4. ④個人で依頼するより申請が通りやすい
    5. ⑤ミエルモなどは完全成果報酬
  4. 火災保険申請サポート業者を利用する際の注意点3選
    1. ①保険金の一部を手数料として支払わなければならない
    2. ②対応エリアが限定されるケースがある
    3. ③悪徳業者も存在する
  5. 火災保険の申請時は復旧義務の確認が必要
  6. 火災保険申請サポート業者を選ぶときの3つのポイント
    1. ①料金形態を確認する
    2. ②実績や口コミを調べる
    3. ③強引に修理を勧めてこないかをチェックする
  7. 火災保険申請サポート業者を利用する手順5ステップ
    1. ①火災保険申請サポートに問い合わせる
    2. ②専門家の現地調査を受ける
    3. ③保険会社に必要書類を提出する
    4. ④保険金を受け取る
    5. ⑤火災保険申請サポート業者に報酬を支払う
  8. 火災保険申請サポート業者に関する質問
  9. まとめ:火災保険申請サポート業者はミエルモがおすすめ!

おすすめの火災保険申請サポート業者6選

おすすめの火災保険申請サポート業者6選

火災保険申請サポート業者のおすすめ6社を下記の表にまとめたので、ご覧ください。

サービス名 手数料 対応エリア 実績(件数) 平均受給額
ミエルモ 給付額の33% 全国(一部地域除く) 年間5,000件以上 100万円以上
リぺマ 給付額の33% 全国(一部地域除く) 非公開 非公開
お家のドクター.com 35% 全国(一部地域除く) 非公開 100万円以上
お家なおーる 全国(一部地域除く) 非公開 非公開
ヘルスケアテクノロジー 建物診断時に説明 関東圏 2,500件以上 80~100万円
シラベル 30% 東京、神奈川、千葉、埼玉、群馬、栃木、茨城 4,000件以上 不明

それぞれの特徴を解説します。

①ミエルモ|給付金の金額は平均100万円以上

①ミエルモ|給付金の金額は平均100万円以上

引用:ミエルモ公式

サービス名 ミエルモ
手数料 給付額の33%
対応エリア 全国(一部地域除く)
実績(件数) 年間5,000件以上
平均受給額 100万円以上

ミエルモは年間5,000件以上の調査実績を持ち、Googleの口コミも4.2以上と高評価を得ているサポート業者です。

手数料は業界の中でも低水準で、完全成果報酬のため、万一給付金を受け取れなくても損をしない仕組みとなっています。

調査と顧客対応を分業することで、素早い対応を実現している点も特徴です。

相談からすぐに調査してくれるため、スピーディーな申請ができるでしょう。

ぜひ下記より今すぐ無料調査を申し込んでみてください。

今すぐ給付金額を確認する

※賃貸・区分・保険未加入は対象外

ミエルモ バナー

②リペマ|100万円以上の給付事例も多数

②リペマ|100万円以上の給付事例も多数

引用:リペマ公式

サービス名 リペマ
手数料 給付額の33%
対応エリア 全国(一部地域除く)
実績(件数) 非公開
平均受給額 非公開

リペマは給付金100万円以上の事例も多数手がけているサポート業者です。

複数の事業者を一括比較して提案してくれるため、最適な業者を選択しやすいでしょう。

リペマならどの業者を利用しても、紹介時の手数料は33%です。

業者によって手数料比率が変わらないため、安心して依頼できます。

さらに、完全成果報酬のため、同じ給付金を受け取るのであれば、早めの契約がお得です。

リペマでは事業者の一括比較や、顧問弁護士による法令指導などのサポートを受けられます。

複数の業者と比較して火災保険を申請したい人は、今すぐリペマに無料相談を申し込みをしてみてください。

③お家のドクター.com|最大6,500万円の受給実績あり

③お家のドクター.com|最大6,500万円の受給実績あり

引用:お家のドクター.com公式

サービス名 お家のドクター.com
手数料 35%
対応エリア 全国(一部地域除く)
実績(件数) 不明
平均受給額 100万円以上

お家のドクター.comは、全国での無料調査に対応し、平均100万円以上の給付金実績があるサポート業者です。

調査員は専門知識を有しているだけでなく経験も豊富で、わずかな被害箇所も見逃さずチェックしてくれます。

また、全国どこであっても1~2週間以内に調査員が向かうので、給付金を受け取れるまでの手続きもスムーズです。

サービスの丁寧さに定評のあるお家のドクター.comに興味のある人は、ぜひ無料調査を依頼してみてください。

④お家なおーる|無料調査依頼で最大5万円分のギフト券進呈

④お家なおーる|無料調査依頼で最大5万円分のギフト券進呈

引用:お家なおーる公式

サービス名 お家なおーる
手数料 非公開
対応エリア 全国(一部地域除く)
実績(件数) 非公開
平均受給額 非公開

お家なおーるは、火災保険の給付を受けた段階から工事の契約を締結する点が特徴の業者です。

全国各地でのリフォームに対応しており、近くの工務店を他社より安く紹介してくれるでしょう。

公式サイトから無料調査の依頼をすると、最大5万円分のAmazonギフト券を受け取れるキャンペーンを実施。

火災保険の申請からリフォーム業者の手配まで一気通貫でサポートしてくれます。

興味のある人は、ぜひ下記より無料調査を依頼してみてください。

⑤ヘルスケアテクノロジー|2,500件の相談実績あり

⑤ヘルスケアテクノロジー|2,500件の相談実績あり

引用:ヘルスケアテクノロジー公式

サービス名 ヘルスケアテクノロジー
手数料 建物診断時に説明
対応エリア 関東圏
実績(件数) 2,500件以上
平均受給額 80~100万円

ヘルスケアテクノロジーは、相談者の94%以上が給付金を受け取れた実績を持つサポート業者です。

無料で調査依頼することができ、専門家が屋根や基礎などを詳しく調査して診断・調査報告書を作成します。

手数料は完全成果報酬となっており、割合は診断時に説明されますが、保険金を受領できた場合のみ支払う仕組みです。

全国の相談に対応しているので、興味のある人はぜひ無料相談を申し込んでみましょう。

⑥シラベル|手数料は業界最低水準

⑥シラベル|手数料は業界最低水準

引用:シラベル公式

サービス名 シラベル
手数料 30%
対応エリア 東京、神奈川、千葉、埼玉、群馬、栃木、茨城
実績(件数) 4,000件以上
平均受給額 非公開

シラベルは築10年以上の建物について、90%以上の給付率を誇るサポート業者です。

完全成果報酬で、30%の手数料は業界で最低水準と言えます。

また、弁護士の業務協力を受けており、法令チェックも徹底しているため安心して依頼できる環境が整っている点も特徴です。

契約などの問い合わせも、弁護士が法の観点から誠実に回答してくれます。

手数料を抑えたい人は、ぜひ下記より無料相談を申し込んでみてください。

申請サポート業者とは火災保険申請の専門家

申請サポート業者とは火災保険申請の専門家

申請サポート業者とは、火災保険の申請をプロの観点でサポートしてくれる業者です。

火災保険の申請は本来、申請者が自分で行わなければなりません。

そのため、申請サポート業者が書類の取り寄せや記入を代行することは違法です。

一方で、火災保険の給付金をどれくらいもらえるか現地調査を行うなど、申請に必要な情報を集めるサポートは可能です。

申請サポート業者は火災保険の申請に関わる専門知識を有しており、相談者がより多くの給付金を受け取れる可能性を上げてくれます。

火災保険申請サポート業者を利用するメリット5選

火災保険申請サポート業者を利用するメリット5選

火災保険申請サポート業者を利用するメリットは、以下の通りです。

  • 火災保険の申請手続きにかかる手間や時間を省ける
  • 自分では気づきにくい損害を見つけてくれる
  • 余った保険金は自由に使える
  • 個人で依頼するより申請が通りやすい
  • ミエルモなどは完全成果報酬

上記のメリットを理解していると、火災保険申請サポート業者をより効果的に利用できます。

①火災保険の申請手続きにかかる手間や時間を省ける

火災保険の申請には「見積書」をはじめ、「損害箇所の調査報告書」や「損害箇所の詳細な写真」など多くの書類が必要です。

記載すべき書類も複雑なものが多く、自分で申請する場合は書類の漏れや不備に細心の注意を払わなくてはなりません。

書類の漏れや不備により、受け取るべき保険金を満額受け取れないケースもあります。

火災保険の申請サポート業者を利用すれば、必要書類を揃えるのにかかる手間や時間を省くことが可能です。

自分で作成すべき書類も、申請サポート業者が丁寧に案内してくれるため、申請に手こずることはないでしょう。

②自分では気づきにくい損害を専門家が見つけてくれる

火災保険申請サポート業者による調査は、専門家が行います。

自分では被害を受けた自覚がない箇所でも、専門家に確認してもらうことで、火災保険の申請対象になることがあります。

結果として、保険金の申請漏れを防ぐことができ、思っていたよりも多くの保険金を受け取れる可能性が高いです。

③余った保険金は自由に使える

③余った保険金は自由に使える

住宅の修理に使ったあとの余った給付金の使い道は自由です。

火災保険を申請すると臨時収入が得られるかもしれないため、申請サポート業者を利用して給付額を増やすメリットは大きいでしょう。

ただし、現在では住宅の復旧義務が課されており、保険金の全額を自由に使えるわけではありません。

損害が発生した日から2年以内に修繕されない場合、給付の対象外となります。

④個人で依頼するより申請が通りやすい

火災保険のプロの助言をもらうことで、個人で申請するよりも保険金を受け取りやすくなるでしょう。

火災保険の申請は具体的な被害状況を確認、記録したうえで保険会社へ申請します。

しかし、一般の人では十分に書類を作り込めず、申請が通らない可能性があります。

一方で、申請サポート業者なら的確な申請をサポートしてくれるため、申請が通りやすいでしょう。

業者に申請サポートを依頼すると、すべての手続きを自分で行うより負担も減る点もメリットにあげられます。

⑤ミエルモなどは完全成果報酬

火災保険申請サポート業者のなかでも、ミエルモやリペマなどは、給付金の額にもとづいた手数料を支払う完全成果報酬型です。

完全成果報酬型なら、保険金を受け取れなければ料金が発生しない点が安心できます。

また、業者も給付金が多ければ多いほど受け取れる報酬が増えるため、サポートをより手厚く行うインセンティブがあります。

そのため、火災保険申請サポート業者は完全成果報酬のところを選ぶのがおすすめです。

火災保険申請サポート業者を利用する際の注意点3選

火災保険申請サポート業者を利用する際の注意点3選

火災保険申請サポート業者を利用する際の注意点は、以下の3つです。

  • 保険金の一部を手数料として支払わなければならない
  • 対応エリアが限定されるケースがある
  • 悪徳業者も存在する

上記の点に注意すると、思わぬトラブルが発生するリスクを減らせます。それぞれ詳しく解説します。

①保険金の一部を手数料として支払わなければならない

申請サポート業者のサービスを受けた際には、対価として保険金の一部を支払う必要があります。

料金体系は給付金の額に比例する完全成果報酬や、あらかじめ決まった額を支払うパターンがあるので、確認しておきましょう。

料金体系や金額をチェックしておくと、想定以上の手数料が発生するリスクを減らせます。

業者選びの際は料金をしっかり把握しておきましょう。

②対応エリアが限定されるケースがある

各サポート業者は対応エリアが決まっています。

中には全国対応している業者もありますが、関東圏のみなど限定されたエリアしか対応していない場合も存在します。

料金やサポート内容などが自分にあっていると思っても、対応エリア外ではサポートを受けられません。

業者を選ぶ際は、対応エリアを確認し、自分の住んでいる地域が該当しているか確認しましょう。

③悪徳業者も存在する

③悪徳業者も存在する

業者の中には相談者に高額な手数料を要求し、不当に利益を得る悪徳業者もいます。

火災保険は頻繁に利用するものではないため、悪徳業者は利用者の知識が浅いことにつけこもうとします。

手数料だけでなく、保険金を得るために被害箇所を捏造したり、わざと壊して虚偽の内容で申請を勧めてくるケースもあるでしょう。

虚偽の申告はもちろん無効であり、詐欺罪に問われる可能性もあります。

事前に料金だけでなく、評判・口コミも確認しておくと悪徳業者に引っかかるリスクを減らせるでしょう。

火災保険の申請時は復旧義務の確認が必要

火災保険の申請時は復旧義務の確認が必要

火災保険では、2022年10月以降の新規契約の場合、新たに復旧義務が課されています。

復旧義務とは、事故が発生した日から2年以内に修繕を行わなければ保険金を受け取れなくなる制度です。

多くの保険会社は復旧義務を設けており、条件を確認しないと保険金を受け取れない可能性があります。

例外として、保険会社の承認があれば修繕前でも保険金を受取可能です。

しかし、この場合も2年以内の修繕をしなければ返還を要求されるので、注意しましょう。

火災保険申請サポート業者を選ぶときの3つのポイント

火災保険申請サポート業者を選ぶときの3つのポイント

火災保険申請サポート業者を選ぶ際のポイントは以下の3つです。

  • 料金形態を確認する
  • 実績や口コミを調べる
  • 強引に修理を勧めてこないかをチェックする

上記のポイントを意識すると、給付金を増やしてくれる業者を選びやすくなります。

それぞれ詳しく解説します。

①料金形態を確認する

火災保険の申請サポートを受ける際は、業者の料金形態を確認しましょう。

おすすめは完全成果報酬型の業者です。

料金があらかじめ決まっていると、審査に通らず給付金を受け取れなかった場合も手数料が発生します。

しかし、完全成果報酬なら給付金が受け取れなかった場合に手数料がかかりません。

余計な出費がかかる心配がないため、完全成果報酬型の業者に申し込んでみましょう。

②実績や口コミを調べる

サポート業者は公式サイトでこれまでに何件の相談を受けたかや、相談者が給付金をどれくらい受け取れたか公開しています。

また、各口コミサイトでは業者に相談した人からの評判を確認可能です。

公式サイトで確認できる実績は安心材料の1つですが、相談者からの評判が悪い場合、トラブルが予想されます。

こちらの問い合わせにすぐ回答をもらえなかったり、担当者の対応が悪かったりするかもしれません。

相談前に実績や口コミを確認しておきましょう。

③強引に修理を勧めてこないかをチェックする

③強引に修理を勧めてこないかをチェックする

業者が自分たちの利益を目的に、修理を強引に勧めてくるケースもあります。

訪問営業や相談時の勧誘で、本来必要ない修理を火災保険で申請すると、思わぬトラブルが発生するかもしれません。

見積内容が明確で、あいまいな表記がないかも確認しましょう。

また、保険金を受け取るために、虚偽の申告を勧めてこないかも要チェックです。

火災保険申請サポート業者を利用する手順5ステップ

火災保険申請サポート業者を利用する手順5ステップ火災保険申請サポート業者を利用してみたいけど、どのようにしたらよいか分からないという人もいらっしゃることでしょう。

ここでは、申請サポート業者を利用する際の流れを以下の5つのステップに分けて解説します。

  • 火災保険申請サポートに問い合わせる
  • 専門家の現地調査を受ける
  • 保険会社に必要書類を提出する
  • 保険金を受け取る
  • 火災保険申請サポート業者に報酬を支払う

順に見ていきましょう。

①火災保険申請サポートに問い合わせる

火災保険の申請サポート業者を利用するためには、電話やメールで火災保険の申請サポート業者に問い合わせを行います。

後日、「調査対象の物件かどうか」のヒアリングの連絡と、調査担当スタッフから日程調整の連絡が入るので、適切に答えていきましょう。

業者によっては、公式HPより無料診断を受ける形で利用の申し込みができることもあります。

②専門家の現地調査を受ける

日程を合わせたら、専門家の現地調査が行われます。

かかる時間は業者や建物によって前後しますが、約1時間です。

現地調査の結果を記載した書類が送られてくるまでの期間も、業者よってさまざまです。

一般的には、約1週間以内に「修理費用の見積書」と「被害箇所の写真」などが送られてきます。

③保険会社に必要書類を提出する

③保険会社に必要書類を提出する火災保険申請サポート業者から必要書類が送られてきたら、保険会社に提出します。

この際、保険会社から送られてきた申請書類も一緒に提出しましょう。

通常であれば後は、審査結果の決定通知書を待つだけです。

しかし、保険金額が大きい場合などには、保険会社の鑑定人による「立ち会い調査」が入る場合もあります。

その場合は、審査結果の決定通知書が遅れる可能性があるため、注意が必要です。

④保険金を受け取る

保険会社から決定通知書が届いたら、あとは保険金が振り込まれるのを待ちましょう。

一般的には決定通知書が届いてから、1週間以内に保険金が振り込まれます。

申請サポート業者によっては、保険会社からの決定通知書の提示を求められることがあります。

決定通知書は申請サポート業者とのやり取りを終えるまで、捨てずに取っておきましょう。

⑤火災保険申請サポート業者に報酬を支払う

保険金が支払われたら、火災保険申請サポート業者に報酬を支払います。

修繕工事を依頼できる火災保険申請サポート業者の場合、修繕工事の請負契約書が送付されるので、納得できる内容であるかどうか良く見極めましょう。

納得できる内容の場合は、契約を進めていきます。

火災保険申請サポート業者に関する質問

火災保険申請サポート業者に関する質問


火災保険申請サポートは違法ではないの?

違法ではありません。あくまで申請を行なうのは本人であるためです。なお、申請代行は委任手続きや弁護士に依頼した場合のみ可能です。


火災以外の災害でも申請できるの?

できます。火災以外の自然災害、盗難などによる人災でも申請可能です。どのケースでも建物や家財に生じた被害が対象となっています。


まとめ:火災保険申請サポート業者はミエルモがおすすめ!

まとめ:火災保険申請サポート業者はミエルモがおすすめ!火災保険申請サポート業者の数は多く、手数料やエリア、サービス内容などに違いがあります。

どれを選んだら良いか分からないと悩んでしまう人も多いことでしょう。

今すぐミエルモの公式サイトで無料調査を依頼すると、火災保険を利用できるかどうかがわかります。

報酬形態は完全成果報酬型となるため、万が一給付金を受け取れなくても損はしません。

ミエルモは年間5,000件という業界No.1の調査実績を持ち、平均給付額は100万円以上を誇る業界最大手の申請サポート業者です。

調査と顧客対応を分業することで、素早い対応を実現しています。

手数料も他社と比べて控えめで、対応が丁寧だったなどの良い口コミも多数寄せられているため、安心して利用可能です。

受け取った給付金は自由に使えるので、ぜひ以下のボタンをタップして無料調査を受けてみましょう。

今すぐ給付金額を確認する

※賃貸・区分・保険未加入は対象外

ミエルモ バナー

監修者情報

松岡諭司

松岡諭司

保有資格

宅地建物取引士/公認 不動産コンサルティングマスター

家業の不動産屋にて大規模不動産仲介に従事。その後、売上5,000億円規模の一部上場企業にて、25年以上不動産関連業務に携わり続けてきた。リフォームにも詳しい専門家。

コメント

タイトルとURLをコピーしました